「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス旅「マレ地区を歩く。ファラフェルは日曜日のパリの味?」

 2013年8月

 

この夏はフランスへ2人旅。

今回の旅のパートナーは、

どちらかというと旅には消極的な夫。

 

自称旅嫌い?の夫を連れてのフランス旅。

「旅中毒」も「自称旅嫌い?」も、

両方とも楽しめる旅にできるかな?

 

  今回の旅のプランはこちら

     ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

目次

 

歩きすぎ注意!のパリではメトロを使って

凱旋門を訪れた後は、シャンゼリゼ通りを

フランクリンルーズベルト駅まで散歩。

f:id:ariruariru:20190520000048j:plain

ここからはメトロ(地下鉄)に乗って移動する。

パリの街はついつい歩いてしまうので、

小刻みにメトロを利用しておこうと思う。

特に夏の昼間は日差しが厳しいので、

朝夕の気持ちの良い時に歩きたい。

 

パリのメトロは、全線一律料金なので

旅人でもとっても使いやすい。

同じチケットでバスにも乗れるし、

RER(エール・ウー・エール)という、

高速郊外鉄道にもパリ市内なら乗れる。

とっても便利だ。さすがの観光都市!

 

そんな情報も、「地球の歩き方」は

結構詳しく載っている。

自分の足で動きたい人向けだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

 

メトロで到着!のんびりしたマレ地区へ

マレ地区とは、サンジャック塔のあたりから

バスティーユ広場までのエリアのことで

18世紀以前のパリの建物が残る場所だ。

 

細い通りに建物が密集していて、

個性的なショップや美術館などがある。

 

風情があって、庶民的で、魅力ある

街並みが残っているエリアだ。

 

メトロのサンポール駅を上がると、

サンポール・サンルイ教会が。

パリ唯一のバロック様式の教会だ。

f:id:ariruariru:20190523224843j:plain

とっても立派でびっくり!赤い扉が印象的。

一時代はバロックが華やかだったはずだが、

パリでここだけとは。

イタリアやスペインではよく見かけるけど、

たしかにパリではないなぁ。

それもまたおもしろい。

 

 

路地歩きも楽しいマレ地区でファラフェル!

マレ地区と言えば、ユダヤ人街としても

知られるエリアだ。

 

この日は日曜日。

ヨーロッパで過ごす日曜日は、悩むことが多い。

日曜日は基本的にお休みモードなので、

レストランやお店も閉まっていることが多いからだ。

(昔に比べればずいぶん開いているようにも思うが)

 

長期の旅行なら、日曜日はのんびりしましょう!

となるか、移動日にあてるのだけど、

今回の旅は私にとってはまあまあ弾丸。

 

そこで、日曜日のパリのお気軽ランチには、

ファラフェルがいいかな?と思ってマレ地区にきた。


ファラフェルとは、ヒヨコマメやソラマメから作った

コロッケのような中東の食べ物のことだ。

マレ地区にはユダヤ人街があり、

ユダヤ料理の店が並ぶ一角もある。

 

マレ地区にある、ファラフェルのお店。

行列ができている!

 

f:id:ariruariru:20190523224854j:plain

ファラフェルのピタパンサンドイッチだ。

お肉を使っていないヘルシーなサンドイッチ。

 

パレスチナイスラエルで食べられている、

ピタパンにトマトやキュウリを挟み、

タヒーニ (ごまペースト)ソースをかけて食べるものと

ほぼ同じで、少しアレンジされているようだ。

 

揚げナスたっぷりでおいしそう!

f:id:ariruariru:20190523224910j:plain

食べてみると、けっこう味はしっかりしていて、

ファラフェルの豆の味とソースの相性がいい。

ボリューム満点!おなかいっぱい!

これはクセになる味だ。

 

マレ地区は人でいっぱい。とてもにぎわっていた。

f:id:ariruariru:20190523224904j:plain

 

大満足のファラフェルのあとは、西へぶらぶら歩く。

通りかかった八百屋の店先で搾りたての

オレンジジュースを飲んだりした。

あ~おいしい!

f:id:ariruariru:20190523224922j:plain

店先でジュースを飲んで、ちょっと歩いてから、

「あ、写真を撮り忘れた!」と思ってふり返った。

カメラを構えてハッとする。

こんな何気ない街並みもやっぱりパリ。

どこを切り取ってもパリなのだ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村