「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

デンマーク&ドイツ&スイス旅「コペンハーゲンの短い夏を楽しむ!活気あふれるニューハウンと大満足の食事!」

2016年8月

 この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒをめざす旅だ。

 

いつも通り、旅のお供は地球の歩き方

   


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にまず熟読。

    


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ! 

 

目次

 

 活気あふれるニューハウン!コペンハーゲンらしい景色!

デンマークの首都コペンハーゲンの街歩き。

クルーズでその個性的な街並みを運河から楽しんだ後、

やってきたのはニューハウン。

ariruariru.hatenablog.com

 

ニューハウンとは「新しい港」という意味。

カラフルな建物がぎっしりと建ち並ぶニューハウン。

お天気もよくなって青空がまぶしい。

f:id:ariruariru:20190723210357j:plain

 かのアンデルセンも愛したというこの港は、

コペンハーゲンでいちばん有名な景色だと思う。

アンデルセンは、童話作家としてデビューした頃と晩年を、

ここニューハウン67番地で過ごしたそうだ。

運河沿いには今も、アンデルセンが暮らした赤い家が残っている。

 

現在は港町というよりも、カフェやレストランの並ぶ界隈。

でも船が行き来する様子や、カラフルな建物が並ぶ様子は、

まさにコペンハーゲンの風景そのものだ。

この景色がコペンハーゲンだとは知らなくても、

だれもが一度は何かで見ている風景だろう。

 

しかし……。溢れかえる人々の群れ!

だれかが運河に落ちてしまうのではないかと思うほど。

 

f:id:ariruariru:20190723210407j:plain

私たちが待ち時間ゼロで朝に乗った運河クルーズも、

昼が近づくにつれ、こんな感じに。

 

まさに人であふれかえるニューハウン!

でも気持ちいいー!お祭りみたいな雰囲気だ。

f:id:ariruariru:20190723210426j:plain

北欧の夏は短い。

この短い夏を存分に楽しもうとしている感じだ。

心待ちにした短い夏を、一瞬も無駄にしないように。

 

クレパスの箱を開けた時みたいなカラフルな建物が並ぶ。

冬は雪と氷で真っ白な世界が広がっているのだろう。

まさに夏の青空の下、今がもっとも華やかな時なのだ。

f:id:ariruariru:20190723210441j:plain

f:id:ariruariru:20190723210500j:plain

蒸し暑い日本の夏を脱出して、

涼しさを楽しみに訪れた北欧デンマーク

でもそこで感じたのは、夏を心待ちにしている様子。

北欧を冬に訪れたことはないけど、

少し冬の厳しさを想像できたような気がした。

 

コペンハーゲンの夕食は老舗のレストランへ!

コペンハーゲンの街歩きを楽しんだあとは、

駅近のホテルでゆっくりしてから、

のんびり夕食へ出かけてみる。

 

コペンハーゲンは本当に美しい街だ。

陽が傾いてきた街並みもまた雰囲気があって素敵。

f:id:ariruariru:20190723210612j:plain

コペンハーゲンの短い滞在。夕食は老舗へ行ってみる。

予約せずに訪れたので、どうかなーと思ったけど、

早めの来店でなんとか入店できた。

 

夏のヨーロッパは陽が長いので、みなさん夕食が遅め。

北欧はなおさらだ。しばらく滞在していると

地元時間で動くように自然となるのだけど、

まだ滞在してからわずかな日本人としては

7時をまわると夕食へ行きたくなってくる。

もちろん、お腹もその仕様で空いてくるので……。

 

訪れたのは、1750年から店を構えるという歴史ある老舗。

歴史のある店だが、雰囲気はいたってカジュアル。

「プック」というお店だ。

www.tripadvisor.jp

 

まずはビール!

カールスバーグってデンマークのビールだったんだ!

f:id:ariruariru:20190723210628j:plain

ふだんビールを飲まない私はその事実にびっくり!

それは飲まねば。

TUBORGもデンマークのビール。

 

お料理は、デンマークの伝統的なもの。

f:id:ariruariru:20190723210639j:plain

全体的に塩コショウは薄めで、素材の味を大事にしたお料理。

そしてハーブづかいがデンマークらしさを感じる。

濃度の高いソースも北欧らしい感じ。

 

ダイナミックさに素朴さがミックスされているような。

これはお料理だけでなく、デンマークの何もかもに感じる特徴だ。

建物も、街自体も、デンマークの人々も、

ダイナミックさと素朴さを感じる。

 

ダイナミックさと素朴さが共存する街とコーヒー

大満足の夕食のあと、歩いてぶらぶらホテルへもどる。

空はまだうっすら明るい。北欧の夏の夜。

f:id:ariruariru:20190723210701j:plain

ダイナミックな建物が並ぶ美しい街並み。

でも飾らない素朴さを感じる。

 

帰り道にある「Irma」のスーパーでコーヒーを買って、

ホテルでほっこり食後のコーヒー。

f:id:ariruariru:20190723215405j:plain

「Irma」とはデンマークのオーガニックスーパーで

コペンハーゲン市内にも何店舗かある。

おしゃれなグッズなどが日本でも人気らしい。

今回の旅でも何度もお世話になった。


簡単にコーヒーがかえる環境がうれしい。

物価の高いデンマーク

カフェで席についてコーヒーをのんだら

日本の3倍くらいになってしまう。

スーパーのテイクアウトなら日本と変わらないお値段。

 

おいしいコーヒーと静かなホテル。

コペンハーゲンは、長期滞在したくなる街だ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村