「暮らすように旅したい!」 ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。たまに社会派。旅中毒、特にヨーロッパ中毒です。

フランス旅「夜のモン・サン・ミシェルに誘われて」

 

2013年8月

 

モン・サン・ミシェルに惹かれる理由 

https://www.instagram.com/p/Bh83Ob7nAhf/

圧倒的な存在感に思わずのけぞる。

時代とともに形を変えてきたというけれど、

今が完成形なんだろうか。

 

パリのモンパルナス駅から電車でレンヌへ。

TGVの快適な2時間の電車旅。

さらにレンヌからバスで1時間20分。

 

パリからモン・サン・ミシェルを訪れるには、

かなりの時間の余裕がないといけない。

それでも訪れたいのがモン・サン・ミシェル

世界中から観光客が訪れる。

特に日本人観光客がよく訪れる場所だ。

 

私が訪れた2013年8月は、

モン・サン・ミシェル

その姿を大きく変えようとしている最中だった。

 

そもそもモン・サン・ミシェルとは、

中世に修道院が築かれて以来、

巡礼の地として栄えてきた場所。

干潮時には陸続きとなり、

満潮時には陸から切り離され島となる。

その独特な景観は、キリスト教徒でなくとも

一度は見てみたいと思わせる。

 

そんなモン・サン・ミシェル

世界中から人を呼ぶ場所になったわけだが、

その歴史の中で堤防道路がつくられ、

厳密には島ではなくなってしまっていた。

人間の建造物が潮の流れを変えてしまい、

かつてのモン・サン・ミシェルが持つ景観とは

かけ離れた状態になってしまっていたのだ。

そこで大掛かりなプロジェクトが始まった。

堤防道路を取り壊して新しく橋を架け、

もともとの潮の流れを蘇らせるというもの。

 

私が訪れた2013年8月は

ちょうどそのプロジェクトの仕上げの段階だった。 

https://www.instagram.com/p/Bi8b1EDHbxV/

モン・サン・ミシェルを訪れたとき、

そこは大きく形を変えようとしていた。

本来の潮の流れを取り戻すため。

また来よう。

 

レンヌからのバスが到着するのは、

モン・サン・ミシェルから2.5㎞離れた対岸だ。

ここからは無料のシャトルバスに乗る。 

https://www.instagram.com/p/Bh6Qkm8nfFZ/

モン・サン・ミシェルに近づく。

どんどん大きくなる。目がはなせない。

瞬きすら惜しい。

 シャトルバスからは、

どんどん大きくなるモン・サン・ミシェルが。

目の前に見える信じられない光景に

世界中からやってきた人たちの

感嘆の声とカメラのシャッター音。

ただただ圧倒される。

 

モン・サン・ミシェルの夜

 

https://www.instagram.com/p/Bh82Cv3nxiL/

建物の2階からグランドリュを覗く。

人で溢れる参道。世界中の人が集う。

 

モン・サン・ミシェルには

日帰りで訪れる観光客が多い。

パリからはなかなかの遠さだが、

弾丸なら日帰りできるし、

そんなツアーがたくさんでている。

でもそれでは

モンサンミシェルの夜を体験できない。

島内は狭いし、宿泊施設も限られるけど、

絶対に1泊する価値があると思う。

日帰りの観光客がいなくなる朝晩。

それがモン・サン・ミシェルの一番素敵な時間。

日が暮れかけるころ、夜の拝観へ向かう。 

https://www.instagram.com/p/BfxUbrAHj2_/

モン・サン・ミシェルが闇に包まれる前に、

空の色の移り変わりを見ておかなければ。

瞬きをするのも惜しくて。 

https://www.instagram.com/p/Bfsznlhnuzq/

モン・サン・ミシェルで迎える夜。

音を立てて海が近づいてくる。

空の美しさと比例して暗闇がひたひたと押し寄せる 

美しいだけではない、夜のモン・サン・ミシェル

巡礼地を中心に渦を巻くように潮が満ちてくる。

逃げ場がなくなったような切迫感。

https://www.instagram.com/p/Bh9APyYn9y7/

潮が音を立てて満ちてくる。

窓の向こうの空の色。

人の力と自然の力が交錯する。 

https://www.instagram.com/p/Bi8kU6Qn7JP/

夜のモン・サン・ミシェル。

幻想的な空気にチェロの調べが響く。

https://www.instagram.com/p/BgQv1xplj3m/

西のテラスへ出たら、

目の前に青い世界が広がっていた。

強風に吹かれて夏なのに寒さに震える。

地鳴りのような音とともに、

海水が押し寄せてきた。

 

 夏の日没後にしか見ることのできない光景。

ライティングと音楽の演奏に彩られた、

神秘的でどこか畏れ多い雰囲気の

モン・サン・ミシェル

わざわざ訪れるのなら、

この魅力を知らないのはもったいない。

 もう一度訪れるときも、また一泊したい。

 

ariruariru.hatenablog.com

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村