「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス旅「いよいよ神秘の修道院へ!モン・サン・ミッシェルの復元工事に感謝!?」

 2013年8月

 

この夏は夫とフランス2人旅。

旅中毒の私の夫は、残念ながら旅が嫌いらしい。

旅が嫌いな人なんているかしら……?

私にはちょっと信じられないのだけど。

旅中毒&自称旅嫌い夫婦のフランス旅。

さて、どんな旅になるかな?

 

  今回の旅のプランはこちら

     ↓

ariruariru.hatenablog.com

 私の旅のお供、地球の歩き方

定番中の定番だけど、私の旅のスタイルにあっている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

 自分の足で歩きたい人向け。

人気のスポットよりも自分の感覚が優先。

私みたいな、わがままな旅人向け。

 

目次

 

誰が何と言おうと!憧れのモン・サン・ミッシェル

パリのモンパルナスタワーで朝食をとって、

TGVでレンヌへ。レンヌからバスに揺られ、

ariruariru.hatenablog.com

 

たどり着いたのはモン・サン・ミッシェル!!

f:id:ariruariru:20190603231007j:plain

訪れた2013年当時は、まだ工事中。

長い復元工事の途中だった。

写真の辺りはもう工事が終了している対岸だ。

 

モン・サン・ミッシェルを取り戻す!大規模な復元工事

工事が行われる前のモン・サン・ミッシェル

人工的につくられた堤防のせいで、

湾内に土砂が堆積してしまい、

ほぼ孤島ではない状態になってしまっていた。

あの湾内に浮かぶ神秘的なモン・サン・ミッシェルの姿を

見ることはできなくなってしまっていたのだ。

 

昔の姿を取り戻すための大工事だ。

2015年に完成するこの復元工事は、

私が訪れた2013年夏の時点で

ほぼ大詰めを迎えているようだった。

 

モン・サン・ミッシェルの対岸でレンヌからのバスを降り、

その周辺を少し散策してみる。

モン・サン・ミッシェルの姿を遠くに見つけると、

走り出したくなる!

近く見えるけど、まだここから3㎞先だ。

f:id:ariruariru:20190604225445j:plain

対岸にはインフォメーションセンターや

スーパーなどもある。ホテルやレストランも。

一つの街のように整備されていた。

 

スーパーで水を調達して、お土産物コーナーをのぞく。

モンサンミッシェルに到着してびっくりしたのは、

気温がパリよりずっと低かったこと。

ちょっと曇りがちなこの日。

昼間でも薄い長そででは寒いくらい。

ちょっと上着が欲しくなるような気温。

思わず、スーパーでウインドブレーカーなども物色した。

結局買わなかったのだが、実はこの日の夜に、

「買っておけばよかった……」と後悔することになる。

 

景色を堪能しながら徐々に近づく神秘の修道院

対岸からモンサンミシェルに行く方法は3種類。

徒歩か、シャトルバスか、馬車だ。

 

私たちは無難に(?)シャトルバスに乗り込むことにした。

シャトルバスだと10分で島の手前まで行くことができる。

早く島内へ行きたいという気持ちを抑えつつ、

途中のダムの停留所で降りてみた。

ここからの眺めが素晴らしいから!

f:id:ariruariru:20190610233711j:plain

クエノン河口ダムからの眺めを堪能!

ダムの力を借りて、湾内に堆積した土砂を流す。

f:id:ariruariru:20190610233734j:plain

ダムの停留所から、再びシャトルバスへ乗り込んだ。

だんだん近づいてくるモン・サン・ミッシェルに大興奮!

シャトルバスの車内も盛り上がる!

f:id:ariruariru:20190610233755j:plain

そしていよいよ真正面にモン・サン・ミッシェルが。

f:id:ariruariru:20190610233759j:plain

ジャーン!!

写真や映像でみたことのある姿そのものが

今、自分の目の前にそびえたっている。

f:id:ariruariru:20190610233805j:plain

モン・サン・ミッシェルの周辺はまだ工事中。

シャトルバスを降りた場所はこんな感じ。

元々、対岸と島とを結んでいた堤防を人々が歩いている。

f:id:ariruariru:20190610233816j:plain

そして手前に見えているのは新しく架けられた橋だ。

こちらの橋が完成すれば、この下を海水がちゃんと流れて、

湾内の潮の流れが復活することになる。

すばらしい!この復元工事に感謝!

 

このタイミングがベストタイミング!(私にとっては)

まさにその工事の真っ最中に訪れた今回の旅。

f:id:ariruariru:20190610233850j:plain

このタイミングで行ったからこそ、元々の様子も分かり、

どのような工事をしようとしているのかも分かった。

 

このタイミングでモン・サン・ミッシェルを訪れたこと、

「工事が終わってから行けばよかったのに」と

言われたりもしたけど、私はやっぱりそうは思わない。

このタイミングは、私にとっては得した気分!

 

あ、でも自称旅嫌い(?)の夫にとっては、

「え~せっかく来たのに工事中!?」

という感想だったらしい。

やっぱり、私がおかしいのかな……?

 

大丈夫。工事がちゃんとすべて終わって、

海に浮かぶ昔の姿を取り戻したモン・サン・ミッシェルを、

また改めて訪れる気満々です。

 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村