暮らすように旅したい ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。特にヨーロッパと瀬戸内が好き。

イタリア旅「夕景に魅せられて」<フィレンツェ>

 

2015年8月

 

 ホテルでシエスタ

 

 夏のイタリアは昼間の気温が高い。

特に内陸のフィレンツェでは、

日中の気温が35度を超える日も多く、

昔からのシエスタの習慣に納得する気候だ。

私たちも極力街歩きは午前中を中心にして、

午後はゆっくり。

時間がある時はホテルに戻ってお昼寝する。

 

ariruariru.hatenablog.com

 

今日も昼食後に一度ホテルに戻った。

より一層、ホテルの立地が大切になってくる。

 

ホテルはサンタ・マリア・ノヴェッラ広場に面する、

その名もホテル「サンタ・マリア・ノヴェッラ」だ。

まさに中心地のホテルだが広場に面しているので

開放感があるし、窓からの眺めも抜群。

   

https://www.instagram.com/p/Bhy8y22nd-h/

イタリアのホテルはいつも迷路みたい。

古い建物を使っているから、

途中で階がずれたり段差ができたり。

でも3日も経てば自分の家のように馴染んでくる。

 

ariruariru.hatenablog.com

 

ホテルの雰囲気も古都フィレンツェにぴったりで設えも良い。

朝食ルームも立派で朝食の内容も大満足。

  

https://www.instagram.com/p/Bhy96fWHbKk/

朝食は必ず食べ過ぎる。でもやめられない。

フィレンツェの朝もゆっくりたっぷり。

街歩きの準備。

 

立地が良いので歩いて観光に行けるし、

ちょっと休憩なんてことができる。

今日もポンテ・ヴェッキオ方面から歩いて帰ってきた。

ドゥオーモから5分、

ポンテ・ヴェッキオから10分少々だ。

駅前なのでスーパーやレストランなども困らない。

旅の行程で電車を利用するので、

駅の近さもまたうれしい。

フィレンツェは街の中心部に自動車は入れない。

規制されている。

私が最初にフィレンツェを訪れた十数年前は、

ドゥオーモのすぐ脇をバスが走っていたが、

その後観光客が増え、景観を守る取り組みもあって

中心地への車両の乗り入れはできなくなっている。

だからこそ、ホテルの立地は重要なのだった。

選んでよかった!

 

 

夕景に魅せられて

 

フィレンツェに沈む夕日は格別だ。

ホテルでしっかり休息をとった後、 

夕景を見に出かけることにした。

 

 ホテルを出ると目の前のサンタ・マリア・ノヴェッラ教会も

美しい色合いに包まれている。 

 

f:id:ariruariru:20180408115742j:plain

 駅前からバスに乗って、ミケランジェロ広場へ向かう。

ミケランジェロ広場はフィレンツェの南側の

丘の上にある広場で、フィレンツェの歴史的な景観が

美しく見れる展望台だ。

バスで20分ほどなのだが、バスの中も混んでいるし、

道も混んでいるしでなかなかたどり着かなかった。

山道をうねうねとのぼり、もう車酔いしそう

……と思ったころ、ようやく視界が開けた広場に到着。

 

f:id:ariruariru:20180408120846j:plain

美しいフィレンツェの全貌が!

この眺めを求めて人がいっぱい!

  

https://www.instagram.com/p/Bhyy56pH099/

ミケランジェロ広場の階段は、

さながら野外劇場の座席。

これから始まる

美しく儚いトワイライトの時間を楽しむため。

 

階段なんだけど、

もはやスタジアムの座席のようになって

しまっている。

今から始まる夕暮れのショーを見に集まってきた人たち。

私たちもだけど。

  

https://www.instagram.com/p/Bf5uatqn3kB/

バスに乗ってミケランジェロ広場へ。

夕暮れの色って、世界中の人を魅了するみたい。

広場は人で溢れていた。

暗くなってからゆっくり歩いて帰ろう。

 

ピンク色に染まるフィレンツェ

オレンジのグラデーションが続いていた屋根も

すっかり色を変えて。

 

https://www.instagram.com/p/BgIO5hNlcGH/

ミケランジェロ広場で夕陽を見送る人々。

観光地が混雑するのはうれしくないけど、

素敵な時間を多くの人と共有できたら単純に幸せ。

 

  

日が暮れていく様は世界中どこで見ても

きっと魅力的だと思うけど、

でもやっぱりフィレンツェの夕景は格別だと思う。

  

https://www.instagram.com/p/BgGxNAHlIaJ/

ミケランジェロ広場で夕陽を見送ったあと、

歩いて帰る。

どんどん暗くなって街が黄色の照明に染まる。

今日が終わっていく。

 

 

街の鮮やかな色が深い色に消えると、

その後はライトアップの色に変わる。

昼と夜の境目がこれまた美しい。

帰りはバスを使わずに、ゆっくり歩いて丘を降りる。

景色を眺めながら、気持ちの良い散歩だ。

昼間はかなり暑くなったが、

日が沈むと急激に気温は下がってくる。

日本の夏にはない、爽やかな夜がやってきた。

 

美しい夕景と、気持ちのよい散歩で気持ちが

満たされたところで、そろそろお腹が空いてくる。

さて、どこで夕食をとろうか。

街へもどる。

 

ariruariru.hatenablog.com

 

ariruariru.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村