「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

スペイン旅「見どころ凝縮!マドリッドの街歩き その1」

2012年8月

 この夏はスペインへ一人旅へ。

旅の始まりはマドリッド

懐かしい場所を訪れたり、新しい発見があったり。

街歩きを楽しむ。

 

  目次

 [:contents]

到着の夜にトラブル発生!

 立地を重視して選んだホテル。

到着翌朝の部屋の窓からの風景。

昼はかなり暑くなるマドリッドだが、朝は爽やかだ。

普段は寝坊助の私もこの街では早起き。

f:id:ariruariru:20190328102310j:plain

www.booking.com

実は、到着した日の夜、部屋のシャワーが壊れた。

長旅の疲れを癒すシャワータイム。お湯の出はよくて

いい感じだと思っていたら……。

 

シャワーヘッドが外れてボーンと飛んで行った!

f:id:ariruariru:20190328215019j:plain

シャワーヘッドが外れたシャワーホースの先端から

お湯がドボドボと噴き出して、水圧で飛んで行った

シャワーヘッドはシャワーカーテンをすり抜け、

大きな音をたてて壁にぶつかった。

パニック!!

とりあえず、ホースから噴き出るお湯で

泡を落としてから、自分で直してみようと思ったが

完全にヘッドが折れてしまっていて直らない。

こりゃだめだ……。

翌朝、フロントで説明するも、英語は通じず、

私の片言のスペイン語とゼスチャーで

ようやくスタッフは理解したようだ。

 

「シャワーヘッドが!?それは申し訳ありません!」と、

そこにいたスタッフ総出で謝ってくれた。

「今日の外出中に修理しておきます!」とのこと。

一応部屋が変わる可能性も考えて荷物をまとめておいたが、

夕方、ホテルに帰ると私の顔を見るなり、

「修理完了してます」と英語のできるスタッフが待っていて

ていねいに謝ってくれた。

トラブルはあったけど、憎めないスタッフのおかげで

ホテルの印象は悪くない。旅にトラブルはつきもの。

これも思い出の1つだ。

 

懐かしいイベリア半島の朝食

 そんなトラブルがあった翌日、

朝食がスペインらしくて、朝から懐かしさに感激した。

だれかと共有したいけど、一人旅なので一人で静かに感激。

ああ、これが一人旅の孤独なところであり、

一人で噛みしめられる良いところでもある。

f:id:ariruariru:20190328102322j:plain

一人だから朝食なしにして、街で食べてもいいかなとも思ったけど、

朝が苦手な私は朝食を食べないとぼーっとしてるので、

朝食ルームでいろんな人を観察しながら目が覚めてくるという感じ。

基本的な朝食メニューだが、コーヒーを飲んで一瞬で目が覚める。

スペインの朝のコーヒー「カフェ・コン・レチェ」だ!

テーブルにポットに入ったたっぷりのコーヒーとミルクが運ばれてくる。

 

「カフェ・コン・レチェ」とは、スペイン風カフェオレのこと。

でもこれが、フランスで飲むカフェオレとも、

イタリアで飲むカフェラテともカプチーノとも違う。

コーヒーとミルクという単純な組み合わせなのに。

久々の「カフェ・コン・レチェ」を飲んで、

「ああ、スペインに来たんだ!」と

大きな声で言いたくなってしまった。

  

     コーヒー大好き、こだわり多し。

          ↓

ariruariru.hatenablog.com

 スペインのコーヒーは、濃くて重みがある。

薫り高いコーヒーとは違って、味で勝負!という感じ。

懐かしさに目もすっきり覚めた。

さて、いよいよマドリッドの街歩きへ。

 

見どころ凝縮!濃厚なマドリッド街歩き

 二十年前の記憶をたどりながら歩く街歩き。

美しいサンミゲル通りを歩く。

サンミゲル通りはマヨール広場の西側の通りで、

美しいカーブに沿って建物が並ぶ。

ホテルから歩いて10分ほどだ。

f:id:ariruariru:20190328101442j:plain

まだ朝の空気。街がまだ準備体操をしているような。

日中は陽があたってきらきらするこの通りも、

まだ影をおとしている。

南ヨーロッパで見る、くっきりとした陰影が好きだ。

そのまま南下して、トレド通りに入った。

f:id:ariruariru:20190328101512j:plain

この道がプエルタ・デ・トレド、つまりはトレドの街に

つながっている。プエルタとは門の意味。

二十年前にマドリッドに滞在した時は、

プエルタ・デ・トレドのホテルだったので、

地下鉄代節約のためにこの道を何度も歩いたものだ。

 

サン・イシドロ教会

トレド通りに面した、サン・イシドロ教会を訪れる。

f:id:ariruariru:20190328101517j:plain

サン・イシドロ教会はマドリッド守護聖人を祀る教会だ。

もともとは、あのフランシスコ・ザビエルを祀るスペイン初の

イエズス会の教会として17世紀に建てられた。

現在は庶民の味方だった聖イシドロを祀っている教会だ。

ザビエルが玉乗りしていた。いや、地球でした。

f:id:ariruariru:20190328101521j:plain

内部は非常に壮麗で、見事な教会。

金がふんだんに使われているところが、

スペインやポルトガルカトリック教会らしい。

f:id:ariruariru:20190328101529j:plain

f:id:ariruariru:20190328101534j:plain

ライトの細工がされているのではないかと思うくらい、

天井から光が入っきて、神様の存在を見事に演出している。

想像以上に見ごたえのある教会だった。

こんな立派な教会がひっそりと建っているマドリッド

無料で入れる、地元の人にとっては日常の教会なのだ。

 

キリスト教徒ではない観光客が地元の教会をどのように

見学するのが正しいのかはわからないけど、

その場の雰囲気を壊さないようにお邪魔することにしている。

            ↓

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

暮らすような旅をしたい

暮らすように長く一つの街に滞在できたら、

ホテル近くの地元の教会に何度も通いたいと思う。

訪れる曜日や時間が違うと雰囲気に変化があって

それがその街の文化や成り立ちやいろんなものを

教えてくれる気がするから。

 

二十年前の自分なら、そんなことはしなかった。

教会に勝手に入ってはいけないような気がしていた。

そこは厳粛な祈りの場だから。

二十年経って、大人になったのか、図々しくなったのか。

自分の旅のしかたも変わってきたんだなと、

同じ街を訪れて改めて感じる。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村