「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!パレ・ロワイヤルからパッサージュを通って。パリらしく過ごす」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅へ。

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

  

不思議なオブジェに心惹かれるパレ・ロワイヤル!

ルーヴル宮殿の北側のエリアへ。

一日しかないパリ滞在、いろいろ考えたけど、

行きたかったのはパレ・ロワイヤルだった。

 

もともとルイ13世の宰相リシュリューが、

自分の館として建てた建物で、のちにルイ13世に贈られた。

ルイ14世も暮らしたことから、「王宮」(パレ・ロワイヤル)と

呼ばれている。

建物内部の見学はできない。

私のお目当ては、パレ・ロワイヤルの中庭だ。

中庭の南側は、この印象的な白黒のオブジェがある。

f:id:ariruariru:20191001234939j:plain

この遠近感を狂わせる何とも言えない不思議空間。

建物との調和がとれているような、とれていないような。

よくわからないけど、このちょっとシュールな雰囲気が好き。

f:id:ariruariru:20191001234949j:plain

パレ・ロワイヤルの美しい回廊。

よく撮影などにも使われるようだ。

f:id:ariruariru:20191001235006j:plain

パレ・ロワイヤルには気持ちの良い広い緑の空間も!

少し曇っているこの日でも、日中は暑いパリ。

「ヨーロッパに熱波到来」というニュースを聞いて、

おそれていたほどの暑さではないけど、

木立の木陰が気持ちいい時間帯だ。

(午後2時ごろ)

f:id:ariruariru:20191001235018j:plain

f:id:ariruariru:20191001235028j:plain

立派な噴水もあって、時間さえ許すならば、

ここでのんびりベンチに座っておしゃべりでもしていたい気分。

f:id:ariruariru:20191001235044j:plain

しかし残念ながら、本日の私たちにはそんな時間はない。

 

なぜパリが1日しかないのかというと、

今回の旅のプランは、フランスのボルドーから

列車でスペインのバスク地方へ向かうのがメインだから。

パリはあくまで「おまけ」にすぎないのだ。

 

こんなプランになった経緯はこうだ。

日本からパリの直行便がとれた。

でも、到着したその日のうちにボルドーへ移動する

TGVに乗るのは時間的に不安だ。

パリの空港は市街地から比較的遠いし、交通渋滞もひどい。

(実際、今回の旅ではそのひどさを痛感…。)

ariruariru.hatenablog.com

 

だからパリで1泊することにした。

どうせ1泊するなら、ちょこっとパリ観光も。

という具合で、慌ただしいパリの街歩きを敢行中というわけだ。

 

 19世紀のパリへタイムスリップ!パッサージュを歩く

 パレ・ロワイヤルの中庭を北側に抜けると、

近くにギャルリー・ヴィヴィエンヌがある。

 

パリの街には、18世紀末から19世紀前半にかけて

ガラス屋根に覆われたアーケード街がたくさんつくられた。

それを「パッサージュ」と呼んでいる。

その後、大型デパートなどの出現で、たくさんあった

パッサージュはどんどん数を減らしていくが、

現在でも当時の雰囲気を忍ばせるものがいくつか残っている。

その一つが、このギャルリー・ヴィヴィエンヌだ。

f:id:ariruariru:20191001235100j:plain

古き良きパリの街を思わせるパッサージュの内部。

美しいモザイク床に、天井から降り注ぐ光が美しい。

 

二十数年前に初めてパリを訪れた時、

地球の歩き方」に特集されていたパッサージュの記事を

熟読して、パッサージュめぐりをした覚えがある。

パッサージュを歩くことを目的に訪れたのだ。

 

パッサージュの中に軒を連ねるお店はどこも雰囲気がある。

格式高い雰囲気の店や、落ち着いた専門店が並ぶ。

19世紀にタイムスリップしたような空間。

二十数年前の私には、ちょっと大人過ぎた。

お店に入るのもドキドキ。結局、パッサージュの中では

何も買えず、パッサージュの前に出ていた

露店でポストカードを買った覚えがある。

 

二十数年経って、パッサージュに似合う大人になれたかな?

f:id:ariruariru:20191001235115j:plain

f:id:ariruariru:20191001235129j:plain

どうやら、まだまだ私には早かったようだ。

 

いつか、パリのパッサージュに溶け込めるような

雰囲気のある大人になりたいと、心のどこかで思っている。

二十数年前も、今も。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ