「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フィンランド&クロアチア旅「なぜ?フィンランドのヘルシンキ経由でクロアチアのドゥブロヴニクへ」

2014年8月

 

目次

  

クロアチアへ!でもその前に

ドゥブロヴニクへ行こうと突然思いたって

旅の計画を立てたこの夏。

選んだ航空会社はフィンランド航空。

ヨーロッパに10時間で行ける手軽さ!

f:id:ariruariru:20180602220016j:plain

 ドゥブロヴニクには日本からの直行便はないので、

どこかで乗り換えなければならない。

ならばフィンランドヘルシンキで。

 

飛行機のタイムテーブルを見てみると、

ヘルシンキへ到着したあと、

その日のうちにドゥブロヴニクへ出発できる便はない。

これは私にとって好都合!

 

なぜなら、ヘルシンキで1泊して

簡単にヘルシンキ観光をしようという算段だから。

フィンランド航空なら

日の高いうちに現地に到着することができる。

ヨーロッパへの旅だと一日目はほぼ移動だけで

終わってしまうが、これなら一日得した気分だ。 

 

まずはフィンランドヘルシンキ

 いつものヨーロッパ旅に比べると、

あっという間に到着した気がする。

弾丸ヘルシンキ観光がスタート。

翌日のことを考えて、

ヘルシンキ空港の中にあるホテルを予約した。

なかなか快適。

バスで中心部へ向かう。

https://www.instagram.com/p/BjhimBrFMMt/

ヘルシンキの空港。バスで中心地へ。

雲ひとつない空。暑い北欧の夏。

 

ヘルシンキの街並みは、いかにも北欧らしく

整っていながらもどこか温かみがある。

https://www.instagram.com/p/BjhjD_LFbHy/

何も説明のいらない存在感。眩しくて目を細める。

https://www.instagram.com/p/BftBqPGHyCz/

街を駆け抜ける。なんとも言えないフォルム。

色の組み合わせも完璧。

完成された街に「参りました」の一言。

 

充分に観光を楽しめる時間が確保できた。

ヘルシンキにようやく陽が沈む。 

https://www.instagram.com/p/Bfuj6b2HHSM/

ヘルシンキに沈む夕日。眩しくて目を開けられない。

太陽ってすごいな。あたり前のことを再確認。

夏のフィンランドにやっと夜が来る。

 

翌日はいよいよクロアチア

 空港内のホテルに泊まったので、

翌日の午前中のフライトも楽々だ。

 

ドゥブロブニク旧市街の細い路地をさまよい、

リゾートの空気に触れた旅。

心の満足度の高い旅になった。

https://www.instagram.com/p/BjhYAwQlODF/

城壁の上を歩く。

旧市街に見とれていたけど、

ふりかえると吸い込まれそうな海の色。

熱風が吹き込む旧市街。

https://www.instagram.com/p/BfxVTr1n3Ui/

路地の魅力。なぜかワクワクする。

夏の日差しをさえぎって、風を運んできてくれる。

行かずにはいられない。 

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

港町には必ず!

そして、ドゥブロブニクでは猫にも癒された。

港の街は猫が多い。

https://www.instagram.com/p/Be2cFhen0-2/

城壁の街を上から眺めたくて

人が誰もいない階段を上がったら、

お邪魔してしまったみたい。

ここが観光地だとか世界遺産だとか、

そんなの関係ないもんねって顔してる。

https://www.instagram.com/p/BgYyfxElp-M/

街を見ている猫の目線。

穏やかな夕陽が近づいてくる。

やわらかい空気に包まれた。海風が気持ちいい。 

https://www.instagram.com/p/Bjg06TmFmXr/

街歩きの途中、路地に迷いこんだ。

表通りとは違って静かな時間が流れている。

しばらくここに居たいような気がした。

 

 ドゥブロヴニクの猫はのんびりしていて、

どこか世の中を達観しているかのような表情。

そんな猫たちに何かを諭されるような気持になる。

これもドゥブロヴニクの魅力の一つかもしれない。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村