「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!通算17軒目のバルでランチ!思い出いっぱいのサン・セバスティアンからバスでビルバオへ」

いろいろ悩みながら、今日も旅の思い出を書いています。

ariruariru.hatenablog.com

 

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリからボルドースペインのサンセバスティアン

ビルバオ大西洋側を南下する。訪れたかった場所をめぐる旅。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A20 地球の歩き方 スペイン 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

08 地球の歩き方 Plat スペイン [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 さあ、2週間のワインとバスクの旅へ!

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

 

目次

 

 雨に洗われた美しい街をじっくり

この日は朝から雨模様。

雨の日も風情があるサン・セバスティアンの旧市街。

何度歩いたかな、この細道。

f:id:ariruariru:20200321163759j:plain

この日の午後にはサン・セバスティアンを発つ。

旧市街を抜けて、コンチャ湾を見に行った。

旅の最終日は、思い出のある場所に行きたくなるものだ。

 

どんよりしたコンチャ湾とその向こうにモンテ・イゲルド。

f:id:ariruariru:20200321163816j:plain

f:id:ariruariru:20200321163833j:plain

f:id:ariruariru:20200321163858j:plain

以前訪れた時のコンチャ湾はこちら

     ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

旧市街に戻って、またまた何度目かわからないほど歩いた

8月31日通り。いつも、ホテルへの帰り道だった。

通りの先に教会の塔が見える、この眺めが好き。

f:id:ariruariru:20200321163927j:plain

着いた初日にいった「ラ・ビーニャ」。

再訪したかったけど、それにはあと2週間ほど必要かも。

行きたいバルがありすぎて。

f:id:ariruariru:20200321170735j:plain

 

サンタ・マリア教会がドーンと見えるこの通り。

バル街をさ迷う時には目印になった。

f:id:ariruariru:20200321163942j:plain

 

次回の宿泊先を探したりもして

今回の快適なサン・セバスティアン滞在の中で、

困ったのはホテルのこと。立地は申し分なかったのだが、

お値段がなかなかで、連泊すると……。

 

 今回お世話になった「ホテル・パルマ

ariruariru.hatenablog.com

 

旧市街を歩いていると、こんなペンションのマークを

何度も見かける。大きなホテルがあまりない

サン・セバスティアンの旧市街界隈。

次回はこのあたりのペンションの泊まろうかな

などと物色しながら歩く。

f:id:ariruariru:20200321164005j:plain

 

サン・セバスティアンで食べる最後の食事は?

サンセバスティアンで食べる最後の食事。

最後もやっぱり、バルでいただきましょう!

バルがひしめくこの通りにあるお店へ。

f:id:ariruariru:20200321170819j:plain

通算17軒目のバル!「BETi-JAi」ベティ・ハイ

f:id:ariruariru:20200321170833j:plain

中はとてもモダンな感じで明るい!

f:id:ariruariru:20200321170852j:plain

テーブルが空いた!

色とりどりのピンチョでランチタイム。

こちらのお店のピンチョはとても立体的。

f:id:ariruariru:20200321170906j:plain

この後、バスでビルバオに向かうので、私は「モスト」で。

モストとはぶどうジュースのこと。

お酒があまり強くない私は、乗り物の乗る時や、

移動の時は要注意。判断力が鈍るので……。

でもこの「モスト」がとっても美味しい!

 

いよいよ出発!旅は佳境に

ランチを終えたら、ホテルに預けていたスーツケースを

もらいに行って、ブールバードからバスに乗った。

駅の裏手のバス停で降り、地下通路を通ってバスターミナルへ。

f:id:ariruariru:20200321170935j:plain

数年前に新しくなったサン・セバスティアンのバスターミナル。

以前は旧市街からかなり遠く不便だったらしいが、

国鉄駅の地下に整備され、駅の表側からも裏側からも

スロープとエスカレーターで移動できるようになっている。

f:id:ariruariru:20200321170949j:plain

私たちはサン・セバスティアンの旅の始まりに

観光案内所でバスクカードを購入し、

バスクでの交通はすべてそのカードで乗り降りできた。

さらに、ビルバオへのバスのチケットも

このカードで事前に購入済。

 

バスクカード、大変便利でした!

      ↓ 

ariruariru.hatenablog.com

 

さて、バスのスカートに大きな荷物を入れて、

いよいよサン・セバスティアンともお別れだ。

f:id:ariruariru:20200321171003j:plain

ビルバオまでは、バスで1時間15分ほど。

旅もいよいよ最終目的地へと向かう局面になった。

f:id:ariruariru:20200321171017j:plain

このころになると、もう旅の終わるさみしさが

心を占めるようになっていて、しんみりしてしまう。

なおかつ、すっかり虜になったサン・セバスティアンの街を

離れることがとてもさみしい。

 

旅の終わりは、この「しんみり」モードをかき消すように、

旅のコンプリートを目指すというモチベーションに変えていく。

さあ、最後まで健康で安全で楽しい旅にしましょう!

 

さようならサン・セバスティアン

また来ます!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ