「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!一日しかないパリ。オルセーから歩いてみよう!」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅へ。

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

一日限りのパリを満喫中!

この日は、朝からオルセー美術館を楽しんだ。

ariruariru.hatenablog.com

 美術館内のレストランでランチを食べて、

美術館をもうひと周りしてからパリの街歩きへ。

ariruariru.hatenablog.com

 

今回の旅では、パリの滞在は一日限り。

どうしても行きたいところだけを厳選した一日だ。

 

オルセー美術館の外観。

オルセー美術館はもともと駅舎だった建物。

東西にある印象的な大時計が

駅舎の名残を感じさせる建物だ。

f:id:ariruariru:20190929211536j:plain

f:id:ariruariru:20190929211548j:plain

9月24日からはドガの企画展が始まる模様。

それも見てみたい。

f:id:ariruariru:20190929211558j:plain

セーヌ川に架かるロワイヤル橋を渡る。

西を眺めると、オルセー美術館

f:id:ariruariru:20190929211611j:plain

 ちょうどセーヌ川のクルーズ船がやってきた。

セーヌ川のクルーズ船は何種類かが走っていて、

どれを選ぶかはお好みしだい。

右のようなオープンなのもあれば、

左のような覆われたタイプのものも。

左の船はランチクルーズ船のようだった。

f:id:ariruariru:20190929211624j:plain

 橋を渡って振り返るとオルセー美術館がどーんと。

f:id:ariruariru:20190929211648j:plain

 オルセー美術館からロワイヤル橋を渡ると、

そこはチュイルリー公園とルーヴル宮殿だ。

 

パリのど真ん中!カルーゼル凱旋門とルーヴル界隈

何度も来ているエリアだけど、意外なことに

ロワイヤル橋を渡ったことはなかったようだ。

橋から眺める風景の角度が新鮮。

 

チュイルリー公園に入ると、急に人がたくさん。

チュイルリー公園はかつて宮殿の庭園だったところ。

公園の中央を東に進むと、カルーゼル凱旋門がある。

f:id:ariruariru:20190929211710j:plain

 カルーゼル凱旋門は、ナポレオンの勝利を記念して建てられた。

しかしナポレオンはこの凱旋門に満足せず、

あの有名な凱旋門が新たに建てられたという。

f:id:ariruariru:20190929211723j:plain

 カルーゼル凱旋門から一直線上に凱旋門がある。

その途中にはコンコルド広場、シャンゼリゼ通りが、

凱旋門の向こうには、副都心のラ・デファンス。

背中にはルーヴルのピラミッドが控えている。

f:id:ariruariru:20190929211740j:plain

 私たちはルーヴルには入らず、ピラミッドを横目に見ながら

門を北側へ抜ける。

f:id:ariruariru:20190929211757j:plain

f:id:ariruariru:20190929211809j:plain

人も多いし、車も渋滞中。排気ガスがすごい。

はやくこの辺りを抜けたくて速足で東へ。

f:id:ariruariru:20190929211832j:plain

 

パレ・ロワイヤル広場へ

「パレ・ロワイヤル・ミュゼ・ドゥ・ルーヴル駅」

メトロの駅の入り口が素敵だ。

f:id:ariruariru:20190929211855j:plain

アール・ヌーヴォーのデザインの駅の入り口。

かつて1900年ごろに作られたこのデザイン、

オリジナルのものは少なくなってきているようだが、

見つけるとうれしくなる。

 

初めてパリに来た時には、何百枚ものポストカードを

お土産に買って帰った。

それはすべてパリの街を撮った写真だった。

その中にはメトロの入り口を撮ったものも。

f:id:ariruariru:20190929220448j:plain

 

旅の中で写真の場所を探したり。

偶然見つけたら、とてもうれしくて。

 

ポストカードが、その時の私のガイドブック代わりだった。

なんだかその頃は、今よりももっと自由に旅をしていたな。

そのころの自分にもどって旅をしたくなった。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ