「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!サンテミリオンで食べる!お気軽ランチなのに味わいは本格的だ!」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

 坂道だらけのサンテミリオン!坂道の途中で

この日は朝からサンテミリオンを訪れている。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

ボルドーから電車とバスを乗り継いで到着した

世界遺産の小さな街は、とても魅力的だ。

 

街の中心地(といってもすごく狭い)で

ランチできそうなところを探す。

f:id:ariruariru:20191026103722j:plain

 このものすごい坂道の途中に、気になるお店を発見。

f:id:ariruariru:20191103221346j:plain

ブロックの土台を見ると、この坂道の傾斜がよく分かる。

店の前のメニューを読もうと思っても、

体がだんだん坂道の下へ引っ張られてしまう感じ。

 

でもとっても雰囲気が良さそうだし、お値段も手ごろだし、

何よりお店の中から美味しそうな匂いが漂ってくるので

このお店に決定!

 

お気軽ランチなのに…味わいは本格的だ!

中へ入るととても狭いお店だったが、

設えも田舎のビストロのような雰囲気でホッとできる。

メニューは、前菜・メイン・デザートかチーズを

それぞれ3~4種類からチョイスするお手軽ランチコースにした。

 

そしてせっかくのサンテミリオンなので、

もちろん美味しいワインも。

グラスワインから、何にでも合いそうな白を。

しっかりした味わいのフルーティなワインがきた。

 

前菜はフォアグラのテリーヌで!

前菜は、私も友人もフォアグラのテリーヌをチョイス。

f:id:ariruariru:20191103221221j:plain

これが、一見普通なんだけど、とっても美味しい!

一緒に付いてきたトーストされたパンと食べると

よりいっそう美味しくてびっくり!

 

「パン・ド・ミー」と呼ばれる、この日本の食パンみたいなパン。

フォアグラのテリーヌにはこのパンが一般的らしいが、

この組み合わせ、ホントに美味しい!

パンはトーストされていて温かいので、

テリーヌを乗せると、その熱でちょと柔らかくなる。

そこが最高に美味しい。

 

左隅にのっかていたもの、オレンジピールかな?

と思っていたら、玉ねぎのジャム!

これがまた、テリーヌとよく合っていて、

お代わりしたくなる美味しさだった。

この組み合わせ、ホントによくできてる!

 

メインは鴨のコンフィを!

メインは、友人が牛肉のハンバーガー、

私は鴨のコンフィをチョイス。

f:id:ariruariru:20191103221256j:plain

f:id:ariruariru:20191103221323j:plain

最高な見た目のコンフィがやってきた!

さらに食欲をそそられる香り。

実は普段はあんまり選ばないメニューなんだけど、

近くのテーブルで一足先に食べている人がいて、

その香りにすっかりやられてしまった。

 

大量のポテトフライ!これがまたカリカリで美味しい。

食べられるかなと思う量だったけど、ペロリ!

付け合わせのカブやズッキーニはとても甘くて、

コンフィは味がしっかり、外はパリパリの

中はしっとりふわふわ。

 

何気ないお店だけど、ちゃんとしてるなぁ。

 

これが17.50€の、この店一番のお手軽なランチなの?!

 

最後にデザートもやってきて、

もう大満足としか言えないランチ。

f:id:ariruariru:20191103221336j:plain

 

ホントに坂道のど真ん中。

下りの勢いで通り過ぎてしまうので要注意!

f:id:ariruariru:20191103221416j:plain

 


改めて感心した、フランスの食事のこと

お店に入る時の私たちの期待値を、数倍超えてくるお店だった。

もちろん、そんなに期待してなかったわけでもない。

フランスは食事のハズレが少ない国。

どこで何を食べても、だいたい美味しい国だ。

 

ある程度の期待はもちろんしていたけど、

さすがフランス。さすがサンテミリオン

やっぱり世界有数のワインの産地だもんなぁ。

そんな不味いものが出てくるわけはないのか。

 

フランス料理に詳しい人が聞いたら笑われそうだが、

改めて「組み合わせの妙」を考えさせられた。

フォアグラのテリーヌとパン、玉ねぎのジャムの

組み合わせは王道なんだけど、やっぱり美味しいし、

鴨のコンフィとジャガイモもやっぱり合う!

 

美味しいもの食べることって、ホントに楽しい。

あたり前のことだけど、改めてそれを噛みしめたランチだった。

 
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ