「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉の世界」に興味あり。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!ビルバオのカラフルなパピーがかわいい!」

また旅に出られる日を想いながら、

今日も旅の復習をしています。

ariruariru.hatenablog.com

 

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリからボルドースペインのサンセバスティアン

ビルバオ大西洋側を南下した。

訪れたかった場所をわがままにめぐる旅。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A20 地球の歩き方 スペイン 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

08 地球の歩き方 Plat スペイン [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

ビルバオの街歩きは旧市街から新市街へ

この日はぶらぶらとビルバオを歩いている。

3日しかないビルバオ滞在は、

あまり欲張っても疲れてしまうので

行きたいところだけを訪れて無理のないプラン。

 

 ビルバオでも大活躍!バスクの旅のお供におススメです。

       ↓

 

フランスのパリから始まったこの夏の旅も

いよいよ翌日が最終日だ。

なんとなく旅の終わりが近づいてくると

心がどんより曇ってしまうもの。

この日のお天気のように……。

 

この旅で初めて訪れたバスク地方は、

新しいことをいろいろ教えてくれた。

そして癒された。

 

さて、グッゲンハイム美術館の裏手から新市街に入った私たち。

美術館の表側に見える、カラフルなかわいらしい子を求めて。

奥に見えている。

f:id:ariruariru:20200421085321j:plain

 

合成写真みたい?!大きなパピーが登場!

そう、これ!

ビルバオへ来たら、絶対見たかったやつ!

f:id:ariruariru:20200421085344j:plain

後姿ですが、こちらがグッゲンハイム美術館のシンボル、

「パピー」(子犬という意味)だ。

 

グッゲンハイム美術館は、ニューヨークに本部を置く

グッゲンハイム美術館の分館としてオープンした美術館。

工業の街だったビルバオが衰退してしまった時、

その復興の目玉となったのがアートだった。

そのまさに中心地がこの美術館で、かつては造船所があった場所らしい。

 

モダンな雰囲気のその美術館の前に

巨大な子犬!子犬なのに巨大。

f:id:ariruariru:20200421085415j:plain

季節ごとにお花のない時期や、メンテナンスの時期もあるようだが、

訪れた時は見事にカラフルなお花で飾られたパピーがそこに居た。

パピーはアメリカ人アーティストによる作品。

 

なんとも愛らしくて、確かに子犬の佇まいだ。

パッチワークのようなお花は立体的で

まさに唯一無二の存在感。

f:id:ariruariru:20200421085439j:plain

 

うしろのグッゲンハイム美術館の建物も現代アートのようで

光を反射することで色や雰囲気を変えている。

f:id:ariruariru:20200421085525j:plain

ぐるっとパピーの周りを一周。

周囲は広い空間になっていて、気持ちよさそうに座っている。

f:id:ariruariru:20200421085624j:plain

近くで見るとこんな感じ。

これは……。お手入れが大変だろうな。。。

f:id:ariruariru:20200421085646j:plain

グッゲンハイム美術館自体には入らず、

ここからモユア広場まで歩いてみる。

バイバイ、パピー!

f:id:ariruariru:20200421085703j:plain

すごい構図だな。

ビルバオは歩くだけでアートを楽しめる街だ。

 

ホテルで休憩!シエスタを忘れずに

モユア広場から地下鉄でホテルへ。

ビルバオの街は公共交通機関が使いやすい。

バリックカードがあるので気軽に乗れる。

 

 ビルバオ観光に便利なバリックカードの話はこちら

      ↓

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

サン・マメス駅から近いホテル「イルニオン・ビルバオ

この辺りはとても静かで、滞在にはよかった。

f:id:ariruariru:20200322212945j:plain

中はとってもモダンで機能的。

f:id:ariruariru:20200322221651j:plain

シンプルで居心地が良い。しかもお安い!

f:id:ariruariru:20200421091846j:plain

街歩きの間にホテルに戻れる距離がうれしい。

特に夏のヨーロッパは昼間が長い。

昼食をとってから夕食までの間、

シエスタをたっぷりとるのが過ごしやすい。

 

翌日の早朝にはこの街を離れて

帰国する予定のこの日。

実質、旅の最終日にあたるわけだけど、

この日もしっかりシエスタをして、

最後にビルバオらしいもの、バスクらしいものを

いただきに行きましょう!

 

ariruariru.hatenablog.com


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ