「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!シャトーだらけの丘に中世の街並み。サンテミリオンの魅力は計り知れない」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

再び大満足のプチ・トランに乗車

パリからTGVでボルドーへ。

その翌日、列車と代替バスを乗り継いで

世界遺産の街サンテミリオンにやってきた。

ariruariru.hatenablog.com

 

お得なプチ・トラン+シャトー見学の真っ最中。

ariruariru.hatenablog.com

 

プチ・トランを途中下車して、

シャトーロッシュベルでの見学と試飲を終えて、

再びプチ・トランへ乗車する。

f:id:ariruariru:20191013134207j:plain

シャトーロッシュベル、さようならー。

想像以上に、楽しくて勉強になるシャトー見学だった。

本当にブドウからつくっている人に話を聞けて。

 

再び、サンテミリオンの丘に広がるシャトーをまわる。 

f:id:ariruariru:20191013134216j:plain

プチ・トランにはオーディオガイドも付いていて

本当にお得!

プチ・トラン乗車に、オーディオガイドに、

シャトー見学に、ワインの試飲までついて11€!

f:id:ariruariru:20191013134222j:plain

 どこまでも続くブドウ畑!

f:id:ariruariru:20191013134229j:plain

 

丘の上からの美しい眺めにため息

プチ・トランは汽車の形をしているけれど

もちろん車なので、丘陵地に広がるブドウ畑の中を

縦横無尽に走り回ることができる。

いつの間にか、丘の上まで来ていた。

素晴らしい眺め!

f:id:ariruariru:20191013134240j:plain

普段はあまりこういう観光客向けの車には乗らないけど、

今回は本当にプチ・トランにして良かった!

大満足! 

f:id:ariruariru:20191013134252j:plain

 時計回りにぐるりとサンテミリオンの丘をまわる。

さらに駅のそばまで南下して、シャトーの間を走って

f:id:ariruariru:20191013134305j:plain

街のそばまで戻ってきた。

朝は街を急ぎ足で歩いただけだったので、

改めてこんな街だったのかと確認。

f:id:ariruariru:20191013134326j:plain

 ここまで戻ってくると、はやく街を歩きたくなってくる。

プチ・トランは、朝に出発した街の北側にある駐車場へ。

 

サンテミリオンの街歩きへ出発!

さてここからは、サンテミリオンの街歩きへ。

1時間20分のプチ・トラン&シャトー見学をしているうちに、

街には人があふれていた。

f:id:ariruariru:20191013143156j:plain

かわいい中世の街並みに、人がたくさん歩いている。

いくつもの丘が合わさったような地形に位置する

サンテミリオン。道はすべてが坂道だ。

f:id:ariruariru:20191013143206j:plain

f:id:ariruariru:20191013143213j:plain

f:id:ariruariru:20191013143222j:plain

街の中心へ向かってみる。狭い道に人がたくさん!

レストランからは美味しいそうな香りが漂ってくる。

まだランチには早いけど、もうお腹が空いてきた。 

 

モノリス教会の塔と、サンテミリオンの魅力

視界が開けたと思ったら、目の前に大きな塔が!

f:id:ariruariru:20191013143251j:plain

こちらはモノリス教会の塔だった。

 

モノリス教会とは、9世紀に建てられた教会。

モノリスとは一枚岩という意味で、

一枚岩を掘って作られたという教会だ。

 

もともとサンテミリオン街の発祥は、

8世紀に聖エミリオン(サンテミリオン)が

隠居生活のためにこの辺りに居を構えたところから。

その弟子たちがモノリス教会を築いたとされている。

 

つまりは、サンテミリオンで一番古く、

一番大切な場所ということ。

f:id:ariruariru:20191013143258j:plain

 

この塔の脇から眺めるサンテミリオンの街が

すばらしく美しくて、いつまでも眺めていられそう。

f:id:ariruariru:20191013143311j:plain

漠然と憧れるヨーロッパの田舎町の風景。

中世の街並みが色濃く残るサンテミリオン

 

サンテミリオンは小さい街だから

3時間もあれば十分観光できる」とか、

書いてあるガイドブックもあったけど、

いやいやどうして、もったいない!!

 

今回、私たちはボルドーから日帰りで訪れたが、

次回はサンテミリオンで宿をとってもいいかなと

思うくらい、素敵な街だった。

 

日帰りの観光客が多いサンテミリオン

観光客の少ない、早朝や夕方以降が、

きっと静かでサンテミリオンの本当の

魅力があふれるに違いない。

 

静まり返った街に朝日が差す光景や、

真っ暗になった街に明かりがともる光景。

想像するだけで、また訪れたくなる。

 

でも、今回は日帰り旅の私たち。

街歩きをしながら、ランチをいただくお店を探そう。

この街の、のんびりした雰囲気を楽しみつつ。
 
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ