「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!サン・セバスティアンのバル街から離れられない!」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリからボルドースペインのサンセバスティアン

ビルバオ大西洋側を南下する。訪れたかった場所をめぐる旅。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A20 地球の歩き方 スペイン 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

08 地球の歩き方 Plat スペイン [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 さあ、2週間のワインとバスクの旅へ!

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

 

目次

美食のサンセバスティアン!バル街から離れられない!

 サンセバスティアン2日目。

シエスタの後、夕食を求めて再びバル街へ。

車両が入らない狭い路地が縦横に走るバル街に

人があふれている。

 

こちらの本を熟読して勉強。

「美食の街を訪ねてスペイン&フランスバスク旅へ」

バルでの注文の仕方なども載っていて便利!

 

1軒目のお店を出てハシゴする。

2軒目に選んだお店は、「スメルツェギ」というお店。

f:id:ariruariru:20200116223630j:plain

しっかりにぎわっている模様。

このお店は、串焼きの種類が豊富で魚介の串が美味しいらしい。

テーブル席もある店内だけど、もう満員だ。

入ってみると、明るくて洗練された感じの店内。

 

カウンターに並ぶピンチョスや串には

ちゃんと名前と値段が書いてある!

こんなお店は今までなかったな。

これはありがたい。注文もしやすい。

f:id:ariruariru:20200116223710j:plain

 

 早速、いくつかの串を注文。

バルめぐりはどうしてもお酒がすすんでしまう。

 

あまり飲めない口なんだけど、(2杯が限界)

お酒に合う美味しい食べ物が次から次へと出てくるので、

ついつい飲み過ぎてしまう。

このお店ではサングリアを注文。

 

2週間の旅の間に飲んだアルコールの量は、

おそらく普段の私の生活なら、

1年間分くらいに相当するのではないだろうか。

 

それに、お酒の質のせいなのか、気候や環境のせいなのか、

旅の特別なテンションのせいなのか、

ヨーロッパへ旅に来ると、いつもより

断然美味しくお酒が飲めるから不思議。

 

この謎、どうにかして解明してみたいものだ。

 

気持ち良く、ほろ酔いで歩くサン・セバスティアン

気持ち良く、ほろ酔いで歩くサン・セバスティアン

街並みはどこか懐かしく、湿度があってしっとりした気候で、

人懐っこいラテン系の人々がいて、美味しい食べ物と

美味しいお酒がある。

すべてがそろっている街かも!

f:id:ariruariru:20200116223800j:plain

みんな楽しそうに歩いてる。

観光客がごった返すのは、良い面ばかりではないけど、

サン・セバスティアンのバル街ですれ違う人々には、

なんだか共感みたいなのを感じる。

「楽しい!よね?」って話しかけかたくなるような。

 

長い一日の終わりは、やわらかい光に包まれて

長いスペインの夏の一日も、ようやく暮れようとしている。

夜の9時ごろだ。街はまだまだ賑わい時間。

f:id:ariruariru:20200116224014j:plain

 私たちは、8月31日通りを通ってホテルへ帰る。

右手に美しい教会を見ながら。

 

ホテルはウルメア川が海に出る前に建っている。

ホテルの近くまで歩いて帰ってきたら、

ちょうど海に陽が落ちるころだった。

f:id:ariruariru:20200116224046j:plain

 一日中曇っていたこの日。最後の最後に太陽が顔を出した。

うれしくて海沿いの遊歩道を歩く。

この日の朝に散歩した道だ。

ariruariru.hatenablog.com

 

早く行かないと陽が落ちちゃう!

f:id:ariruariru:20200116224121j:plain

日没直前の美しい光を楽しむ贅沢な時間。

こんな時間も旅ならでは。

一日の終わりに、やわらかい光に包まれる体験をした。

 

太陽が沈む時、きっと世界中どこでも

美しい光景が見られるに違いない。

 

でも普段の生活の中では、なかなかそれを感じられない。

勤め人としては、働いているうちに太陽は沈んでいて、

気づけばもう暗闇の世界というのが日常だ。

時間的余裕も、精神的余裕もない。

 

だからこそ、旅で得られるこんな時間は、

何ものにも代えがたくて、貴重なんだ。

 

だから旅が好き。

 

旅が好きな理由は、いくつでも言えそうだけど、

「普段できない時間の使い方ができる」ことは

旅の醍醐味だ。

 

今日も贅沢な時間の使い方をした。

ありがとう、旅!



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ