暮らすように旅したい ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。特にヨーロッパと瀬戸内が好き。

オランダ旅「風車が語る村 ザーンセ・スカンス」

 

2009年8月

 

オランダの旅。

蒸し暑い日本を脱出して、

爽やかなオランダの夏を満喫中。

 

ariruariru.hatenablog.com

 

この日は金曜日。

アルクマールのチーズ市を楽しんで、

オランダ人とチーズについて考えた。

 

その土地の風土とその土地の人々、

その土地の食文化は密接に関係している。

旅をして実感したことを、

また新しい土地でも確認する作業だ。

これが私の旅の楽しみの1つ。

 

 

アルクマールからザーンセ・スカンス

 

チーズ市で盛り上がるアルクマールを出発して、

ザーンセ・スカンスへ向かう。

ザーンセ・スカンスは、

アムステルダムの北およそ15㎞のところにある

風車の村として知られる場所だ。

アルクマールの帰り道に寄り道しようと思っていた。

 

f:id:ariruariru:20181111205953j:plain

 (足元に新聞をしくあたりがオランダ的?)

 

朝、アムステルダム中央駅で切符を購入した時に

駅員さんに確認しておいた。

アルクマールの帰り道に

ザーンセ・スカンスに寄れる?と聞くと、

「それは無駄のない良いまわり方だ」と

褒めてもらったので、その通りに。

駅員さんからは電車の時刻表と

乗り継ぎの良いおススメの電車を教えてもらった。

 

「効率の良いまわり方が良いまわり方」

というのがまたおもしろい。

オランダは合理的で無駄のないことを好む国。

旅人には好都合だ。

 

 

ザーンセ・スカンスに到着

 

途中で電車を乗り換えて、

予定通りにザーンセスカンスの駅に到着した。

駅はしずかでのんびりした雰囲気。

鳥の鳴き声がする。

詳しい地図ももっていないので、

街の中にある案内板を頼りに進む。 

途中、こんな光景も!

 

https://www.instagram.com/p/BqBP4QEAzxl/

運河と水路の国では、こんなことも日常茶飯事。

急に大きな音とともに橋が天に向かう。

 

大規模な跳ね橋に出会った。

小さい運河にかかる跳ね橋は想像していたけど、

こんな大規模な橋でも跳ね上がるのか!とびっくり。

これも海抜0m以下の国、オランダらしい景色だ。

 

 

風車のある眺めに感動

 

無事に橋を渡ってしばらく住宅地を歩くと、

目の前にこれこそオランダという風景が見えてきた。

これこそオランダの原風景なのだろう。

 

https://www.instagram.com/p/BqCjPl_gNae/

オランダの元風景なのだろう。

初めて訪れた観光客でもこの懐かしさは感じられるものだ。

 

ザーンセ・スカンスの風車たちは

実は元々ここにあったわけではない。

 古いものを大切にするオランダであっても

昔ながらの風車はだんだん消えつつあって、

今、ザーンセ・スカンスにあるのは

各地から移築されたものなのだ。

 

 

風車の中へ入って感じること

 

ザーンセ・スカンスでは、

風車の中に入ることができる。

 

f:id:ariruariru:20181111212151j:plain

 

f:id:ariruariru:20181111212828j:plain

 

風車は働き者だ。

風車の並ぶ風景をちょっと幻想的で

絵本の中の風景のように思っていたが、

中に入るとその印象は一変。

 

f:id:ariruariru:20181111212908j:plain

 

風車は生活だ。

水と闘うオランダで水を掻きだし、

粉を挽き、木の実をすりつぶして油を採る。

 

 

オランダという国は

 

オランダという国は、

本当にオランダ人が作ったんだと思う。

そりゃそうだという話だが、

「世界は神がつくり、オランダはオランダ人がつくった」

という言葉。

それは比喩でもたとえでもなく、

まさにその言葉通りだ。

 

オランダに暮らす人は、

努力と工夫でこんな難しい土地に

長らく住み、しかも文化や産業を発達させてきた。

 

風車は動かさないと朽ちてしまうそうだ。

ごとごとと風車が動く。

すぐそばで見るとものすごいスピードで

羽根が風を起こす。

ものすごい振動と

耳を塞ぎたくなるような音。

 

f:id:ariruariru:20181111214435j:plain

 

こんな振動や音に負けない、

芯の強さがオランダにはある。

オランダに生きてきた自信みたいなもの。

それはどこか羨ましくもあり、

尊敬に値するものだった。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村