「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!快適TGVで念願のボルドーに到着!ボルドーのホテルは?」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

快適TGVでパリからボルドー

パリからTGVでボルドーへ。

あっという間の2時間。

この日のさまざまなバタバタも、

静かで快適な鉄道旅で、気持ちがリセット。

  

  ドタバタの原因はこちら……

     ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

初めて訪れるボルドーへの期待感があふれる。

 

2階建ての車両の2階にある1等席。

眺めもいいし、快適な旅だった。

ボルドー駅に到着する直前、

ため息が出るような美しい風景が車窓から見えた。

歓迎されている気分!

f:id:ariruariru:20191012151613j:plain

だいたい時間通り、夜の9時少し前に到着。

夏のフランスでは、ちょうど日が沈む直前だ。

 

ボルドーは、世界的なワインの産地として知られる。

世界遺産には、「月の港 ボルドー」として登録されている。

ボルドーは海に面してはいないが、川の良港として栄えた。

ガロンヌ川に面して三日月のような形で街が形成されている。

 

訪れたいと思ってから、はや数年。

ようやく訪れることができた。

 

TGVがボルドー中央駅に到着。

乗ってきたTGVはボルドーが終着地なので、

全員の乗客が列車から吐き出されていく。

f:id:ariruariru:20191012151621j:plain

ボルドーの駅舎は、昔ながらの駅舎を利用しながら、

中は近代的に改装されていた。

駅舎に西日がちょうどあたって、気持ちの良い夕刻だ。

f:id:ariruariru:20191012151626j:plain

 

ボルドーのホテルは便利な駅前!ホントに目の前!

ホテルは駅の目の前にとった。

ボルドーでは3泊する。

ボルドー滞在中は、ワインの産地サンテミリオンを訪れたり、

ワインのシャトーを訪れるツアーに参加する予定なので、

ホテルで過ごす時間は少ないと見積もって、

便利な立地を優先して駅前のリーズナブルなホテルを選んだ。

 

「イビス・ボルドー・サントルガール・サンジャン・ユーラトランティーク」

というホテル。なんて長い名前!

外観はこんな感じ。フランスらしい素敵な建物の一部がホテルになっている。

(写真は翌日の朝に撮ったもの)

f:id:ariruariru:20191012151707j:plain

名前の通り、イビスグループのホテルだが、

お値段はかなりリーズナブル。

パリのホテルのだいたい半額くらいだった。

 

www.booking.com

 

ホテルはだいたいbooking.com 

比べ安いし、料金が分かりやすくて便利!

 

ホテルの部屋からは、目の前に駅舎が。

本当に目の前だ。

f:id:ariruariru:20191012151634j:plain

部屋は広くはないけど、十分だ。

中はモダンに改装されているよう。

f:id:ariruariru:20191012151643j:plain

窓からは駅舎全体が見える。

横に長い駅舎だ。駅舎の前には近代的なトラム。

このトラムがボルドーの街では大活躍らしい。

f:id:ariruariru:20191012151648j:plain

 

ホテルの立地と旅のプラン

ボルドーの街の中心地は、駅から少し離れている。

私たちはTGVで到着し、サンテミリオンへも列車で行く予定。

またスペインへも再びTGVで移動する予定なので

駅前に宿をとったが、街の中心地へは駅から2㎞ほど。

 

トラムを使って街中へ行ってという計画を立てていたら、

なんとちょうど私たちが訪れた時、

駅から街へ向かうトラムは運休中という。

なんか、タイミング悪いな。。。

 

写真に写っていた現代的なトラムも、

南から駅までは走っているのだが、

駅から市街地へ向かう北側が運休中。

 

結局は代替バスが走っていたので、

そんなに困ることはなかったが、

どんな過ごし方をするかによって

どこに宿をとるべきかが変わってくる。

立地はやっぱり大事だ。

 

そして、もちろん人それぞれの好みがある。

ヨーロッパでは、ヨーロッパらしい建物の

ホテルに泊まるのが好きだ。

もちろんアメリカンタイプの大規模な

ホテルが便利な時もある。

私はこじんまりした、昔ながらのホテルの雰囲気が好きだ。

ボルドーで泊まったホテル。外観は昔ながらの雰囲気)

f:id:ariruariru:20191012151827j:plain

 ボルドーのホテルは、部屋が狭かったり、

クローゼットがなかったりと不便な点もあった。

でも、駅前の立地やカジュアルで気軽な雰囲気、

さらにはリーズナブルなお値段は魅力的。

トータルで見れば、期待以上のホテルだった。

 

旅のプランをしっかり見極めてホテルを選ぶ。

快適な旅には欠かせない。

今回のボルドーは、そういう意味では成功だ。

さて、ボルドーを楽しもう。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ