「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!印象派ギャラリーに大興奮!<パリのオルセー美術館>」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅へ。

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

モンパルナスタワーでの朝食後、オルセー美術館

オルセー美術館は、ルーヴル美術館と並び

パリを代表する美術館で、ゴッホゴーギャンセザンヌ

ルノアール、モネ、マネ、ドガなどの印象派

写実主義の傑作が「これでもか!」というほど展示されている。

とても有名な絵画がたくさん展示されているので、

美術が特に好きというわけではなくても大丈夫。

学生時代の美術の教科書などで、

だれもが一度は観たことがある作品だらけなのだ。

 

まず急いで訪れたのは5階!

焦る気持ちを抑えつつ、階段とエスカレーターで

5階に駆け上がった。

最初に魅了されたのは、絵画ではなく

大時計からカフェエリアに入ってくる「光」だった。

f:id:ariruariru:20190905223235j:plain

オルセー美術館内には、2つのカフェと1つのレストランがある。

5階にあるカフェは、「ル・カフェ・カンパンナ」。

オルセー美術館のシンボル的存在の大時計の裏にある。

まだオープン前で準備中だった。

 

オルセー美術館は所蔵の作品だけでなく、

こういう空間自体も見どころだと思う。

カフェの前を通り過ぎ、その先に広がるエリアは、

印象派のギャラリーだ。

 

印象派ギャラリーに大興奮!

誰もが知るような有名な絵画が、ところ狭しと並んでいる!

 

ルノワールの「ピアノに寄る少女たち」

f:id:ariruariru:20190905223303j:plain

子どものころ、通っていたピアノの先生のお部屋に

飾ってあったと懐かしんでいると、

連れの友人が通っていたピアノ教室にもあったという。

確かにピアノ教室に飾りたくなる絵画だ。

 

ルノワールムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」

f:id:ariruariru:20190908151706j:plain

ルノワールの絵画は、どこからか光が差し込んでいるよう。

やわらかくて眩しい。

 

★モネ「睡蓮」

f:id:ariruariru:20190905223348j:plain

モネの「睡蓮」はいろいろなところで見たけど、

このそうそうたる印象派ギャラリーの中でも存在感がすごい。

オランジュリー美術館に初めて行った時の感動は

今でも忘れられないが、先日、東京の国立西洋美術館で見た

「睡蓮」も大感動だった。

モネの絵を見ると、いつも色と色の融和と重なりの虜になる。

 

印象派ギャラリーには、これでもか!という数の作品が並ぶ。

f:id:ariruariru:20190905223401j:plain

★モネ「日傘をさす女性」

f:id:ariruariru:20190905223415j:plain

柔らかい光に気持ちもほっこり。

 

★モネ「サン・ラザール駅」

f:id:ariruariru:20190905223437j:plain

初めて観た時、感動のあまり、実際のサン・ラザール駅を見に行った。

サン・ラザール駅は、パリの北部にあるターミナル駅だ。

 

段々人が増えてきた。日本人を含むアジア人が多い。

私も含めて、日本人は印象派好きが多いと思う。

ヨーロッパの憧れを表したような絵画が多いからだろうか。

f:id:ariruariru:20190908153609j:plain

 

私が子どものころ、読売新聞の日曜版には

絵画が紹介されるコーナーがあった。

何の知識もなく、ただただ感覚的に「素敵だな」と思って

切り抜いたいくつかの作品。

 

それは私の勉強机の前にその後何年も飾ってあった

コローの「マントの橋」だったり、

ユトリロがモンマルトルを描いたものだったり、

セザンヌやモネ、ルノワールだった。

自分が幼い時から適当に集めたものが、

すべてフランスのものだったと認識したのは、

高校生になってからのことだった。

そんな私にとって、オルセー美術館はまさに「夢の世界」だ!

 

大時計から眺めよう!パリの街を!

印象派ギャラリーを西から東へ進んでいくと、

東側の大時計の裏へ出る。

時計の隙間から見えるパリの街がまた素敵!

見えているのは、セーヌ川の向こうのルーブル宮殿だ。

f:id:ariruariru:20190905223501j:plain

この大時計は、オルセー美術館のシンボル的存在だ。

オルセー美術館の建物は、もともと駅舎だったもの。

その名残を色濃く残すのがこの大時計だ。

 

時計の隙間から入ってくる光が美しい!

f:id:ariruariru:20190905223515j:plain

セーヌ川の向こうには、チュイルリー公園と観覧車。

f:id:ariruariru:20190905223531j:plain

あまりにも有名すぎる絵画に囲まれて、

頭と心が処理しきれなくなってしまった時に、

ちょうどこの大時計の空間に出る。

時計の隙間からパリの街を眺めてちょっと一息。

 

もう一度、じっくり眺めたい作品の元へもどる。

焦りは禁物。オルセー美術館を堪能しよう。

 
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村