「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!水鏡ってすごい!真っ暗なボルドーの夜に浮かび上がるブルス広場の建物!」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

いつまでも眺めていたい!ボルドーの水鏡

この日は朝からサンテミリオンへ。

ariruariru.hatenablog.com

 

帰ってきてからボルドーの街をお楽しみ中だ。

ariruariru.hatenablog.com

 

幻想的なブルス広場の水鏡。

涼しい風が川沿いを吹き抜けて気持ちいい。

f:id:ariruariru:20191109212519j:plain

f:id:ariruariru:20191109212532j:plain

f:id:ariruariru:20191109212547j:plain

突然、水鏡の床から霧が吹きだしてきた。

ますます幻想的な雰囲気に包まれる。

f:id:ariruariru:20191109213932j:plain

f:id:ariruariru:20191109213944j:plain

水鏡はさながら舞台のように。

あまりの美しさに写真撮影会があちこちで開催中。。

f:id:ariruariru:20191109213953j:plain

f:id:ariruariru:20191109214010j:plain

水鏡の水がまた少しずつ深くなっていく。

子どもたちにはそれが楽しいようで。

f:id:ariruariru:20191109214025j:plain

水鏡とブルス広場の間には、大きな通りがある。

でも川沿いから見ると通りの存在はわからない。

f:id:ariruariru:20191109214033j:plain

f:id:ariruariru:20191109214050j:plain

とても計算されているんだな。水鏡、本当にすごい。

水鏡の周辺にはたくさんの人、人、人!

水鏡の中を歩く人がたくさんいるから

周辺もびちゃびちゃに。。。

f:id:ariruariru:20191109214057j:plain

ブルス広場そのものも美しい。

f:id:ariruariru:20191109214118j:plain

ボルドーの街は夜も美しい。

f:id:ariruariru:20191109214142j:plain

 

真っ暗闇に浮かび上がる、まぶしいブルス広場

夜の10時をまわると、いよいよ真っ暗になってきた。

ブルス広場の建物が光り輝いている。

f:id:ariruariru:20191109214215j:plain

f:id:ariruariru:20191109214233j:plain

f:id:ariruariru:20191109214246j:plain

f:id:ariruariru:20191109214256j:plain

f:id:ariruariru:20191109214310j:plain

 

ボルドーの夜を楽しんだ後は

この時間になるとずいぶん気温が下がってくる。

だんだん肌寒くなってきた。

さて、そろそろホテルへ戻ろう。

この時間でも、まだまだたくさんの人が水鏡周辺にいる。

f:id:ariruariru:20191109214332j:plain

水鏡を裸足で楽しんだ子どもの足跡を

見つけたりしながらバス乗り場へ。

f:id:ariruariru:20191109214345j:plain

C線のトラムが運休中なので、バスに乗って帰る。

バスはガロンヌ川沿いを走っている。

f:id:ariruariru:20191109214404j:plain

 

堪能したボルドーの夜の水鏡。

何時間でも眺めていられる美しい光景だった。

自然の光と、人工的な水鏡が合わさって、

感動を生む場所だった。

 

朝からサンテミリオンを日帰りで楽しんで、

夜はボルドーの都会的な夜景を楽しんだこの日。

心地よい疲れでゆっくり眠れそうだ。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ