「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!「プチ・トラン」はサンテミリオン初心者にうってつけだ!」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

「プチ・トラン」という選択

パリからボルドーへ入った翌日。

列車と代替バスを乗り継いで、サンテミリオンへやってきた。

ariruariru.hatenablog.com

 

駅からいそいそと歩いて到着したのは、

「プチ・トラン」という観光用の汽車型の車の発着点。

遊園地の乗り物みたいでかわいらしい。

ホントに汽車みたい!

f:id:ariruariru:20191012223751j:plain

観光地ではよく見かける観光用のものだけど、

実はこういう、いかにも観光用の何かが大嫌いな私。。

都会の街中を走る観光バスなどをみかけるだけで、

歩けばいいのに!歩いたらもっと素敵なものに出会えるのに!

とついつい思ってしまう。

でも今回、サンテミリオンではこれをチョイスした。

 

サンテミリオンをどう楽しもうかと事前に考えた時、

まずはサンテミリオンで何がしたいかを整理。

 

その1、せっかくワインの本場サンテミリオンに行くのだから、

    シャトーの見学に行ってみたい。

    (ただし、翌日にマルゴーのシャトーめぐり半日ツアーに

     申し込んでいるので、そんなに本格的でなくてもよし。)

その2、世界遺産の街だから、自由に歩きまわりたい。

    ランチも食べたい。

その3、ツアーの団体行動は苦手なので、個人で行きたい。

 

という、やりたいことリストを叶える方法を探していたら、

この「プチ・トラン」、なんと途中下車して、

シャトー見学できるチケットがあるというではないか!

 

train-des-grands-vignobles.com

 

サンテミリオンに訪れる人の多くは、おそらく車でやってくる。

シャトーは丘の上に点在していて、歩いてまわるには遠すぎるから。

駅にはタクシーも停まっておらず、交通の問題が

どうしてもつきまとう田舎町サンテミリオン

 

そんな足のない私たちにとって、うってつけの方法が

「プチ・トラン」だった!しかも安い!!

「プチ・トラン」にシャトー見学が付いてなんと11€!

1時間20分でシャトー見学と丘を一周できるというもの。

 

「プチ・トラン」だけだと7€で35分くらい。

シャトーを4€で見学できる!?お得だー。

 

さらに、ちゃんとオーディオガイドが付いている。

日本語もある!サンテミリオン初心者には完璧だ。

早速、チケットを購入し乗り込んだ。

f:id:ariruariru:20191013101951j:plain

 

いざ、シャトーの丘へ出発!

この日は本当にいいお天気だ。

10時半のプチトランに乗って出発!

だいたい1時間に1本くらい運行されている。

 

プチ・トランに気持ちの良い風が入ってきて

なんて爽やか!優雅な気分!馬車も走っているし。

 

f:id:ariruariru:20191013101958j:plain

駅から20分ほどを結構なスピードで歩いてきたので、

のんびりプチ・トランで移動できるのがうれしい。

 

プチ・トランは、サンテミリオンの丘に広がるシャトーの間を

抜けるようにして、ぐるっと一周している。

緑の絨毯のような丘をオーディオガイドの説明を

聞きながらゆっくりまわる。のどかだ。

f:id:ariruariru:20191013102003j:plain

f:id:ariruariru:20191013102007j:plain

各国語をチャンネルで選べるオーディオガイド、

実はそんなに期待してなかったのだが、

両側に広がるシャトーの成り立ちなどもちゃんと

説明してくれて、初心者にはありがたい。

f:id:ariruariru:20191013102015j:plain

ガイドに耳を傾けながら、ぼんやり緑の丘を眺める。

気持ちいいなぁ。気温はぐんぐん上がってきたけど

日陰は心地いい。風も気持ちいい。

f:id:ariruariru:20191013102022j:plain

プチ・トランの乗客の数もちょうどよい。

満員では窮屈だし、ガラガラだと寂しいけど、

座席数の半分くらいの乗車率。

f:id:ariruariru:20191013102040j:plain

 

静かな丘に佇むシャトーに到着!

気持ちよく、このままこの時が続いたら

ついついウトウトしてしまいそうになったころ、

「シャトー・ロシュベル」の文字が見えた。

f:id:ariruariru:20191013102103j:plain

こちらが、途中下車してお邪魔できるというシャトーだ。

気持ちの良い丘で途中下車。

 

もちろん、プチ・トランだけのチケットの人は、

このままトランに乗って一周する。

 

シャトーに寄るチケットを買った人だけが下車した。

f:id:ariruariru:20191013102123j:plain

下車したのは私たちも含めて7名程。

 

本気のワイン好きや、ワインに詳しい人は

見学したいシャトーを予約して行くだろう。

 

こんなプチ・トランにおまけ(?)でついているような

シャトー見学は、私たち初心者向けに違いない。

そう思って気楽に参加できた。

f:id:ariruariru:20191013102117j:plain

シャトー見学っていうと、なんか敷居が高い気がして、

ちょっとしり込みしてしまうけど、

途中下車して45分間ほどのシャトー見学をして、

また次のプチ・トランに乗り込むという気軽さ。

本当に、私たちにちょうど良かった!

 

大満足のプチトラン&シャトー見学に続く。

 
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ