「暮らすように旅したい!」 ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。たまに社会派。旅中毒、特にヨーロッパ中毒です。

フランス旅「やっぱりはずせないパリの凱旋門!シャンゼリゼ通りは永遠の憧れ」

 2013年8月

 

この夏はフランスへ2人旅。

今回の旅のパートナーは、

どちらかというと旅には消極的な夫。

 

自称旅嫌い?の夫を連れてのフランス旅。

「旅中毒」も「自称旅嫌い?」も、

両方とも楽しめる旅にできるかな?

 

  今回の旅のプランはこちら

     ↓

ariruariru.hatenablog.com

  

目次

 

やっぱり、凱旋門ははずせない!

f:id:ariruariru:20190518215545j:plain

この凱旋門は、かのナポレオンの命を受けて

1806年に着工、1836年に完成したパリのシンボル。

完成した時にはもうナポレオンはこの世に

いなかったが、このスケール!

きっとナポレオンも満足したことだろう。

 

凱旋門の上にはじめてのぼった。

南側にはエッフェル塔が見える。

f:id:ariruariru:20190518222240j:plain

 凱旋門からエッフェル塔を眺めるなんて贅沢だ。

この街のファンにはたまらない眺め。

「おのぼりさん」と言われようと、

何度目のパリでも眺めたい、この眺め。

 

でも凱旋門は眺めだけでなかった。

あのロータリーに渡ってみないと分からなかったのが、

凱旋門の門の中はこんな風になっていること。

f:id:ariruariru:20190519235846j:plain

そして、大きすぎてカメラに収まらないこと……。

f:id:ariruariru:20190519235856j:plain

そして、彫刻はこんなにも立体的だったこと!

f:id:ariruariru:20190519235914j:plain

f:id:ariruariru:20190519235931j:plain

凱旋門、何度も見ているし……なんて、

来る前に思っていた自分に「バカ!」と言いたい。

ここは、来なくちゃだめ!な場所でした。

 

シャンゼリゼ通りを歌いながら歩きましょう

凱旋門を堪能したら、シャンゼリゼ通りへ。

初めてパリに来た時は、この案内を見ただけで

感動したものだ。

シャンゼリゼ通りってホントにあったんだー!」って。

f:id:ariruariru:20190518223607j:plain

思えば旅に出る目的は、

世界のすべてが本当にそこにあるかどうかを、

自分の目で見ることなのかもしれない。

 

そして背中には凱旋門が。

f:id:ariruariru:20190520000031j:plain

シャンゼリゼ通りはとても美しい通りだ。

コンコルド広場から凱旋門を結ぶ、2キロくらいの通り。

常に観光客でいっぱいの通りは、

パリが計画的につくられた都市だということを

一番はっきりと感じる場所かもしれない。

f:id:ariruariru:20190520000002j:plain

並木道の木陰を踏みながら歩く。

だんだん直射日光が暑くなってきた。

 

夏のパリはカラッとしているが、

日中の日差しの強さは半端ない。

f:id:ariruariru:20190520000017j:plain

この辺りは、16世紀まで野原と沼地だったという。

緩やかな勾配にまっすぐの道。

マロニエの並木道は、幅の広い歩道があって、

カフェやレストランのテラスが出ている。

 

日本でもテラス席を設ける店が増えたけど、

なんせめちゃめちゃ狭いことが多い。

すぐよこを通行人が通っていたりして。

これくら広かったら、テラス席も余裕だ。

 

気持ちの良い散歩の後はメトロで

凱旋門から、フランクリンルーズベルト駅まで歩いた。

1キロくらいの気持ちの良い散歩という感じ。

駅で言うと2つ分になるけど、歩けばあっという間だ。

f:id:ariruariru:20190520000048j:plain

パリのメトロの駅は個性的だ。

どの駅も違った雰囲気。

それもまた楽しめる要素の1つ。

 

朝に買っておいた回数券を使って移動。

都会の街歩きはラクチンだ。

 

旅にはいつも持って行く地球の歩き方

でも必ずしも旅中に持って歩いているわけでもない。

私は、結構読み物として使っている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

次は、 地球の歩き方の「はみだし」コーナーで

紹介されていた、ファラフェルを食べに、

地下鉄でマレ地区へ向かう。
 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村