「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!静かな朝のサン・セバスティアンバル街で朝食を食べながらお洗濯?!」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリからボルドースペインのサンセバスティアン

ビルバオ大西洋側を南下する。訪れたかった場所をめぐる旅。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A20 地球の歩き方 スペイン 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

08 地球の歩き方 Plat スペイン [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 さあ、2週間のワインとバスクの旅へ!

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 サンセバスティアンで迎える穏やかな朝

サン・セバスティアン3日目の朝。

海に面したホテルでぐっすり。

ホテルの部屋にはサンセバスティアンのビーチの写真があった。 

f:id:ariruariru:20200118000743j:plain

そんなに広くない2つ星のホテルだけど、

旧市街のバル街から歩いてすぐの立地と、

バスタブが付いていることと、

目の前に海があることなど、概ね満足している。

ariruariru.hatenablog.com

 

そして2泊もすると、すっかり自分の家のように

思えてくるから不思議。

 

街歩きをしていて、「ホテルへ帰ろう」と言うところを

「家へ帰ろう」という言い間違いも、

だいたい2泊目を過ぎるといつもしてしまう。

 

観光案内所で手に入れた「バスクカード」を

どうやったら最大限活かせるかをベッドで思案中。

f:id:ariruariru:20200118000648j:plain

部屋の窓からは、スリオラビーチが見える。

部屋に写真が飾られているビーチだ。

コンチャビーチと違ってこちらのビーチは、

湾になっていないので白波が立っている。

サーフィンの名所でサーファーが集まるビーチらしい。

今日も曇ってるなぁ。でもキレイだ。

f:id:ariruariru:20200118000718j:plain

 

この日の重要なミッションは?

この日の私たちには大きなミッションがあった。

それは、洗濯をすること!

この日は、2週間の旅のちょうど中日にあたる日。

サン・セバスティアン滞在中に選択しようと決めていた。

 

というわけで朝から私たちが訪れたのは、

旧市街のバル街にあるコインランドリー。

f:id:ariruariru:20200118000834j:plain

バル街をうろうろしている時に、下見をしておいた。

狭いけど清潔そうで、使いやすそうだ。

ちゃんと両替機もあるし、中も明るいし。

f:id:ariruariru:20200118000854j:plain

私たちは2人で小さい方の洗濯機を使った。

1回8ユーロなり。 なかなか高いな。。

f:id:ariruariru:20200118000903j:plain

 使い方はとっても簡単!説明も分かりやすい。

家庭用のものは、日本の洗濯機とは違い、

ヨーロッパの洗濯機にはいっぱいつまみが付いているので、

大丈夫かなと心配していたけど、何も困らなかった。

 

ヨーロッパで何度かホームステイをしたことがある。

家庭用の洗濯機を使わせてもらうと、

日本の洗濯機にはない、温度を選ぶボタンが付いている。

日本の水は軟水だが、ヨーロッパの水は硬水のところが多いので、

できるだけお湯を使わないと汚れが取れないのだ。

でも何もかもを高温で洗ってしまうと繊維が傷むので

コットンならこの温度、化繊ならこの温度というように

選ぶようになっているのだ。

 

コインランドリーでも選ぶボタンはあったけど、

操作しやすくて簡単!良かった!

 

洗濯しながらバルで朝食を!

コインランドリーで洗濯をしている間に、

バルで朝食をとることに。

コインランドリーからも近いこのお店。

 「ゴリッティ」という老舗のバル。

f:id:ariruariru:20200118000927j:plain

 こちらの本を熟読して勉強。

「美食の街を訪ねてスペイン&フランスバスク旅へ」

バルでの注文の仕方なども載っていて便利!

 ブレチャ市場の前にあって、何度も前を通っていたけど、

いつも店の外にまでお客さんがあふれている店。

 

朝の7時から夜の10時まで開いているありがたいお店だ。

ちょっと中が薄暗くて、入りづらい雰囲気のお店だけど、

サン・セバスティアンももう3日目。

8軒目のバル。入っちゃえ!入っちゃえ!

f:id:ariruariru:20200118000957j:plain

中はローカルな雰囲気で、お客さんも常連さんっぽい人ばかり。

これまで入ったバルの中で、

一番「これぞバル」という雰囲気だった。

 

カウンターの中で慌ただしく店員さんが

ピンチョスを次々に作り上げている光景を見ながら

クロワッサンとカフェ・コン・レチェのシンプル朝ごはん。

 

朝のサン・セバスティアンを歩けば

朝のサン・セバスティアンのバル街。

人がいなーい。

f:id:ariruariru:20200118001007j:plain

昼や夜に歩いたときは、地面が見えないほど人が行き交う場所。

朝の早い時間帯だけだ。こんな光景を見られるのは。

f:id:ariruariru:20200118001018j:plain

それでも朝のこの時間に、バルでは前日のかたずけや

開店準備をしているところが多い。

ゴミ出しや店の掃除をしている様子があちこちで見られた。

f:id:ariruariru:20200118001050j:plain

眠らない街が一瞬だけ眠ったように静かな時間。

でも「やっぱり、眠ってはいないのだった。

 

あ!

コインランドリーへ洗濯物を取りに行かなくちゃ!


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ