暮らすように旅したい ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。特にヨーロッパと瀬戸内が好き。

イタリア・フィレンツェ

ヨーロッパ旅「キリスト教の文化に寄り添って②」

キリスト教を感じずにはいられない ariruariru.hatenablog.com ヨーロッパを旅すると、 キリスト教を感じる場面に出会うことが多い。 ヨーロッパの文化とキリスト教は 切っても切れない関係だ。 特に教会は、キリスト教徒の祈りの場だけど、 キリスト教徒以…

ヨーロッパ旅「黄昏時に物思う」

ヨーロッパの旅へ出ると 世界各国、きっとどこでも黄昏時は美しいだろう。 日本でも、私の住む街でもきっとそうだ。 でも日常では、黄昏時をゆったりと過ごすことはできない。 私が黄昏時をゆっくりと堪能できるのは、 旅へ出た時だけだ。 とりわけ大好きな…

イタリア旅「旅しても、旅しても」

2015年8月 やっぱりイタリアが大好き 何気ない街並みに心躍るイタリア。 なぜそんなに好きなのかと問われても、 上手く説明できない。 フィレンツェの街にあるなんてことないお店。 旅の始まりの日は、 必ずこういう店の写真を撮ってしまう。 しばらく経つと…

イタリア旅「ウフィッツィで宝探し」<フィレンツェ>

2015年8月 ウフィッツィなくしてフィレンツェは語れない 16世紀。ヴァザーリが創建したウフィッツィ。 当初は行政機関を一か所に集める目的でつくられた。 その後、メディチ家所有の美術作品が納められるようになり、 今日のウフィッツィ美術館となる。 今…

イタリア旅「心静かに サン・マルコ美術館」<フィレンツェ>

2015年8月 フィレンツェに「ただいま」 2泊3日のエミリアロマーニャの旅を終え、 フィレンツェに帰ってきた。 前と同じホテルにチェックイン。 同じ部屋を用意してくれていた。 勝手知ったる部屋でリラックス。 ホテルは駅近の「サンタマリアノヴェッラ」 …

イタリア旅「美食が旅の目的になる」<フィレンツェ>

2015年8月 フィレンツェの美味しいもの イタリアの旅の目的の一つは 「おいしいものを食べること」だ。 シンプルだけど旅には欠かせない要素。 イタリアは何度も来ているけど イタリアでまずいものを食べる方が 難しいと思うほど、食の偏差値は高いと思う。 …

イタリア旅「夕景に魅せられて」<フィレンツェ>

2015年8月 ホテルでシエスタ 夏のイタリアは昼間の気温が高い。 特に内陸のフィレンツェでは、 日中の気温が35度を超える日も多く、 昔からのシエスタの習慣に納得する気候だ。 私たちも極力街歩きは午前中を中心にして、 午後はゆっくり。 時間がある時はホ…

イタリア旅「自分の足で歩きたくなる街」<フィレンツェ>

2015年8月 フィレンツェを歩こう! ドゥオーモにジョットの鐘楼。 近づくと想像以上に大きい。 少し恐いくらいに。 ジョットの鐘楼から降りると、足はガクガク。 500段近い階段の上り下りは運動不足の体にはこたえた。 でも最高の眺めを堪能したあと。歩きた…

イタリア旅「これが最高の眺め!」<フィレンツェ>

2015年8月 朝は素晴らしい眺めから 前の晩にフィレンツェに到着。 昨夜はぐっすり眠ることができた。 広場に面した部屋だけど、とても静かだった。 寝る前から楽しみにしていた窓からの眺め。 目が覚めたらまず窓を開ける。 到着の翌朝、窓を開けると爽やか…

イタリア旅「出発!ホテル選びは慎重に」

2015年8月 大好きなイタリアへ いよいよ イタリア旅行へ出発! まずは旅の拠点となるフィレンツェへ向かう。 直行便がないので、まずはパリのシャルル・ド・ゴール空港へ。 エールフランス航空で蒸し暑い日本を脱出。 まずはパリまでの約12時間半の空の旅…

ヨーロッパを俯瞰する「上へ上へ」

街歩きには欠かせない「上へ上へ」 旅で訪れた街。 自分が暮らしている街のように、 よく知りたいと思う。 それには歩くのが一番! でも、欠かせないのは、 街を上から俯瞰して見ること。 どんな街にも、その街を上から眺められる 展望台や塔などがあるもの…

旅の不思議「シエスタの習慣」<地中海の気候>

シエスタの習慣 シエスタとは、特徴的な南ヨーロッパの文化の一つで、 午後にとる休息のことである。 国や地域によっても異なるが、 だいたい午後2時くらいから昼食をとり、 そのあと午後4時くらいまで休息をとる。 南ヨーロッパでは夏の日中はとても暑くな…