「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス旅「ほろ酔いで歩くパリ!光り輝くポン・デ・ザールの南京錠」

 2013年8月

 

この夏はフランスへ2人旅。

今回の旅のパートナーは、

どちらかというと旅には消極的な夫。

旅中毒&自称旅嫌い夫婦のフランス旅。

さて、どんな旅になるかな?

 

  今回の旅のプランはこちら

     ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

私の旅のお供、地球の歩き方

定番中の定番だけど、私の旅のスタイルにあっている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

 自分の足で歩きたい人向け。

人気のスポットよりも自分の感覚が優先。

私みたいに、わがままな旅人向け。

 

目次

 

早めの夕食の後、ほろ酔いで歩くパリ

この日は、ノートルダム凱旋門→マレ地区で簡単ランチ→

コンシェルジュリー→オルセー美術館→カフェで休憩

→プロコープで早めの夕食。

 

この日の夕食は、「プロコープ」という

パリ最古のカフェレストランで。

f:id:ariruariru:20190527215037j:plain

ariruariru.hatenablog.com

 

大満足の夕食後、ほろ酔い気分の私たちは、

夕刻のセーヌ川へ歩く。

(完全に時差ボケの夫はホテルに帰りたがっていたけど)

この時間から、パリはキラキラと輝きだす。

ぼーっとした夫をかなり強引に連れ歩いて……

f:id:ariruariru:20190601213512j:plain

美しいセーヌ川界隈へ。

こちらはセーヌ川に架かるポン・デ・ザール(芸術橋)。

 

この界隈を歩くのは、この日3度目だ。

訪れる時間によってこんなにも見える景色が違う。

すべてが美しくなるマジックアワーの始まりだ。

 

南京錠が光り輝くポン・デ・ザール

ポン・デ・ザールのたもとから西を見る。

セーヌ川の対岸に見えるのはルーブル宮殿だ。

f:id:ariruariru:20190601213520j:plain

セーヌ川の手前にはバトビュスの乗り場。

バトビュスとは、セーヌ川水上バスのこと。

8つの乗船場があって、乗り降りできるようになっている。

 

夕日が西の空にだんだん傾いてきたこの時間。

ポン・デ・ザールを渡ってみる。

この橋は歩行者専用の橋。

ルーブル美術館と国立美術学校を結ぶ、

名前の通り芸術を結ぶ橋だ。

 

ポン・デ・ザールといえば、この南京錠……!

 

f:id:ariruariru:20190601213530j:plain

いろんな人の願いがキラキラ輝いて美しい。

と、ロマンティックにとらえればそんな感じ。

 

でも、世界の観光地ではこの南京錠が

さまざまな問題を引きおこしているようだ。

 

ポン・デ・ザールでは、南京錠を付けて永遠の愛を誓う。

そのカギをセーヌ川に投げ込む。というもの。

増えすぎた南京錠の重みでフェンスが倒れるとか、

鍵がかけられた南京錠の撤去が難しいとか、

管理する側すれば問題だらけ。

 

旅人のエゴとは?文句なしの眺めに感謝!

とはいえ、ここからの眺めの素晴さについては、

だれも反論ないでしょう。

f:id:ariruariru:20190601213551j:plain

南側にあるフランス学士院がまた美しい。

南京錠をかけたくなる気持ちは分かるが。

f:id:ariruariru:20190601213605j:plain

旅人のエゴを訪れた土地に残して帰りたくはない。

きっとだれもがそう思っているはず。

でも、せっかくはるばる旅に来たんだから……

という気持ちもわからなくもない。

 

その兼ね合いは大事にしなければ。

歓迎されない旅人にはなりたくないものだ。

現地にできるだけ溶け込んでその街を歩きたい。

 

何はともあれ、この日の夕陽を

ここで見送れることにまずは感謝!

f:id:ariruariru:20190601213618j:plain

涼しい風がセーヌ川を渡ってくる。

はやく帰りたがる夫をしり目に

この美しい眺めに浸る。

 

まだまだ、夜のパリの街歩きはこれから!

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村