「暮らすように旅したい!」 ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。特にヨーロッパと瀬戸内が好き。

ハンガリー&チェコ旅「チェコ独立の歴史を饒舌に語る ヴァーツラフ広場<プラハ>」

 

2011年8月

 この夏は、ハンガリーブダペストから

チェコプラハへ。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 列車で国境をこえる旅をしてきた。

ただいま、プラハに滞在中。

ariruariru.hatenablog.com

 

目次

 

パラチンキに舌鼓!ヴァーツラフ広場を眺めながら

この日は、ヴァーツラフ広場に面した、

グランドホテル・エヴロパの一階にあるカフェ、

カフェ・エヴロパへ来てみた。

f:id:ariruariru:20190217162343j:plain

素敵な建物。素敵なカフェ。

アールヌーボーの内装が美しい。

スタッフがきびきびと働いている。

チェコのクレープ、パラチンキを注文。

f:id:ariruariru:20190217162349j:plain

f:id:ariruariru:20190217162358j:plain

たっぷり、ゆっくりくつろぐ。

本日はこれがランチということで。

 

ヴァーツラフ広場が語る歴史

このカフェが面しているヴァーツラフ広場。

この広場は、チェコ独立の歴史を語るときに

欠かせない場所だ。

f:id:ariruariru:20190217162408j:plain

1968年、チェコ民主化運動を弾圧するため、

ここにソ連軍が戦車で乗り込んできた。

いわゆる「プラハの春」が失われた瞬間だ。

ソ連の侵攻に抗議する若者がこの広場で

焼身自殺をはかったり、多くの民衆が犠牲になった場所。

それから20年。

1898年、100万人ものプラハ市民がこの広場に集まり、

ビロードのようになめらかに改革を成功させた。

これがビロード革命

 

パラチンキを食べながら、歴史に思いを馳せる。

チェコの人々が勝ちとった民主化

ビロード革命を伝えるテレビのニュースで

笑顔で花を兵隊に差し出すプラハ市民の映像が

印象的だった。

あれがここ。

映像と現実が重なるような感覚がした。

  

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村