「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

ハンガリー&チェコ旅「旅情あふれる列車旅 いよいよブダペストを出発!」

2011年8月

この夏は、ハンガリーブダペストから列車を使って

チェコプラハへ移動する旅。

 

ハンガリーブダペストで数日を過ごした。

見どころの多い街。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 まだまだのんびりしたいところだけど、

今回の旅はブダペストが出発点。

 

目次

 

ブダペストを出発する日

 出発の朝。気持ちの良い日だ。

f:id:ariruariru:20190123214207j:plain

ブダペスト東駅から、9時25分発の列車に乗る。

チケットはブダペスト滞在中に東駅まで

購入しに来ていた。

f:id:ariruariru:20190123214509j:plain

ブダペスト東駅はとても立派な駅舎で、

かわいらしい色遣い。

パリのオルセー美術館のような。

f:id:ariruariru:20190123214933j:plain

効率は悪いのでなかなか切符が買えない、

レトロな切符売り場。

 

昔ながらの眺めで懐かしさがあって素敵だけど。

改修工事をしていたので、次に訪れるころには、

こんな光景はなくなってしまうのかな。

それもちょっとさみしいような。

 

クラシックなヨーロッパの駅舎や列車が好きだ。

オリエント急行など豪華なものも憧れるし、

ローカルでレトロなものも好き。

アガサクリスティのお話に出てくるような世界。

(事件は起きないで欲しいけど)

 

駅の雰囲気の旅情を掻き立てられる

ブダペスト中央駅は、いかにものヨーロッパの駅舎。

行き止まり駅で、アーチ型の屋根が印象的。

タイムスリップしたような気分になる。

f:id:ariruariru:20190123214526j:plain

f:id:ariruariru:20190123214255j:plain

乗り込む列車は青いシンプルなデザイン。

これも懐かしい雰囲気の列車。

この列車でまずはスロバキアブラチスラヴァへ向かう。

列車自体はドイツのベルリンまでいくECだ。

 

鉄道旅の醍醐味とは

コンパートメントタイプの列車。

この車両は食堂車だ。

f:id:ariruariru:20190123214243j:plain

 

乗り込むと中はこんな感じ。

コンパートメントになっているので、

通路が一直線にのびていて、旅情を掻き立てられる。

コンパートメントは他の乗客と一緒になるので、

ちょっとドギマギもするけど、

いかにも外国を旅している気分。

f:id:ariruariru:20190123214310j:plain

さて、いよいよ出発の時間!

ブダペストに別れを告げて、スロバキアブラチスラヴァへ。

ブラチスラヴァで途中下車して、また同じ路線に乗り、

チェコプラハをめざす。

ブダペストからブラチスラヴァまで2時間半の旅。

f:id:ariruariru:20190123214332j:plain

f:id:ariruariru:20190123214424j:plain

鉄道の旅は、移動している時間も旅を感じられるのが

その醍醐味だと思う。

こんな景色を眺めたり、さまざまな言語が

飛び交う車内を探索したり。

 

これまでの旅をふりかえる時間。

旅のパートナーとたわいない話をする時間。

風景に酔いしれる、車内での旅の出会いなども。

 

鉄道の旅が始まった。

 

ariruariru.hatenablog.com

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村