「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!重厚な見た目のオンダリビアのパラドール!お部屋はシンプルでモダン!」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリからボルドースペインのサンセバスティアン

ビルバオ大西洋側を南下する。訪れたかった場所をめぐる旅。

 さあ、2週間のワインとバスクの旅へ!

 

 目次

 

旅から旅への贅沢!身軽な1泊旅へ!

数日すごしたサン・セバスティアンにスーツケースを置いて、

身軽な1泊旅に訪れたのは、国境の街オンダリビア

 

向こうに見えるのはフランス!

f:id:ariruariru:20200202211459j:plain

高台の上にエレベーターで上がって、本日のお宿へ向かう。

この日のお宿は、パラドールだ。

f:id:ariruariru:20200202211851j:plain

 パラドールの予約もbooking.com

        ↓

 

パラドールとは、スペイン国営の宿泊施設のことで、

古い建物などを利用したもの。

オンダリビアのパラドールは、中世のお城だ!

これがパラドールの入り口。

f:id:ariruariru:20200202211734j:plain

f:id:ariruariru:20200202224550j:plain

 

いよいよ中世のお城、パラドールの中へ!

かわいらしい広場に建つ重厚な建物に入ってみると、

中もすごかった!

f:id:ariruariru:20200202224622j:plain

ホテルのロビーがこんな感じ。

チェックインの時間にはまだ早かったが、

すぐに準備できるとのことなので、早速お部屋へ。

 

部屋に向かう途中に、いろいろ気になるものが目に飛び込んでくる。

とりあえず、あとでゆっくりお城探検をすることにして、

まずはお部屋、お部屋。

 

建物自体は中世のものだが、中はちゃんとリノベーションされている。

シンプルでモダンな感じ。エレベーターもちゃんとある。

f:id:ariruariru:20200202225001j:plain

ただ、建物のつくりが複雑なので、廊下を歩くと

階段を下りたり上がったりの繰り返し。

f:id:ariruariru:20200202224728j:plain

方向感覚が……。あれ?今、どっち向いているんだろう。

と思いながら、部屋に到着。

f:id:ariruariru:20200202224746j:plain

 

落ち着いた雰囲気のお部屋!お城だけど!

部屋の中に入って、まず目に飛び込んでくるのは、

光り輝く窓!

f:id:ariruariru:20200202224819j:plain

窓に駆け寄ってみると、美しい景色が見えた!

f:id:ariruariru:20200202224641j:plain

まさに、絵のような風景。絶景だ。

これを見ただけで、「あぁ、いい滞在になりそう」とわかる。

 

部屋の設えはとても落ち着いた雰囲気。

機能的で使いやすそうだ。

f:id:ariruariru:20200202224638j:plain

バスルームも使いやすそう。

「P」のマークはパラドールの証。

f:id:ariruariru:20200202224850j:plain

アメニティもパラドールのもの。

デザインがかわいいー!

f:id:ariruariru:20200202224800j:plain

 お部屋でゆっくりもしたいけど、街歩きにもい行かなきゃ。

あ、でもその前にパラドールの探検に行きたい。

 

バルめぐりでお世話になっているこの本。

ちゃんとオンダリビアのパラドールも載っている。

 

さてさて!

休憩もそこそこに、パラドール探検に出発だ!



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ