「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!ボルドーを去る日。サンミッシェル大聖堂の光と蚤の市」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

 

目次

 

ぎりぎまで楽しんじゃう!ボルドーの街歩き

この日はボルドーを去る日。

12:02発のTGVまで、ボルドーの街歩きを楽しむ。

ぶらぶら歩いて出会った教会。聖十字架教会。

f:id:ariruariru:20191205220143j:plain

朝日が神々しくて美しかった。

f:id:ariruariru:20191205220158j:plain

アシンメトリーのファザード。

f:id:ariruariru:20191205220211j:plain

この日は日曜日。少しお邪魔するとミサの最中だった。

柔らかくてピリッとした空気が漂う。

f:id:ariruariru:20191205220223j:plain

その後はまたぶらぶらと歩く。

ボルドーの街は本当に整っていて美しい。

f:id:ariruariru:20191205220237j:plain

いつまでも歩いていられそう!

いろんなものが絶妙な感じで調和している。

形も色も雰囲気も。

f:id:ariruariru:20191205220251j:plain

目的地があるようでないような街歩き。

歩きたくなるような道を選びながら、

なんとなくめざす方角を感じながら歩いてみる。

f:id:ariruariru:20191205220316j:plain

とても静かだ。聞こえてくるのは住宅からの生活音。

掃除機をかける音や、コインランドリーから聞こえる

洗濯機の音。

 

サン・ミッシェル大聖堂に到着!

北に向かって歩いていると、だんだんにぎやかな

雰囲気に変わってきた。

すると、ものすごく立派な美しい鐘楼が見えてくる。

どうやら、サン・ミッシェル大聖堂まで来たようだ。

f:id:ariruariru:20191205220330j:plain

すごい人だかりが見えてきた。

にぎわってるな~!

 

サン・ミシェル大聖堂は、14世紀から16世紀に

建築された、ゴシック様式の聖堂だ。立派!

f:id:ariruariru:20191205233418j:plain

聖堂とは別に独立して建っている高さ114mの鐘楼は、

南フランスでは最も高い鐘楼らしい。

今までの街歩きの中でも、いろいろなところから

ちらっと見えていた建物だった。

f:id:ariruariru:20191205233407j:plain

めちゃめちゃ大きい!

 

ブロカントにわくわく!見ているだけでおもしろい!

そしてこの混雑ぶりにびっくり!

サンミッシェル大聖堂前の広場では、

週末になるとブロカント(蚤の市)が開かれている。

この日は日曜日の午前中。ちょうど真っ最中だった。

 

大きな家具が売られていたり、

f:id:ariruariru:20191205233444j:plain

何が何だか分からないものも……

f:id:ariruariru:20191205233459j:plain

あ~長居したらなんか買っちゃいそう。

こんな荘厳な聖堂の前で。

f:id:ariruariru:20191205233511j:plain

「誰が買うんだろう…?」っていうモノもたくさんあるけど、

見て回るだけでワクワクする。蚤の市って楽しい!

f:id:ariruariru:20191205233523j:plain

古い本なんかは、ちょっと魅力的。

買いたいけど荷物が重くなるから我慢。

f:id:ariruariru:20191205233553j:plain

 

サンミッシェル大聖堂の内部は?空間に身を委ねて

もちろん大聖堂の内部にもお邪魔してみた。

f:id:ariruariru:20191205233612j:plain

聖堂内は、外のにぎやかさを疑うほどの静寂。

ステンドグラスからは強い光が入ってくるのに

全体的に暗く神秘的な雰囲気だ。

 

f:id:ariruariru:20191205233622j:plain

サン・ミシェル大聖堂は、

「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」

の一部として、世界遺産にも登録されている。

サンタンドレ大聖堂も、同じく世界遺産

       ↓

ariruariru.hatenablog.com

f:id:ariruariru:20191205233634j:plain

週末にこんなにも人が集まるサンミッシェル大聖堂界隈。

一歩聖堂の中に足を踏み入れると、そこは特別な場所だ。

この空間に身を委ねたくなる。

 

歴史を感じる床にうつり込む、今現在の光。

外とはまったく時間の流れ方がそこにあった。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ