暮らすように旅したい ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。特にヨーロッパと瀬戸内が好き。

沖縄旅「宮古の風に吹かれて」

 

 

2018年8月

 

初めての宮古島の旅を満喫中。

台風と台風の間、

天候に恵まれた旅だった。

 

ariruariru.hatenablog.com

 

宮古島はのんびりした沖縄を

さらにのんびりさせた感じ。

レンタカーで島の主要道路を走っても、

初日は他の車のスピードの遅さに

「何かあったのかな?」と

思ってしまうほど。

 

でも、そんな島に一日いるだけで、

のんびりした空気が自分の中を

だんだん占めていくのがわかる。

 

 

宮古の風に吹かれて

 

シュノーケルを楽しんだ後、

重くなった体をレンタカーに乗せて、

ちょっとドライブへ行きたくなった。

地元の人におすすめされた、

「東平安名崎(ひがしへんなざき)」へ。

 

岬に向かう道を手前で曲がると、

信じられない美しい風景。

風の音と波の音だけに包まれる。

 

https://www.instagram.com/p/BnY1TQtAxsQ/

今からあの岬の先端へ。

ごぅごぅと吹く風で自分の声も聞こえない。

この風がこの岬をつくったんだろう。

 

友人ともしばらく無言。

この空気を味わうように。

 

しばらくして再び車に乗り込み、

いよいよ岬の先端へ。

 

https://www.instagram.com/p/Bm0KlN0AeDs/

東平安名岬の灯台へ。

この島の先端。

気まぐれな風と強い陽射しに翻弄される。

 

灯台の手前の駐車場に車を止めて、

本当の先端へ歩く。

 

宮古島トライアスロンのレースが

行われることで知られる。

灯台の手前にはそのレーンのサインが。

 

https://www.instagram.com/p/BnIyR_UAwEW/

風が吹き荒ぶ岬の先端へ。

東平安名岬の灯台を背負って眺める海は、

浜で見た海とは全然違う。

私たちを追い越して流れる雲も。

 

https://www.instagram.com/p/Bni8dqdFexG/

東平安名岬の灯台をぐるりとまわって、

風に逆らいながら歩く。

誰もいない。

私だけしか知らない今ここから見る風景。

 

 

宮古の自然を噛みしめる

 

この日の午前中は、

シュノーケルではしゃいでいた私たち。

静かで力強い東平安名崎に来て、

自然の荒々しさを垣間見ることになった。

 

うっかりすると持って行かれそうな

強い風に吹かれながら、

よろよろと歩く。

海を眺めおろしながら

灯台をゆっくり周るだけで

かなりの体力を奪われた。

 

この島で暮らしてきた人たちに

敬意を払いたいというような気持がわいてくる。

 

 

さっぱり、すっきり

 

ドライブの道すがら、

寄り道したカフェ。

レモネードを注文すると、

私が知っているレモネードではない。

 

宮古のレモンを使っているという。

ちょっと苦みがあって、酸味もあるが

優しくて力強い味。

爽やかででもしっかりしている。

 

https://www.instagram.com/p/BmZ3xvdABCa/

気持ちの良いカフェで休憩。

宮古のレモネードは、独特なレモンの味。

ちょっと苦味があって爽やかで優しい。

 

宮古島の印象と同じ感じだ。

そして宮古の人たちの印象とも。

さっぱりしていて、すっきりしていて、

そして優しい。

 

 

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

 


にほんブログ村