「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス旅「パリ散策は寄り道が楽しい!最古のカフェレストランで早めのディナーへ」

 2013年8月

 

この夏はフランスへ2人旅。

今回の旅のパートナーは、

どちらかというと旅には消極的な?夫。

「旅中毒」も「自称旅嫌い」も満足できる旅になるかな?

 

  今回の旅のプランはこちら

     ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

私の旅のお供、地球の歩き方

定番中の定番だけど、私の旅のスタイルにあっている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

 自分の足で歩きたい人向け。

人気のスポットよりも自分の感覚が優先。

わがままな旅人向けだ。

 

目次

 

オルセーの後は気持ちいいパリ散策!

吹き抜けの大空間がすごいオルセー美術館

久しぶりに訪れたオルセーは、

前に来た時とはずいぶん変わっていたけれど、

何度でも訪れたくなるような場所。

ariruariru.hatenablog.com

 

意外に大混雑とはならずに、結構ゆっくり鑑賞できた。

 

この日は、ノートルダム凱旋門→マレ地区→

コンシェルジュリー→オルセー美術館

 

さて、その後はぶらぶら散歩。

小径に入ると日陰ができる時間帯になった。

街歩きが楽しくなってくる時間。

f:id:ariruariru:20190527214928j:plain

何気ない場所もやっぱりパリ!

一つ一つの建物を見ると、

統一感がないようでいて

でも全体を見ると統一感がある。

 

ラ・パレットのテラス席でその気になって

分かれ道に来たら、どっちに行こうかなと適当に歩く。

なんとなくホテルの方へ向かって、

しばらく歩いていると、人気のお店。

喉が渇いたのでちょっとここで休憩。

f:id:ariruariru:20190527214943j:plain

セーヌ通り沿いにある「La palette」というお店。

雰囲気のあるカフェレストランだ。

どうやら歴史のある有名なお店のよう。

テラス席が気持ちいい。

みんな思い思いに飲んでしゃべっている。

私たちもしばらくその仲間入り。

 

と思ったら、私の相方は時差ボケ真っ最中。

そうだ、そうだ。私たちは昨日の夜に

パリに着いたばっかりだった。

 

ヨーロッパ慣れしている私は、昨晩ぐっすり寝て、

時差ボケもなく元気なんだけど、

初ヨーロッパの夫はそろそろ眠気が……という

時間帯に突入してしまった模様。

話しかけてもぼんやり。

しばらくするとウトウト……zzz。

あ~もったいない!

せっかくパリのカフェのテラス席に居るのに~。

 

最古のカフェレストランで早めのディナーへ

それならもう早めの夕食にしようということに。

前日はディナーに出かけられなかったので……

         ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

この日の夕食は、「プロコープ」というお店に決めた。

こちらも、帰り道の途中にあったお店。

 

ランチタイムから休まずディナータイムまで営業しているので、

変な時間にちゃんと食べたいときにありがたい。

 

変な時間といっても、日本ではごくごく普通の時間。

夜6時ごろの話だ。でもフランスではディナータイムは

8時以降なので、フランス的にはまだ変な時間。

 

外から見てもすでに素敵なお店!

f:id:ariruariru:20190527215037j:plain

入ってみると中も設えがすごくて、

旅の最初の夕食をとるにはちょうどよさそう。

いかにも「フランスに来た!」という感じがするから。

 

ボリュームがすごい!

がっつりお肉をいただいた!

f:id:ariruariru:20190527215016j:plain

パリで一番古いカフェレストランらしい。

中の雰囲気も素敵。

古き良き時代のパリって感じ?

f:id:ariruariru:20190527215025j:plain


お店のスタッフは、とても気さくな感じ。

服装もきにせず、ふらっと入れる雰囲気だった。

でもいざサーブを受けると、そこは一流だなと思う。

 

お肉料理にしたので、赤ワインにしようかと思ったが、

私はお酒が強くない。ワインは比較的飲めるが、

赤はすぐに酔っぱらってしまう。

夫は普段はお酒は飲めるクチだが、

時差ボケで睡魔と闘いながらの食事。

 

白ワインにしておこうか……悩んでいたら、

スタッフの方がほどよく相談に乗ってくれる。

「味のしっかりした白ワインがありますよ」などと、

いろいろ考えてスマートに勧めてくれるのだ。

 

出てきた白ワインは適度に冷やされていて温度がいい。

お皿は冷めないようにしっかり温められている。

一つ一つに感心する。

 

カジュアルな雰囲気だけど、ちゃんとしてるな。

高級店ではないからこそ、

その程よいサービスに感心させられた

ディナーになった。

 

さてさて、パリの街はまだまだ更けません。

まだまだ歩きます!

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村