「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!メドック・シャトーめぐりで知る。知らないからこそおもしろいワインのこと<ボルドー>」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

シャトーめぐりに酔いしれる!

この日はボルドーで、メドック地区のシャトーを

めぐる半日ツアーに参加中。

 

ボルドーは言わずと知れたワインの街。

私はワインにはそんなに詳しくないけど、

その土地のものをその土地で楽しむことには目がない。

(基本的に下戸だけど、ワインは比較的楽しめるのだ。)

ariruariru.hatenablog.com

 

先日のサンテミリオンではこんなシャトーも。

楽しかったなぁ~。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

ボルドーから車で40分ほど。

一件目のシャトーを見学した後、

続いて車で移動した先は、

またまた広大な敷地を持つシャトー。

「シャトー・ラスコンブ」へ。

f:id:ariruariru:20191130102324j:plain

またまた、素敵な建物が。

まさにシャトー(お城)だ。

あたりはとても静か。車で通った小さな村も

ほとんど人通りがなく、世界的にワインで有名な

この地区でも、訪れる人は少ない模様。

交通の便が悪いので、ツアーでドバっと来ちゃうのかな。

 

そんな危惧もあって、できるだけ

こじんまりとしたツアーを選んだ。

それが功を奏し、静かでゆっくりとまわれる。

 

絵本の中のような空間

絵本の中の世界のような建物と風景。

f:id:ariruariru:20191130102503j:plain

広報の女性が丁寧に説明してくれる。

この日はとても暑くて、説明を聞きながら

ちょっとぼーっとしてしまう。。。

f:id:ariruariru:20191130102423j:plain

どこまでも広がるブドウ畑!

f:id:ariruariru:20191130102446j:plain

ガイドを聞きながら、敷地内を案内されて、

f:id:ariruariru:20191130102523j:plain

ブドウを育てる難しさや、歴史も学ぶ。

同じ品種を毎年同じように育てても、

決して同じワインにはならないことなど。

f:id:ariruariru:20191130102539j:plain

さまざまな種類のブドウをどのようにミックスするかは、

それぞれのシャトーの腕の見せどころらしい。

f:id:ariruariru:20191130102610j:plain

訪れたのは8月。ブドウがもう形になっていた。

f:id:ariruariru:20191130102636j:plain

その後は、日差しで暑くなった体を冷やしてくれる

熟成庫と保管庫。涼しい!

f:id:ariruariru:20191130102658j:plain

f:id:ariruariru:20191130102720j:plain

f:id:ariruariru:20191130102740j:plain

f:id:ariruariru:20191130102752j:plain

最後に試飲。

このテイスティングルームが

また美しくて気持ちいい。

f:id:ariruariru:20191130102811j:plain

いくつかのワインを試飲して味比べ。

味比べの仕方なども教えてくれる。

f:id:ariruariru:20191130102827j:plain

f:id:ariruariru:20191130102846j:plain

 

知らないからこそおもしろいワインの世界

奥が深すぎて、ちょっとしり込みしてしまいそうになる

ワインの世界だけど、何もそんなに肩に力を入れる必要もない。

ってことがこの旅で分かった。

 

味の種類は本当にさまざまで、時間を置いて飲むと

また違う味わい。さすがに奥が深いワインの世界。

でもだからこそ、すべてを知り尽くすことはできない。

だから知らないことがあっても当たり前のことなのだ。

f:id:ariruariru:20191130102902j:plain

試飲の後、シャトーの建物の階段を下りると、

ふわっと漂うレモンの香り。

 

どこか知らない世界に迷い込んだような

現実離れした時間と空間だ。


真夏のボルドーは、とても魅惑的。

まだまだありそう。知らない魅力が。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ