「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

デンマーク&ドイツ&スイス旅「便利で快適なコペンハーゲンの駅前ホテル!目に見えない部分も北欧デザインだ!」

2016年8月

 

この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒめざす旅だ。

 

いつも通り、旅のお供は地球の歩き方

   


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にいつも熟読。

    


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ!

 

目次

 

初めて訪れるコペンハーゲンは?

今回の旅はルフトハンザ航空。

  航空券はだいたいエアトリ。

  ↓

タイミングが合えば、いろいろお得。

 

 WIFIはこちら。

  ↓

 

関西国際空港を出発して、ドイツのフランクフルトで乗り換え。

フランクフルトからデンマークコペンハーゲンに到着した。 

f:id:ariruariru:20190707173757j:plain

コペンハーゲンの空港からは電車で移動。

分かりやすくて、空いている。

シンプルで何もかもが大きくて広いという印象。

ロスなく、コペンハーゲンの主要駅に到着した。

余計なものを排除したようなシンプルな駅。

f:id:ariruariru:20190707173802j:plain

でも、必要なものはしっかりと。

自転車を載せられる車両。

デザインが分かりやすくて機能的。さすが北欧!

f:id:ariruariru:20190707173805j:plain

駅を出てふり返ると、こんなに立派な駅舎だった。

駅舎のデザインは昔のままを使っているようだ。

新旧がうまいこと融合しているようで好印象。

f:id:ariruariru:20190707173809j:plain

ただいまの時刻は、20:14。夜の8時過ぎだ。

曇っているけど、まだまだ明るい感じ。

日本からヨーロッパへ向かうと、

到着が夜遅くなることがあるけど、

これだけ明るかったら一つ心配事がなくなる。

大きな荷物を持って初めての街をさ迷うのは、

だれでも不安なものだ。

 

コペンハーゲンでのホテルは?

ホテルは駅から近い所を予約してきた。

今回の旅は鉄道で移動していく旅だ。

一筆書きの旅なので、ずっとスーツケースを

持ったままの移動になる。

 

駅近を重視して選んだホテルは、

「ホテル ヘブロン」という

ベストウェスタングループのホテル。

www.booking.com

f:id:ariruariru:20190707173840j:plain

駅から5分ほど。すぐに発見できた。

ベストウェスタンなので、青いこの看板が発見しやすい。

ベストウェスタングループのホテルには、

ヨーロッパ各地でお世話になっている。

ちょっとリーズナブルな3つ星ホテル辺りが

各地にあって、朝食が充実しているホテルが多い。

今まで、イタリアやポルトガルでお世話になった。

 

ホテルの予約はいつもだいたいbooking.com

なんだかんだいって、結局ここが便利。

いつも現地でのクレジット払いにするので、

そこも分かりやすくて気に入っている。

 

ホテルのフロントは完全な英語。

良かったー!デンマーク語は難解で……。

 

お部屋は中庭に向いた窓があって、とても清潔そうだ。

f:id:ariruariru:20190707173815j:plain

中庭側から見るとこんな感じ。

日本で言う二階?中二階かな?

f:id:ariruariru:20190707173822j:plain

ホテルの入り口はこんな感じ。

古い重厚な建物を中だけきれいに変えて、

機能性を高めたホテルになっているようだ。

そういうところ、日本はヨーロッパを見習わなければ

ならないなといつも思う。

f:id:ariruariru:20190707173827j:plain

翌日の朝食も素晴らしかった!

決して豪華というわけではないけど、

必要なものが必要なだけそろえてある感じ。

f:id:ariruariru:20190707211124j:plain

日本ではあんまり好んで食べないシナモンロール

でもデンマークの人は大好き!

是非食べたいと思うんだけど、どこのパン屋さんを覗いても

サイズが大きすぎて……。この朝食で食べたサイズが

私にはジャストサイズだった。

 

目に見えない部分も北欧デザインだ!

初めて訪れたデンマークという国。

コペンハーゲンしか訪れることができなかったけど、

この国の印象は、「古くて新しいデザインに溢れている」ということ。

 

古いものをとても大事にする。

伝統的なものごとを大切にしている。

でも、とても最先端なところもある国。

 

社会保障制度が充実していて、

税負担が大きいことは有名な話だが、

なぜそうなっているのかということ。

 

デンマーク滞在中に知ったことだが、

デンマークの地方議員は、みんな本職を持ちながら

無償で議員活動をしているらしい。

みんな本職と両立しながら地方議会を行うため、

当然無駄な時間はかけられないし、

一般市民が政治を行っているので、

日本の政治家のように「市民目線が足りない」

なんてことが起きようがないのだ。

 

なるほど。なんて理にかなっているのだろう。

日本では北欧の家具や食器が大人気だ。

 

 我が家の愛用品「イッタラティーマ」

     ↓


 


 

 

そのシンプルで無駄のないデザインを

北欧デザインなんて呼んでいるけど、

デザインって目に見えるものだけではなかった。

 

デンマークの人々は、自分たちのデザインで生きている。

自分たちの国を、自分たちでデザインしている。

ような気がする。そんな気がした。

 

なんてうらやましい国なんだ!

 

また一つ、好きな国が増えました。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村