「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

スペイン旅「真面目な旅の話をちょっとだけ カタルーニャのバルセロナで想うこと」

2012年8月

この夏は、久しぶりのスペイン一人旅へ。

マドリッドを拠点に、アンダルシア地方の

グラナダコルドバを訪れ、その後はトレドへ。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com
そして旅の最終目的地バルセロナへ。

ariruariru.hatenablog.com

 

目次


たまには真面目な旅の話をちょっとだけ

f:id:ariruariru:20190427214754j:plain

2週間のスペイン旅。旅の最後に訪れたのはバルセロナだ。

バルセロナカタルーニャ州の州都として発展した大都市。

スペインには、独特の雰囲気を持った街がたくさんあるけど、

バルセロナはその中でも際立っていると思う。

それはバルセロナがというより、カタルーニャ

たどってきた歴史がこの街をつくっているからだ。

ちょっと真面目な話。バルセロナ初日にカタルーニャ音楽堂

訪れて感じたことから、自分なりに想うところができた。

ariruariru.hatenablog.com

 

独立問題で揺れるカタルーニャ州

スペインの歴史の中では、イスラムの支配が強かった時代、

その後のレコンキスタなど、その時代に置かれた状況が

今の街の特徴を見事にあらわしている。

今回の旅は、アンダルシアでそれを強く感じることになった。

しかし、カタルーニャの歴史は全然違っている。

イベリア半島のほとんどがイスラムの勢力下におかれた時代、

カタルーニャフランク王国の一部だった。

その後はスペインの一部に組み込まれ、独裁政権時代は

カタルーニャの文化を封印されていた。

封印されていたからこそ、文化が他と混じることなく

残ったのかもしれない。

今でもバルセロナでは、スペイン語だけでなく、

カタルーニャ語が日常で使われている。

カタルーニャ語の響きは、フランス語に近い。

言葉の成り立ちとしては、フランス語もスペイン語も、

イタリア語もポルトガル語もラテン系に属す言語だ。

だからもちろん、スペイン語とフランス語も語学的には

もともと近いものがあるのだが、カタルーニャ語

よりフランス語に近いように思う。

 

カタルーニャ」だけが特別なのか?

じゃあ、カタルーニャはスペインの中で特別な場所なのか?

そうではないと思う。カタルーニャだけが特別ではない。

まったく同じ歴史をたどる街など存在しないからだ。

アンダルシアだって、バスクだって、それぞれが特別だから。

f:id:ariruariru:20190427214617j:plain

               (夕暮れが近づくバルセロナの街)

 

島国日本で生まれ育った者から見れば、

陸続きのヨーロッパでは、国境線や何かを隔てる「線」が、

いつの時代もあいまいだ。

いい意味でも、悪い意味でも。

戦争の時には戦車が超えてくる。

伝染病も、独裁政治も簡単に超える。

今は人もお金も毎日簡単に超えてくる。

 

つまり、どんな文化もどんな風にも

「線」を超えられるということ。

さまざまな文化の濃度が全く同じ場所などないのだ。

 

チョコチップのアイスを食べるように

文化と文化が混じり合うとか、

溶け合うという表現をすることがあるが、

厳密にいうと、そんなことは起きないし、

起きていないのではないだろうか。

 

バルセロナには、スペイン語を話す人と

カタルーニャ語を話す人がいるが、

同じ人がスペイン語を話す時と

カタルーニャ語を話す時もある。

 

文化が完全な形で混じり合うことはきっとない。

チョコチップが入ったバニラアイスのように、

たまたま掬ったスプーンに

チョコチップがいっぱい入っているかもしれないし、

全然チョコが入っていないかもしれない。

 

文化ってそういうものかなと思う。

たまたま見えている部分が「表」だと思ってしまうけど、

それは「表」にも「裏」にも、「側面」にだって

なりえるのだ。

 

チョコチップアイスを、チョコチップが砕け散って

しまうまで混ぜてしまったらどうだろう?

f:id:ariruariru:20190427214947j:plain

       (暑いバルセロナで食べたアイス。時間と闘いながら急いで食べる。)

 

そうしようとしたのが独裁政権時代だったのかも。

カタルーニャの文化をスペインの文化に

完全に混ぜ切ってしまおうとしたが、

でも、混ざらなかった。

 

私は、チョコチップがごろごろ入っている方が好きだ。

大きな塊がたまに入っていたら、ラッキー!

 

ごろごろと文化のかけらが見つかるような

そんな旅が私の好みだ、ということかもしれない。

 

いつも大変お世話になっております。旅の相棒はこちら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/4/30時点)

楽天で購入

 

旅先でも手に入れやすいボディショップ。助かります。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村