「暮らすように旅したい!」 ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。たまに社会派。旅中毒、特にヨーロッパ中毒です。

スペイン旅「さ迷い歩くトレド街歩きその2 エル・グレコの家」

 

2012年8月

 

この夏は久しぶりのスペインを一人旅。 

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

マドリッドからアンダルシアへの旅を終え、

現在は古都トレドをお楽しみ中。 

 

目次

 

優雅なパラドール滞在が感慨深い

トレドのパラドールに一泊した。

静かな丘の上のパラドール。夜はぐっすり。

いつもは早起きが苦手な私も、この日は爽やかな目覚めだ。

 

一人でパラドールに泊まるなんて、

私もずいぶん大人になったものだと、

なんだか感慨深い。

実のところ、この旅はもともと2人旅の予定だったのだ。

計画の段階では2人でパラドールに泊まる予定だった。

諸事情いろいろあって結局一人旅になったのだが、

トレドのパラドールは外せなかった。

そして、外さなくてよかった!

 

部屋のテラスから朝のさわやかな眺め。

f:id:ariruariru:20190330162422j:plain

昼に向かってどんどん暑くなるのだけど、

朝はまだ爽やかさが感じられる。

前日のものすごい暑さを体験してしまっているので、

この爽やかさがなんだか怖くもあるのだけれど……。

 

さて、朝食をとりに。素朴なスペイン料理だけど

美しく品があるところがやっぱりパラドール。

f:id:ariruariru:20190330162435j:plain

カフェコンレチェをたっぷりいただく。

朝食ルームにはほとんど人がいない。

のんびり自分のペースで。

丘の上に建つパラドール。とても静かだ。

 

さ迷い歩くトレド街歩き その2 

さて、朝食を終えたら、パラドールをあとにする。

もっとゆっくりしたいなと思いながらも、

街歩きもしたいし……。あ~!トレド、また来たい!

後ろ髪をひかれつつ、街へ降りるバスを待つ。

すっかりバスにも乗りなれた私。

   前日にお世話になりました。

      ↓

ariruariru.hatenablog.com

前日に偶然バスに乗れたことから、 

タクシーを利用する気が全くなくなってしまった。

だって、バスなら160円くらいで街へ行けちゃう。

贅沢気分を味わうためにパラドールに泊まったのに、

こはちゃっかり貧乏性が出てきてしまうのだった。

f:id:ariruariru:20190330162522j:plain

こんな絶景を見ながらバスを待つ。

バスを待つのも楽しい絶景。

ちゃんと時間通りにバスがやってきた。

坂をうねうねと曲がって、あっという間にアルカサル前。

f:id:ariruariru:20190330162532j:plain

アルカサルとは城のことで、11世紀にトレドを支配した

アルフォンソ6世がこの地に城塞を築いたのがその始まり。

1936年の市民戦争では、フランコ軍が籠城した場所だ。

美しい外観だが、現在内部は軍事博物館になっている。

 

トレドの街はどこを切り取っても絵になる。

何気ない街かどもすべてポストカードになりそう。

f:id:ariruariru:20190330162551j:plain

 

トレドの巨匠 エル・グレコが暮らした家

この日、まず向かった先は、エル・グレコの家。

この空間、20年前に訪れた時のことを思い出す。

細い路地が入り組んだイスラム時代の街に

ぽっかりと中庭のような空間があって、

エル・グレコ美術館」という表記が。

f:id:ariruariru:20190330162613j:plain

かつてエル・グレコが暮らしていた住居付近の廃墟を修復したもので、

16~17世紀の家具や調度品を置き、その時代の暮らしを再現している。

街全体が中世から変わらない雰囲気なので

何の違和感もない空間。吹き抜けに熱風が……。

f:id:ariruariru:20190330162638j:plain

邸宅内には、もちろんエル・グレコの作品も展示されている。

建物の一部が美術館になっているのだ。

庭に出て邸宅を見ると、造り物のような気もするが、

トレドにあるからこそ本物だと思える建物。

f:id:ariruariru:20190330162650j:plain

「当時の暮らしを再現して」とかいう代物は、

どちらかというとあまり興味がないのだが、

ここは、トレドの街全体がリアリティを付加してくれるので、

自分がその時代にお邪魔しているような気分になった。

 

窓から、先ほど見たぽっかり空いた空間を覗く。

エル・グレコもこんな風に覗いたのかもと思うと楽しい。

f:id:ariruariru:20190330162701j:plain

ちゃんと整備されている「エル・グレコの家」。

整備され過ぎると興ざめのこともあり、なかなか難しいところだが、

私は十分に楽しめた。

f:id:ariruariru:20190330162716j:plain

 トレドに欠かせない画家エル・グレコ

ギリシャから移り住んできた画家が、

トレドを愛してトレドに愛されて、

自分の信念をもって暮らしたことを想像させられる場所。

トレドの街をしばらく歩いてた後で、訪れるのが良いと思う。

 さて、だんだん昼が近づいてきた。

そろそろ本気で暑くなってくる……。

トレドの夏をなめてはいけない。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村