暮らすように旅したい ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。特にヨーロッパと瀬戸内が好き。

沖縄旅「宮古島の虜になる」

 

2018年8月

 

特に理由はなし。宮古島

 

沖縄本島には何度も行ったことはあるけど、

今年の夏はなぜか宮古島へ行きたくなった。

いつも通り、「なぜ?」と聞かれても答えられない。

「呼ばれている気がしたから」である。

 

そしてやっぱり、

宮古島のことを何にも知らないのだった。

だいたい先に目的地が決まって、

そこから旅の計画を立てている間に

その土地に詳しくなっていく。

そして旅に行く前からその土地が好きになる。

行ってみてもっと好きになる。

私の旅はいつもそんな感じだ。

 

 

宮古ブルー」って何?

 

宮古島の海の色を「宮古ブルー」と呼ぶらしい。

行く前は「そんな大げさな……」と実は思っていた。

 

しかしそれは、美しいとかキレイとか、

言葉では言い表せない色。

宮古ブルー」としか言いようがない!

 

https://www.instagram.com/p/BmVpNRWgnYA/

宮古島へ。飛行機からの眺めに釘付け。

もう旅は完全に始まっている。

 

 

飛行機の窓から飛び込んできたこの色。

実は乗り物が苦手で、

飛行機が降りていく時は気持ち悪くなるので、

窓からの眺めを楽しんだりはしないのだが、

もう目が釘付けだった。

 

 

風土に惚れこむ

 

宮古島の風土はとても魅力的だ。

庶民的でのんびりしている人々。

車で走っていると前の車の様子がおかしい。

左右にゆらゆら、時速も20キロ?

どうしたのかな……車の故障?

そう思ったのも初日だけ。

この島ではそれはスタンダードだった。

 

宮古の人たちは

ちょっとシャイな感じで、

押しが強くない印象。

 

食べ物もそんな感じだ。

沖縄本島とはちょっと違う風合い。

鰹のダシがガツンとくるお料理。

ダシの味が濃いので

その他の調味料はあんまり使わない。

あっさりしていて非常にシンプル。

 

f:id:ariruariru:20180813000641j:plain

宮古そば。海からあがった後に食べる宮古そばほど美味しいものはない!

 

 

海の中は人間の知らない世界

 

宮古ではその日の天候に合わせて

シュノーケリングを楽しんだ。

岸からすぐにサンゴ礁

そして魚たちの世界が待っている。

人間の知らない世界にお邪魔する感覚。

海から上がる時は

「失礼します」という気持ちになった。

 

https://www.instagram.com/p/BmV1DcLgrnU/

水に少し潜ると、そこは人間の知らない世界。

シュノーケリングの止め時を見失う。

宮古の海の虜に。

 

完全に宮古島の虜になった旅。

ゆっくりふり返ってみようと思う。

 


にほんブログ村