「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

イタリア中部の旅「旅しても、旅しても<フィレンツェ>」

 

2015年8月

 

この夏はイタリア・フィレンツェに滞在。

フィレンツェを拠点にイタリア中部をめぐる旅をした。

気心知れた友人との2人旅だ。

ariruariru.hatenablog.com

 

目次

 

やっぱりイタリアが大好き

 何気ない街並みに心躍るイタリア。

なぜそんなに好きなのかと問われても、

上手く説明できない。

 

https://www.instagram.com/p/BeXfWPtHTB7/

フィレンツェの街にあるなんてことないお店。

旅の始まりの日は、

必ずこういう店の写真を撮ってしまう。

しばらく経つと前を素通りするのに。

 

旅の中で「食」は大切。

「食」の楽しみがあるからイタリアが好きなのか?

でもそれだけじゃない。 

 

https://www.instagram.com/p/BhbqBw7Hbmh/

フィレンツェの街歩きに欠かせないもの。

有名店はもちろん美味しいけど、

ひっそりと佇む店のも味わい深い。

 

目を見張る建造物。

圧倒的な歴史と存在感。

でもそれだけじゃない。 

 

https://www.instagram.com/p/BhOHNrili6g/

この世の中は、自分が名前を知らない色で溢れている。

フィレンツェに行くといつもそのことに気づかされる。

ドゥオーモは何色?

正確に答えられる人はどこにもいない。

 

https://www.instagram.com/p/BhGqh48lW2H/

黄昏時のドゥオーモ広場。人で溢れる目抜通り。

ドゥオーモの3種類の大理石が昼間とは違う色で佇む。

 

風景の素晴らしさ。

新しいものと古いものが上手く共存しつつ保たれている。

 

https://www.instagram.com/p/BesdfnMH4V7/

甘くとろんとした太陽が川面に飲み込まれていくよう。

刻々と変わる明度に、

周りの建物までが一緒に川へ落ちていくような錯覚。

 

https://www.instagram.com/p/BhWFZvPFClw/

アルノ川に落ちていく夕陽。

世界中のどこでも夕陽はきっと美しいけど、

ここから見る夕陽はやっぱり格別だ。

 

https://www.instagram.com/p/BhGzkGplJsc/

川面と空は一対。

フィレンツェの夕陽はやっぱりアルノ川で見たくなる。

 

https://www.instagram.com/p/BhbZ5OEnwtl/

夕陽ばかりに気をとられていた。

振り返るとポンテヴェッキオにやわらかい光が。

カラフルな橋が夕闇に飲まれる直前にしっとり輝く。

 

ariruariru.hatenablog.com

 

https://www.instagram.com/p/BendYt4HPeK/

鏡よりも美しく街をうつすアルノ川。

ポンテベッキオの喧騒から離れると、

川の流れさえも静寂に包まれる。

 

 

イタリアの旅の終わりに

 フィレンツェの魅力を満喫した旅。

初めて訪れたエミリアロマーニャの魅力。

そして、やっぱりイタリアは素敵な国だ。

 

イタリア人はおしゃべりで陽気で、

時間にはルーズだけど、

素朴で肝心なところは譲らない頑固さがある。

 そこが憧れで、憎めなさで、魅力そのもの。

 

食べ物も、建物も、人も、暮らしも、風景も

何もかもが共通の何かで輝いている。

また来てしまう国。

わかっていたけど、

またそれを確認する旅になった。

近々に、またきっと帰って来ます。

 

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

  

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村