「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

デンマーク&ドイツ&スイス旅「内陸なのに港町?ハンブルクってどんな街かな?」

2016年8月

 この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒをめざす旅だ。

 

(いつも通り、旅のお供は地球の歩き方。)


 


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にいつも熟読。


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ!

現在、ドイツのハンブルクに滞在中。

 

目次

  

内陸なのに港町?ハンブルクってどんな街かな?

 デンマークコペンハーゲンを出発し、

ドイツのハンブルクへ到着。

 途中、列車ごと船に乗るという、

ちょっと変わった鉄道旅。

乗ってみたいと思っていた路線。

楽しい時はあっという間だった。

ariruariru.hatenablog.com

 

到着したドイツのハンブルクは、

ドイツ北部を代表する港町。

しかし、地図を見ると、海からは結構遠い。

内陸なのに港町?

 

そう、この街は内陸なのに確かに港町なのだ。

ハンブルクはドイツ最大の港町。

北海からエルベ川を100キロほどを

さかのぼったところにある河川港である。

https://www.instagram.com/p/Bhd2jm9n-7E/

ハンブルクの街角。

近代的な建物と隣り合わせで歴史的な建物が並ぶ。

何の違和感もなく、調和した状態で。

 

ハンブルク中央駅は、

いかにもヨーロッパの駅舎らしい!

到着したとたんにどこかへ旅に出たくなっちゃう。

https://www.instagram.com/p/BfnCfRtHPX3/

ハンブルグ駅。

ヨーロッパの駅舎は誰をも旅人にする。

どこへでも行けそう。 

 

雨に洗われる街さえ美しくて 

 南ヨーロッパの夏は地中海性気候で乾燥しているが、

北ヨーロッパハンブルクでは雨に見舞われた。

ほとんど毎日が曇り空。

ハンブルク滞在初日には大雨に降られて……。 

https://www.instagram.com/p/BfQVVS8HGhZ/

大雨に降られて足止め。夏なのに寒くて震える。

どうやってホテルまで帰ろうか思案に耽りなからも、

雨に洗われる街に見とれてしまう。 

https://www.instagram.com/p/BfLEJWPHNRB/

夏の北ドイツは天気の変化が目まぐるしい。

急に降りだしてきた雨に郵便屋さんの自転車が濡れる。

旅の途中でちょっと一息入れるのに

ちょうど良い街かもしれない。

 

港町の自由な雰囲気を満喫!

 河川港のハンブルクだが、雰囲気はさすがの港町だ。

港町の利点。

レストランなども各国料理の店が並び、

雑多な雰囲気だが、そこが楽しい。 

https://www.instagram.com/p/Bhd1yFFHOwF/

気持ちの良いカフェ。

ハンブルクの街は港町の活気と

下町のような風情があって過ごしやすい。 

https://www.instagram.com/p/Bf5Jc8znFdi/

移動から移動の間に訪れたハンブルク

そこには居心地の良い、

旅人を受け入れてくれる懐の深い雰囲気が漂っていた。

旅人の肩の力を抜けさせてくれるような街。

目的地ではなく、通りすがりの街としてパーフェクトだ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村