「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

オーストラリア旅「ウルルの朝と奇跡のカタ・ジュタ!旅の在り方を考えさせられる」

2017年8月

 

この夏は冬のオーストラリアへ。

ariruariru.hatenablog.com

 

シドニーを拠点に都会的な旅も楽しみ、

弾丸でエアーズロックにも足を延ばした。

 

目次

サンセットツアーのあとは

ariruariru.hatenablog.com

 

前日、茜色に染まるウルルを見送った後、

アーバスでホテルへ帰り着いた。

 エアーズロックリゾート内のスーパーで

総菜やパンなどを買って簡単に夕食を済ませる。

スーパーではなかなか欲しいものはなく、

夜遅くになると品薄になる。

砂漠の中だから当たり前なのだが。

パン缶詰のツナなどを買ってサンドイッチを作った。

そしてあたふたと床につく。 

 

ウルルに朝がやってくる

今朝はとても早起き。

ウルルのサンライズツアーを予約しているから。

起きてみると結構寒い。

かなり気温が下がっているようだ。

どうやら今朝の気温は5度くらい。

 

ホテル前に朝5時50分に迎えのバスが到着。

前日に買ったパンと缶詰でサンドイッチを作り、

それを持参してツアーに参加する。

辺りはもちろん真っ暗だ。

 

眠い目をこすりつつ、

バスで到着したサンライズ・ビューイングエリア。

展望台などが整備されており、

ぞくぞくと見学の人々が集まってくる。

その数がすごくて、びっくりした。

民族大移動のように場所取りが始まった。 

f:id:ariruariru:20180703222327j:plain

 暗闇の中では黒い塊。

雲が分厚くてサンライズは無理かも……。

でも、風の強いこの地域。

天候はめまぐるしく変わる。

しばらくたつと、 

https://www.instagram.com/p/BfanIHFHDXD/

雲の隙間から輝く玉が顔を出すと、

寒さで冷えきった体に温度が戻った。

展望台は歓喜にわく。

https://www.instagram.com/p/BfYWkr_nzbP/

朝日を待つ。

雲を掻き分けて太陽の光が届くと歓声があがった。

私たちは待つことしかてきないから。

 

なんとか朝日に照らされるウルルを見ることができた。

サンセットとはまた違う魅力。神々しい姿。

たくさんの人たちと、素晴らしい瞬間を共有できた気分。

一緒にサンライズを見た人たちと、

みんなが微笑みあえて気持ちよかった。

 

朝日がのぼると急激に気温が上がってくる。

乾燥帯の気候は優しくない。

脱いだり着たり、服装の調整も難しい。

一日の中に春夏秋冬がある。

  

奇跡の光景「カタ・ジュタ

次はバスに乗り、カタジュタをめざす。

カタジュタとはウルル(エアーズロック)の

西約45㎞にある巨岩群のことで、

先住民の言葉で「たくさんの頭」という意味。 

https://www.instagram.com/p/BfYTl8QHf8R/

カタ・ジュタの上に広がる青空。

自然の不思議、奇岩がならぶというけれど、

こっちが本来の姿だと言われてるみたい。

 

たしかにたくさん頭があるようにも見える。

不思議な光景。

目で見ているのに認識できない感じ。 

https://www.instagram.com/p/Bf7WK73HYQg/

カタジュタに近づく。

近く見えても実際はまだ距離がある。

乾いた大地からまるで植物が生えてるように見えた。

空が抜けるように高い。

 

これからウォルパ渓谷という、

この岩群の間にできた渓谷内を歩く散策へ。 

https://www.instagram.com/p/Bg7vD06FeeR/

カタジュタへ。強い風が吹き止まない。

隣に居る人の声さえ聞こえない。

本当の空の色を見た気がした。

  

近づくとこの大きさ。

自然のスケールの大きさにただただ圧倒される。

ずっと強風が吹いていて、隣にいる人の声も聞こえない。

風の音だけが聞こえる。風にもてあそばれているように、

足元がふらついて前に進まない。

人間はちっぽけな生き物なんだと実感する。

f:id:ariruariru:20180703222956j:plain

 こんな乾燥した地域の巨岩に水が流れている。

めったに降らない雨が時間をかけて岩肌を流れ降りてくる。

驚くことに、この奥には年中水が枯れることの

ない池もある。

先住民がここを「神聖な場所」と呼んだ理由がわかる気がした。 

 

考えさせられる旅の形

f:id:ariruariru:20180703223013j:plain

 ウルル、カタジュタへの弾丸1泊2日の旅が終了。

ジェットスターシドニーへもどる。

 

自然のダイナミックさやそれと共存していた先住民の

暮らしなど、ここへきて改めて感じることの多い

濃厚な時間だった。

 

そしてやはり思うのは、観光との兼ね合いの難しさ。

自分も観光客の一人だが、改めて、

訪れた場所を現地の人と同じような気持ちで大切にできる

観光客の一人でありたいと思った。 

 


にほんブログ村