「暮らすように旅したい!」 ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。特にヨーロッパと瀬戸内が好き。

オーストラリア旅「シドニーへ飛び立つ!その前に」

 

2017年8月

 

颯爽と日本脱出!とはいかず

 

この夏はオーストラリアへ。 

ariruariru.hatenablog.com

 

いよいよオーストラリア旅行へ出発の日がやってきた。

ところが本日、大変なことが…….。

日本列島に台風が直撃!

もともと午前中には仕事を入っていて、

出発は夕方だった。

ところがどうやら計画通りにはいかない雲行き。

いくらプランを練っても天候にはかなわない。

 

元々の予定は、

ANA0038 伊丹19:00-羽田20:10

ANA0879 羽田22:10-シドニー8:30(翌日)

 

という、羽田での余裕の乗り継ぎだったが、

この日は伊丹ー羽田間のフライトが午前中から

次々にキャンセル。

シドニー行きを逃してはいけないと思い、

急遽新幹線を利用した。

新幹線も風が強まると運転を見合わせそうなので、

午前中の仕事を終えてすぐ、

同行者の友人と陸路で羽田に向かう。

台風直撃につき何かと大変。

仕事から直で向かったので、服装やら

傘やら荷物やら、いろいろ工夫が必要だった。

しかしとりあえず、羽田には無事に到着。

着替えたり荷物を片付けたり。

良かった!無事に出発できそうだ。

ホッとした。が、早すぎる!時間がまだまだある。

 

でも、おかげで新しい発見も

 

普段の旅では、関西国際空港から出発することが

多かったので、羽田空港は私たちには未知の世界。

新しくなった空港。せっかくだから満喫することに。

 羽田空港には時間をつぶせるスポットがいろいろあった。

私たちが楽しんだもの。1つ目は展望デッキ。

  f:id:ariruariru:20180407203030j:plain

  f:id:ariruariru:20180304113915j:plain

夜になるにつれ台風も遠ざかり、

雨風に洗われた展望デッキからの眺めはとても素敵だった。

ウッドデッキになっていて寛げる空間。

こんな天候でも楽しめたので、

晴れていたら何時間でもいられるかも。

 

私たちが楽しんだもの。

2つ目は、プラネタリウム

PLANETARIUM Starry Cafe

  f:id:ariruariru:20180304114031j:plain

 プラネタリウムの中で食事やお茶がいただけるという、

画期的なカフェがある!

おもしろそうだし時間つぶしにと、

あんまり期待はせずに入ったんだけど、楽しかった。

カフェだからもちろん食事や飲み物も普通に注文できる。

プラネタリウムの中にカフェがある感じ。

普通に店員さんが注文を取りに来てくれる。

映像を伴ったお話や紹介などがプラネタリウム

映し出されて幻想的な雰囲気。

思わず見入ってしまう。

 

コーヒーでホッと一息つきながら、

ぼんやりプラネタリウムを眺めていたら

あっという間に時間は過ぎた。

思えば午前中から、飛行機がどうなるか

ヤキモキしていて疲れていたので

ここですっかりリセットできた。

ようやく旅に出発する気分になってきた! 

 

都会的な魅力が全開

 

シドニー行きは予定通り出発できた。

機内で1泊して午前8:30ごろ到着。

オーストラリアは持ち込み荷物にいろいろと注意が必要なので、

空港を出るまでに時間がかかったが、無事に自由の身!

 

空港からは電車で街の中心部へ出ることができる。

調べていた通り、オーパルカード(Opal Card)

空港の駅で購入する。

売り場はわかりやすく表示されている。

オーパルカードとは、シドニーで使えるリチャージ式の

スマートカードのこと。

これがめちゃめちゃ便利。

旅のあいだ中、お世話になることになる。
とりあえず50$をチャージした。

スーツケースを抱えながらでも、

空港も駅もわかりやすい。

何の問題もなく電車に乗れた。

 

まずはホテルへ向かう。

ホテルはネットで予約済みだ。

オーストラリアは物価が高くて、

ホテルもなかなか決断できなかったが、

立地を優先して決めた。

ラディソンブル―プラザホテルシドニー。 

   f:id:ariruariru:20180304115138j:plain

      

 いいホテル!

最寄り駅から近くて便利で都会的。

中心地も中心地。立地は最高だ。

サーキュラーキーやロックへも徒歩圏内。

主要な観光地はすべて徒歩で行けちゃうのだ。

  

シドニーの魅力は 

 

シドニーは公共交通機関がとても充実している。

特にオーパルカード(Opal Card)はすばらしい!

旅人の味方だ。

電車だけでなく、バス、フェリー、ライトレールも乗れる。 

  f:id:ariruariru:20180304150053j:plain 

 

オーストラリアの魅力

 

オーストラリア初日から気づくオーストラリアの魅力。

というかオーストラリア人の魅力。

空港からホテルに移動するだけでも感じる、

オーストラリア人っていい感じ。

サービス業に従事する人達は

みんな笑顔で落ち着いていて頼もしく思えた。

オーストラリア人の寛容さが表に出ているのかなと思う。

つたない英語もしっかり聞き取ろうとしてくれる。

それがわざとらしくなくて自然体。

なんとなく醸し出される懐の深さ。

他民族な大都会シドニーの街だからこそかもしれないが、

それが魅力的に感じる。

 

なんか楽しい旅になりそうだぞ。

私の旅の理想は「暮らすように旅する」こと。

シドニーは暮らしている気分を味わえそうな街だ。

 


にほんブログ村