「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!のんびり旅モードのカルチェ・ラタンからTGVへ猛ダッシュ!」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

駆け足のパリを楽しんで

パリで過ごす短い時間。

のんびり優雅に過ごしたいところだけど、

この日の夜にはTGVでボルドーへ移動する私たち。

イムリミットが迫ってくる。

 

この日は、オルセー美術館からパレ・ロワイヤル、

サン・マルタン運河、そしてノートルダム

ariruariru.hatenablog.com

 

あの火災が起きてから、初めて訪れたノートルダム大聖堂

複雑な思いがせめぎ合いながら、南へ歩く。

f:id:ariruariru:20191011222104j:plain

シテ島から南へ下ると、そこはカルチェ・ラタンと呼ばれる地区。

こんかいの旅では、移動を考えてモンパルナスのホテルをとったが、

過去の旅では、カルチェ・ラタンに宿をとっていた。

  2013年の旅はこちら

    ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

カルチェ・ラタンは、パリの文教地区で

学生街が広がっている。夏のバカンス期間は

大学などが休みなので、静かで過ごしやすい地区だ。

学生街なので気軽に入れる店も多い。

f:id:ariruariru:20191011222116j:plain

 

カルチェラタンでのんびり休憩を

朝から目まぐるしく過ごしたパリ。

この辺りでちょっと休憩したい。

でもこのあたりをぶらぶら歩くのも楽しいな。

左は、サン・セヴラン教会。

f:id:ariruariru:20191011222124j:plain

教会とカフェが隣り合って調和するパリらしい界隈。

それにしても、サンセヴラン教会は立派な教会だ!

f:id:ariruariru:20191011222133j:plain

内部には入れなかったけど、とても古い教会のようで、

鐘楼にはパリ最古の鐘があるという。

教会の脇道を西へ入っていくと、たくさんのカフェやレストランが。

 

その中の一件でちょっと休憩。

ちょっと曇り空で蒸し暑かったこの日のパリ。

炭酸が恋しい気候だった。

ファンタオレンジとレモネード。

f:id:ariruariru:20191011222146j:plain

 

旅時間、心がほどける感覚。特に南ヨーロッパ

パリでもう1泊の予定だったら、

ここでお酒を飲んでいたかもしれないなぁ。

とか思いながら、このお店で1時間くらい、

道行く人を眺めたり、この日の街歩きを思い出したり、

のんびり寛ぐ。都会で過ごすバカンスの気分が

私たちにもしっくりくるようになっていく。

 

だいたい旅の初日は、日本の時間の感覚で動いてしまう。

だんだんヨーロッパの時間、バカンスの時間に

身も心も委ねられるようになっていく。

身も心も柔らかくほぐされていくような感じ。

 

日頃の私は、わりと几帳面で計画したことは

計画通り遂行したいタイプだ。

でも、いったん旅にでると、とくに南欧の旅では、

自分で立てた計画すら、どうでもよくなっていく。

 

そして日本では、その時の気分よりも、計画に支配されて

行動している自分、その時の気分で動いたり、

予定を変更することに罪悪感すら覚えている自分に気づく。

 

国内でも長い旅に出れば、きっと同じこと起こるのだろうけど、

ヨーロッパの人たちののんびりした雰囲気や、

日本人よりももっと、「今」の自分自身の心地よさを

最優先して生きているような雰囲気のおかげで

心がほどけるのが速いような気がする。

 

しかし!この後、あわや大失敗……!

しかし!

この日は、この後あわや大失敗をするところだった。

のんびり寛ぎの時間を過ごしたカルチェ・ラタン。

……のんびり気分に浸りすぎたのだ!

 

休憩のあと、カルチェ・ラタンをしばらくぶらぶら。

後から思えば、もうすでにこの時の歩く速度が

かなり落ちていたと思われる。

のんびり旅モード全開!南ヨーロッパ仕様に。

 

この日の夜、モンパルナスからTGVでボルドー

移動する予定なのだ。TGVの出発時刻は18:47。

18時にはモンパルナスへ戻って、

駅周辺で飲み物や食べ物を買って、

ホテルで預けていたスーツケースをもらう予定だった。

 

しかし、メトロのオデオン駅から、

4号線に乗ってモンパルナスに帰ろうと思ったら、

4号線は工事中。

しかたないので10号線に乗って、乗り換えてモンパルナスへ。

 

こんな感じで、ちょっとずつ、

予定時刻に狂いが生じていたのだ。

しかし、すでにのんびり旅モードのスイッチに

切り替わってしまった私たちは、

そのことに気づけていなかった。

 

モンパルナス駅のそばにある「モノプリ」で

サンドイッチを買おうか、パスタを買おうか、

水は何本買おうか、、、、。

うだうだ言ってるうちに……!!

 

気づけば、18:40になっていた。

18:40……!?

TGV発車まで、7分!

そのことに気づいたとき、

私たちはまだ「モノプリ」のレジに並んでいた。

お会計をして、ホテルに戻って、

スーツケースをもらって、、、。

 

というわけで、ここから先は、猛ダッシュ!!

のんびり旅モードもいったん忘れ、

モンパルナスの人ごみを走った、走った!

 

もちろん、写真をとる余裕もなく、

次の写真は、もうTGVの中。

なんとか間に合った!

 

TGVの1等席で快適な鉄道旅へ!

何とか間に合ったTGVに乗り込む。

乗り込んだのは、この日最終のTGV。

もし乗り遅れていたら……と思うと、背筋が寒くなる。

この日のうちにボルドーには入れないし、

パリでもう一泊ホテルを探すのもきっと大変。。

あー、間に合ってよかった。反省。反省。

 

パリからボルドーまでは、TGVで約2時間。

日本からネットで予約した一等席!

たまたま、安く予約できた。

TGVは、夏のバカンス時期は予約が必須だ。

普段は2等席だけど、今回は安く変えたのでリッチに1等席。

f:id:ariruariru:20191011222241j:plain

ネットで予約、クレジットカードで支払い、

自分でプリントアウトしてもいいし、

スマホにQRコードを保存してもいい。

私は、プリントアウトもしてスマホにも保存していた。

ダッシュで改札へ走ったとき、

スマホを出すより紙が便利だった。

良かった……プリントアウトしておいて。

 

2人向かい合わせの席を予約していたので、

席の目の前が荷物エリア。

目の届くところに荷物があるので安心だ。

2人旅なら、この向かい合わせの席が快適だ。

ネットで席を選択することができるので便利!

 

フランス国鉄のHP→https://www.sncf.com/fr

 

ダッシュの余韻に浸りながらの出発。。。

f:id:ariruariru:20191011222204j:plain

20分くらい経って、ようやく落ち着いてきた。

f:id:ariruariru:20191011222215j:plain

バタバタの中で購入したフルーツとパスタ。

買いすぎ?っていうミネラルウォーター。

これが、猛ダッシュの時に重たかったのだけど。

(割りばしは日本から持参したもの。割りばしさえあればほぼなんでも食べられる。)

f:id:ariruariru:20191011222224j:plain

f:id:ariruariru:20191011222233j:plain

ボルドーまでの快適な2時間。

 のんびり旅モード全開になりすぎて、

あやうく乗り遅れそうになったバタバタを反省しつつ、

次なる目的地ボルドーに思いを馳せる。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!パリで訪れたかった場所へ向かう。火災後のノートルダム大聖堂は、今。」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅へ。

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

 一日限りのパリ。厳選した行き先は?

旅の行程上、一日しか滞在できなかったパリ。

何度目かのパリだけど、当然のことながら

行き尽くすことのできない魅力的な街だ。

 

旅の友人とお互いに行きたいところを出し合った。

到着した日の夜は、エッフェル塔からのビル・アケム橋。

ariruariru.hatenablog.com

ビルアケム橋は私のリクエスト。そして、

エッフェル塔はやっぱりパリの風景に欠かせない。

 

翌日は朝からモンパルナスタワーでの朝食。

ariruariru.hatenablog.com

 これは私が行きたかったところ。6年前のアンコールだ。

 

そして、オルセー美術館。こちらは友人のチョイス。

ariruariru.hatenablog.com

 何度行っても素晴らしい美術館だ。

いつか、一日中オルセーにこもって過ごす、

優雅な旅がしたい。

 

その後は、パレ・ロワイヤルとパッサージュを歩いて、

サン・マルタン運河へ。

ariruariru.hatenablog.com

 パリの東側を徒歩で南下して、セーヌ川まで戻ってきた。

そして、次なる目的地は、今回の旅でどうしても

私たちが行きたかった場所。というか、

行かなければならないと思っていた場所だ。

 

心して向かった先は、ノートルダム大聖堂だった

あの衝撃的なニュースから数カ月。

パリを訪れるなら、どうしても行かなければ

ならないような気がしてた場所。

それは、ノートルダム大聖堂だった。

 

2019年4月に起きた、ノートルダム大聖堂の火災。

朝のニュースで報じられた尖塔が崩れ落ちる映像が、

今でも鮮明によみがえってくる。

6年前に訪れた様子を、火災発生の後に書いた記事

   ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

セーヌ川の中州のシテ島に、ノートルダム大聖堂はある。

ポンピドゥセンターから南に下って、ノートルダム橋を渡る。

橋を渡った先がシテ島だ。

市立病院の前を通り過ぎると、左手にノートルダムが見える。

ドキドキしながら道を進んだ。

 

崩れ落ちたノートルダムを、

心のどこかでは見たくないと思っている。

でも、ちゃんと見ておかなければという気持ちもある。

 

パリで一日を過ごすことにした理由の1つは

ノートルダムを見るためだったかもしれない。

だんだんノートルダムが近づいてくると、

そんなことがいろいろ心の中をぐるぐるとかけめぐった。

 

祈りの場の現在は・・・

そして、とうとう左手の視界が一気に開けた。

ノートルダム大聖堂だ。

堂々たるファザードは焼け残っている。

f:id:ariruariru:20191009223224j:plain

想像以上に多くの人が、ノートルダムの周辺にいる。

でもそれは、以前のこの辺りの喧騒とは違っていた。

 

以前のノートルダム大聖堂のファザード前の広場は、

いつもたくさんの人が楽しそうにしている場所だった。

オンシーズンだと入場に行列ができていたり、

団体の観光客がガイドに引き連れられている光景。

 

今は、みんな、静かにそれぞれが何かを祈るような面持ちで

写真を撮ったり、建物を眺めたりしている。

f:id:ariruariru:20191009223249j:plain

 

南側の橋を渡る。

橋からの眺めは、相変わらず美しくて、

そのことでまた、より悲しい気分になってしまった。

f:id:ariruariru:20191009223301j:plain

対岸を東へ歩く。

いよいよ、火災後の無残な姿が見えてくる。

f:id:ariruariru:20191009223315j:plain

ニュースの映像で見た、尖塔が崩れ落ちるシーン。

あのシーンが頭の中で何度も再生される。

f:id:ariruariru:20191009223329j:plain

セーヌ川沿いに並ぶ、ブキニスト(古本屋さん)。

ブキニストの隙間からノートルダムが覗く光景を求めて、

この辺りは人通りの多い界隈だった。

f:id:ariruariru:20191009223343j:plain

今もたくさんの人が行き交っている。

でも、静かだ。

みんな、心の中できっと祈っているからだろう。

f:id:ariruariru:20191009223411j:plain

この場所を訪れるまで、

いったいどんな感情が湧き出てくるか、

自分でもわからなかった。

 

もしかしたら直視できなくて、

目を背けてしまうかも…とも思った。

f:id:ariruariru:20191009223455j:plain

でも実際に訪れてみて湧きあがった感情は、

「このノートルダムも、しっかり目に焼きつけておこう」

というものだった。

 

また訪れよう、静かに心の中で唱える

予想以上にたくさんの人が、「今」のノートルダム

訪れている。それは、興味本位かもしれないし、

なんだ入れないのか……残念!って思う人もいるだろう。

 

でも、こんなにも多くの観光客であふれかえっている

パリの街のど真ん中で、こんなに静かに人が集う場所って

なかなかない。これも、ノートルダム大聖堂のなせる業か。

 

神様の存在をだれもが信じられそうなステンドグラスの光、

幻想的で厳かな祈りの空間、でもそれでいて華やかな雰囲気。

 

過去に訪れた時に魅了されたもの。

でも今回訪れてみて、ノートルダムの魅力は、

そんな物質的なものだけじゃなかったのかもと思った。

 

「また訪れよう」

私も他の人たちと同じように

静かに心の中で唱えていた。

 


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!健脚自慢がパリを行く?教会には入ってみよう!絶対に損はないから」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅へ。

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

健脚ぶりをいかんなく発揮!

1日限りのパリの街歩きを楽しんだこの日。

朝はモンパルナスタワーの朝食から始まり、

オルセー美術館、パレ・ロワイヤルとまわった。

その後は、サン・マルタン運河でしばしのんびり気分。

 

その後は、私たちの健脚ぶりをいかんなく発揮!

 

レピュブリック広場まで戻ると、

広場からのびる10本の道の中から

1本の道を選んだ。タンプル通りへ。

f:id:ariruariru:20191006221736j:plain

タンプル通りをまっすぐ南下していく。

通りすがりにあった大きなカトリック教会。

f:id:ariruariru:20191006221748j:plain

公園の前を通り過ぎると、道が細くなった。

歩くのが楽しい小径に。

f:id:ariruariru:20191006221758j:plain

f:id:ariruariru:20191006221815j:plain

 ふと右側を見ると、道の隙間から青い管の建物が覗いていた。

「?!」

f:id:ariruariru:20191006231418j:plain

もうそんなところまで歩いてきていたのか!

レピュブリック広場からすでに2キロくらい。

あの青い管は、ポンピドゥーセンターの裏手なのだ。

 

ポンピドゥーセンターとは、国立近代美術館が入る建物。

今回は、美術館の中を見る時間はないけど、

あの特徴的な建物だけでも見に行こうと、

通りを西へ入った。

f:id:ariruariru:20191006231440j:plain

f:id:ariruariru:20191006231500j:plain

ポンピドゥーセンターの南側の広場。

奥には歴史のあるそうな教会が見える。

さまざまな時代の建物が混在するパリそのもの。
f:id:ariruariru:20191006221840j:plain

 

そしてこちらが、ポンピドゥーセンター!

なんなんでしょう?この形というか、この形状?

ほんとに奇抜なデザインだ。ずっと工事中?って感じで。

1977年に開館した当時、賛否両論の嵐が吹き荒れたそうだ。

 

私も二十数年前に初めて来たときは

「???」となりすぎて、

しばらくぼんやり眺めていたのを思い出す。

f:id:ariruariru:20191006221854j:plain

 ポンピドゥーセンターからセーヌ川へ抜ける。

この道がさわやかで気持ちいい!

レストランやカフェが並ぶ、都会的な通り。

f:id:ariruariru:20191006221910j:plain

街の中心地に戻ってきたという感じ。

先ほど広場から見えた教会が開いている。

f:id:ariruariru:20191006221921j:plain

 

教会には入ってみよう!絶対に損はないから!

すばらしい装飾の見事な外観。

中へ入ってみた。

f:id:ariruariru:20191006221932j:plain

 一部は工事中だったが、美しい教会。

ポンピドゥーセンターやセーヌ川などの

観光地の真っただ中にある地元の教会だ。

f:id:ariruariru:20191006221942j:plain

 街の教会らしく、庶民的な雰囲気だけど、

素晴らしいステンドグラスがキラキラしている。

f:id:ariruariru:20191006221952j:plain

 赤い扉が印象的。

しばらく過ごすだけで心穏やかに。

f:id:ariruariru:20191006221958j:plain

 

旅人にとってのキリスト教の話

初めてヨーロッパへ来たときは、

街の中で度々出くわす教会をどうやって鑑賞すればいいか、

どうやって楽しんだらいいかわからず、困惑したものだ。

開いている教会でさえ、勝手に入っていいのかな?とためらった。

 

宗教の話は単純化するのが難しい。

でもむりやり単純化するとすれば、

ヨーロッパの文化とキリスト教

切っても切れない関係だということ。

 

それはどこの国や地域にも言えることだが、

ヨーロッパの文化は、それが顕著でわかりやすい。

そして、ヨーロッパの人々からは

キリスト教に守られている自信や、

逆にキリスト教を守ってきた自負を感じる。

 

私はキリスト教徒ではないけど、

今はヨーロッパを知るために、

キリスト教を知ろうという意欲を持っている。

なぜこんなにもヨーロッパに惹かれるのか、

その理由をいつも探しながら旅をしているのだ。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

 

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!変わらないパリと変わっていくパリ。サン・マルタン運河を眺めながら」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅へ。

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

パリの街歩きは、やっぱり楽し!

午前中はオルセー美術館へ。

美術館の中のレストランでランチ。

ariruariru.hatenablog.com

 

 優雅な気分に浸ったあとは、パレ・ロワイヤルまで散歩。

ariruariru.hatenablog.com

 

ギャルリーヴィヴィエンヌを抜けて北上する。

中心から少し離れただけで、静かな街並み。

証券取引所(ブルス)までやってきた。

 

お?!証券取引所がなんだか派手なことになってるぞ。

f:id:ariruariru:20191006205926j:plain

f:id:ariruariru:20191006205939j:plain

柱がとってもカラフル!

古い建物に現代的な色合い。びっくり!

それにしても、すばらしい建築物だ。

f:id:ariruariru:20191006205951j:plain

f:id:ariruariru:20191006210007j:plain

すぐそばの駅のサインもパリらしくて素敵。

ブルス駅から3号線に乗り込む。

f:id:ariruariru:20191006210019j:plain

パリの地下鉄は、昔に比べると格段に美しくなった。

ブルスの駅はちょっと昔風。なんか落ち着く。

f:id:ariruariru:20191006210114j:plain

 

数分地下鉄に揺られて到着したのは、レピュブリック駅。

こちらも昔ながらのパリの地下鉄駅っぽい雰囲気。

f:id:ariruariru:20191006210134j:plain

地上に上がると、レピュブリック広場のど真ん中だった。

広場のど真ん中に立っているのは、

フランスの象徴となるマリアンヌ像だ。

マリアンヌは、自由の象徴である女神様。

f:id:ariruariru:20191006210150j:plain

 ガイドブックなどによると、この界隈はあまり治安がよくないとか。

夜に訪れない方がいいとか、スリに注意!とか。。

その他の情報はほとんどなく、注意書きばかり。

どうりで今まで訪れていなかった場所だ。

知らず知らずのうちに避けていたのだろう。

 

でも、今回初めて訪れてみて、そんな雰囲気は全くなかった。

真昼間だったし、広場は改修されて美しくなっているようだ。

 

広場からは10本もの道がのびている。

その一つを歩いてみる。飲食店などが軒を連ねる活気ある通りだ。

f:id:ariruariru:20191006210427j:plain

 

ようやく来れた!サンマルタン運河!

5分ほど歩くと、道の先にぶつかるのが、サン・マルタン運河。

そう、ここに来てみたかったのだ!

この印象的な風景。映画や絵葉書で見覚えがある。

f:id:ariruariru:20191006210415j:plain

 何度か行ってみたいと思いながら行きそびれていたところの1つ。

 

サン・マルタン運河は、ラ・ヴィレット貯水池から東駅の東を通って

バスティーユ広場南のアルスナル港に続く運河だ。

ナポレオン時代に建設され、今でも船が行き交うという。

f:id:ariruariru:20191006210446j:plain

運河の周りにの並木が美しくて、鉄製の橋と調和している。

界隈はパリの下町の雰囲気だ。

f:id:ariruariru:20191006210508j:plain

 

変わらないパリと変わっていくパリ

6年ぶりに訪れるパリ。

昨今、日本で見聞きするパリのニュースは

華やかなものではないことも多い。

f:id:ariruariru:20191006210531j:plain

 

 

今回の旅で、確かに6年前とは違う雰囲気を感じることもあった。

街にゴミがたくさん落ちていたり、

路上でさまざまなものを売っている人(おそらく違法で)を

以前よりもたくさん見かけたり。

もちろん、私個人の主観的な見解なのだが。

 

街は変わるし、変わることが悪いわけじゃない。

変わらないことに価値がある場合もあるけど、

変わっていくことに価値が見出す場合もある。

 

旅人としてできることは、ただその空気を受け入れて

その空気に溶け込もうとすることだけだ。

 

そんなことを考えながら、昼下がりの

サン・マルタン運河をぼんやり眺めた。 

 

中心地から、少しだけ離れたパリの街は何ら変わらない。

のんびりしていて、のどかな空気がそこにある。

やっぱり、パリが大好きだ。私は。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!パレ・ロワイヤルからパッサージュを通って。パリらしく過ごす」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅へ。

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

  

不思議なオブジェに心惹かれるパレ・ロワイヤル!

ルーヴル宮殿の北側のエリアへ。

一日しかないパリ滞在、いろいろ考えたけど、

行きたかったのはパレ・ロワイヤルだった。

 

もともとルイ13世の宰相リシュリューが、

自分の館として建てた建物で、のちにルイ13世に贈られた。

ルイ14世も暮らしたことから、「王宮」(パレ・ロワイヤル)と

呼ばれている。

建物内部の見学はできない。

私のお目当ては、パレ・ロワイヤルの中庭だ。

中庭の南側は、この印象的な白黒のオブジェがある。

f:id:ariruariru:20191001234939j:plain

この遠近感を狂わせる何とも言えない不思議空間。

建物との調和がとれているような、とれていないような。

よくわからないけど、このちょっとシュールな雰囲気が好き。

f:id:ariruariru:20191001234949j:plain

パレ・ロワイヤルの美しい回廊。

よく撮影などにも使われるようだ。

f:id:ariruariru:20191001235006j:plain

パレ・ロワイヤルには気持ちの良い広い緑の空間も!

少し曇っているこの日でも、日中は暑いパリ。

「ヨーロッパに熱波到来」というニュースを聞いて、

おそれていたほどの暑さではないけど、

木立の木陰が気持ちいい時間帯だ。

(午後2時ごろ)

f:id:ariruariru:20191001235018j:plain

f:id:ariruariru:20191001235028j:plain

立派な噴水もあって、時間さえ許すならば、

ここでのんびりベンチに座っておしゃべりでもしていたい気分。

f:id:ariruariru:20191001235044j:plain

しかし残念ながら、本日の私たちにはそんな時間はない。

 

なぜパリが1日しかないのかというと、

今回の旅のプランは、フランスのボルドーから

列車でスペインのバスク地方へ向かうのがメインだから。

パリはあくまで「おまけ」にすぎないのだ。

 

こんなプランになった経緯はこうだ。

日本からパリの直行便がとれた。

でも、到着したその日のうちにボルドーへ移動する

TGVに乗るのは時間的に不安だ。

パリの空港は市街地から比較的遠いし、交通渋滞もひどい。

(実際、今回の旅ではそのひどさを痛感…。)

ariruariru.hatenablog.com

 

だからパリで1泊することにした。

どうせ1泊するなら、ちょこっとパリ観光も。

という具合で、慌ただしいパリの街歩きを敢行中というわけだ。

 

 19世紀のパリへタイムスリップ!パッサージュを歩く

 パレ・ロワイヤルの中庭を北側に抜けると、

近くにギャルリー・ヴィヴィエンヌがある。

 

パリの街には、18世紀末から19世紀前半にかけて

ガラス屋根に覆われたアーケード街がたくさんつくられた。

それを「パッサージュ」と呼んでいる。

その後、大型デパートなどの出現で、たくさんあった

パッサージュはどんどん数を減らしていくが、

現在でも当時の雰囲気を忍ばせるものがいくつか残っている。

その一つが、このギャルリー・ヴィヴィエンヌだ。

f:id:ariruariru:20191001235100j:plain

古き良きパリの街を思わせるパッサージュの内部。

美しいモザイク床に、天井から降り注ぐ光が美しい。

 

二十数年前に初めてパリを訪れた時、

地球の歩き方」に特集されていたパッサージュの記事を

熟読して、パッサージュめぐりをした覚えがある。

パッサージュを歩くことを目的に訪れたのだ。

 

パッサージュの中に軒を連ねるお店はどこも雰囲気がある。

格式高い雰囲気の店や、落ち着いた専門店が並ぶ。

19世紀にタイムスリップしたような空間。

二十数年前の私には、ちょっと大人過ぎた。

お店に入るのもドキドキ。結局、パッサージュの中では

何も買えず、パッサージュの前に出ていた

露店でポストカードを買った覚えがある。

 

二十数年経って、パッサージュに似合う大人になれたかな?

f:id:ariruariru:20191001235115j:plain

f:id:ariruariru:20191001235129j:plain

どうやら、まだまだ私には早かったようだ。

 

いつか、パリのパッサージュに溶け込めるような

雰囲気のある大人になりたいと、心のどこかで思っている。

二十数年前も、今も。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!一日しかないパリ。オルセーから歩いてみよう!」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅へ。

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

一日限りのパリを満喫中!

この日は、朝からオルセー美術館を楽しんだ。

ariruariru.hatenablog.com

 美術館内のレストランでランチを食べて、

美術館をもうひと周りしてからパリの街歩きへ。

ariruariru.hatenablog.com

 

今回の旅では、パリの滞在は一日限り。

どうしても行きたいところだけを厳選した一日だ。

 

オルセー美術館の外観。

オルセー美術館はもともと駅舎だった建物。

東西にある印象的な大時計が

駅舎の名残を感じさせる建物だ。

f:id:ariruariru:20190929211536j:plain

f:id:ariruariru:20190929211548j:plain

9月24日からはドガの企画展が始まる模様。

それも見てみたい。

f:id:ariruariru:20190929211558j:plain

セーヌ川に架かるロワイヤル橋を渡る。

西を眺めると、オルセー美術館

f:id:ariruariru:20190929211611j:plain

 ちょうどセーヌ川のクルーズ船がやってきた。

セーヌ川のクルーズ船は何種類かが走っていて、

どれを選ぶかはお好みしだい。

右のようなオープンなのもあれば、

左のような覆われたタイプのものも。

左の船はランチクルーズ船のようだった。

f:id:ariruariru:20190929211624j:plain

 橋を渡って振り返るとオルセー美術館がどーんと。

f:id:ariruariru:20190929211648j:plain

 オルセー美術館からロワイヤル橋を渡ると、

そこはチュイルリー公園とルーヴル宮殿だ。

 

パリのど真ん中!カルーゼル凱旋門とルーヴル界隈

何度も来ているエリアだけど、意外なことに

ロワイヤル橋を渡ったことはなかったようだ。

橋から眺める風景の角度が新鮮。

 

チュイルリー公園に入ると、急に人がたくさん。

チュイルリー公園はかつて宮殿の庭園だったところ。

公園の中央を東に進むと、カルーゼル凱旋門がある。

f:id:ariruariru:20190929211710j:plain

 カルーゼル凱旋門は、ナポレオンの勝利を記念して建てられた。

しかしナポレオンはこの凱旋門に満足せず、

あの有名な凱旋門が新たに建てられたという。

f:id:ariruariru:20190929211723j:plain

 カルーゼル凱旋門から一直線上に凱旋門がある。

その途中にはコンコルド広場、シャンゼリゼ通りが、

凱旋門の向こうには、副都心のラ・デファンス。

背中にはルーヴルのピラミッドが控えている。

f:id:ariruariru:20190929211740j:plain

 私たちはルーヴルには入らず、ピラミッドを横目に見ながら

門を北側へ抜ける。

f:id:ariruariru:20190929211757j:plain

f:id:ariruariru:20190929211809j:plain

人も多いし、車も渋滞中。排気ガスがすごい。

はやくこの辺りを抜けたくて速足で東へ。

f:id:ariruariru:20190929211832j:plain

 

パレ・ロワイヤル広場へ

「パレ・ロワイヤル・ミュゼ・ドゥ・ルーヴル駅」

メトロの駅の入り口が素敵だ。

f:id:ariruariru:20190929211855j:plain

アール・ヌーヴォーのデザインの駅の入り口。

かつて1900年ごろに作られたこのデザイン、

オリジナルのものは少なくなってきているようだが、

見つけるとうれしくなる。

 

初めてパリに来た時には、何百枚ものポストカードを

お土産に買って帰った。

それはすべてパリの街を撮った写真だった。

その中にはメトロの入り口を撮ったものも。

f:id:ariruariru:20190929220448j:plain

 

旅の中で写真の場所を探したり。

偶然見つけたら、とてもうれしくて。

 

ポストカードが、その時の私のガイドブック代わりだった。

なんだかその頃は、今よりももっと自由に旅をしていたな。

そのころの自分にもどって旅をしたくなった。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!オルセー美術館のレストランで満足ランチ!<パリ>」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅へ。

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

オルセー美術館内で楽しむ!

この日は朝からオルセー美術館へ。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

数々の有名作品に目がまわりそう。

そんな鑑賞中にちゃっかり下見をしておいたのが、

3階にあるレストラン。

 そう、オルセー美術館の中にはレストランがあるのだ。

m.musee-orsay.fr

 

レストランのオープン前にちらっと下見へ。

オルセー美術館自体は9時半からオープンしているが、

レストランのオープンは11時45分。

 

ちょうど正面玄関の上にあたる場所だ。

ガラスの扉から中を覗く。うわ~想像以上に素敵!

f:id:ariruariru:20190908162323j:plain

オルセー美術館には何度か来ているけど、

レストランには入ったことがなかった。

1900年オープンのターミナル駅時代から残る

ゴージャスなレストラン。

オルセー美術館の建物は元々駅舎だったが、

その一部はホテルとして使われていた。

そのホテルのレストラン部分が今は美術館のレストランになっている。

 

この歴史ある空間に、カラフルなチェアーを置く勇気!

 

ランチをどこで食べようか悩みながら下見に来たけど、

この空間を覗いてみて、本日のランチはココで決まり!

f:id:ariruariru:20190908162310j:plain

 

オルセー美術館のレストランへ!

レストランのオープンの時間の11:45に合わせて

戻ってこようと思っていたが、 

その後も想像以上の名画の数々に酔いしれているうちに

オープン時間を過ぎてしまった。

 

行列ができていたりするかな?と思いつつ戻ってみると、、、

おや?意外に大丈夫!結構穴場なのかも!

f:id:ariruariru:20190908162450j:plain

 午前中にかなりの作品数を鑑賞して、

心も頭もオーバーヒート気味の私たち。

休息がてらのランチを楽しむ。

 

レストランの中へ。

まずびっくりするのが天井の高さと広々空間!

そして、見事な天井画!

ロココ調の内装がキラキラしている。

f:id:ariruariru:20190908163008j:plain

 まさに宮殿の中のレストランといった感じだ。

格式高い雰囲気かと思ったら、意外と店員さんはフレンドリー。

想像以上に入りやすいレストランだった。

ランチだったからかもしれないけど、気楽な雰囲気。

 

世界中から観光客が訪れるオルセー美術館の中にある

レストランだからか、この空間にしての敷居の低さ、

悪いことばかりでもないな。

 

ランチのメニューは、

「前菜+メイン」か「メイン+デザート」で24.50€、

「前菜+メイン+デザート」で31€、

それぞれの2種類から選んで自分で組み合わせができる。

 

他にも単品メニューはたくさんあって、

そんなにめちゃめちゃお高くもない感じ。

 

お得な日替わりランチ(21€)もあって、

曜日ごとにメニューが決まっている。

グラスワインは6€からあって、とてもリーズナブル!

 

メニューには英語表記もちゃんとあるので、

わかりやすくて注文しやすい。

広いレストランだけど、店員さんもたくさんいるので、

サーブなどにも問題なしだ。

(ヨーロッパではよく待たされるので)

 

待っている間もこの空間だから、飽きることもないし。

f:id:ariruariru:20190908163133j:plain

みんな何を注文してるのかな。

ちらちら他のお客さんをのぞき見したりして。

f:id:ariruariru:20190908160716j:plain

窓際のお席は予約のお客さんのよう。

キラキラと日差しが差し込んで気持ちの良い空間だ。

 

たっぷりランチに大満足!

注文したメニューがやってきた。

私たちがチョイスしたのは、「前菜+メイン」のランチ。

まずはスープから。3種類から選べたのだけど、

友人も私もグリーンのガスパチョをチョイス。

f:id:ariruariru:20190908160638j:plain

(Gaspacho verde, Feta et croûtons dorés 、Gazpacho verde, Feta and golden croutons) 

グラスワインは私は白を、友人は赤を選んで、

爽やかなパリのランチの始まりだ。

 

ガスパチョは冷たくて少し酸味がある。

朝からたくさんの美術作品に酔いしれて疲れた頭と心を

復活させてくれるランチ。

 

そして、メインの一皿。

私はお魚を、友人はお肉を。 

タラの大きな身の塊がふっわふわ。

f:id:ariruariru:20190908160742j:plain

お魚は、Cabillaud au naturel, pommes ratte rôties, cébette et condiment ail noir

    Cod fish, roasted potatoes, spring onion & black garlic 

お肉は、Pièce de veau rôtie, condiment tonnato, taglierini, roquette / basilic

    I Braised veal, tonnato sauce,taglierini, arugula / basil

 

食後にコーヒーを注文したら、サブレが付いてきた。

f:id:ariruariru:20190908160801j:plain

もうお腹いっぱい!メインの一皿がボリューム満点だ。

やっぱりフランス人の胃袋は、日本人のそれとは違う。

 

ランチ後に美術館から正面玄関を見下ろす。

遠くにエッフェル塔が見えた。

「ああ、今パリにいるんだな」と確認。

f:id:ariruariru:20190908160621j:plain

朝はほとんど並ばず入れたけど、昼頃はこの行列。

さて、もうひと周りして、パリの街へ繰り出そう。

 
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!ゴーギャンにゴッホそれぞれの魅力<パリのオルセー美術館>」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅へ。

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

旅情も感じながらの美術鑑賞!

この日は、パリを代表するオルセー美術館へ。

ところ狭しと作品がならぶ印象派ギャラリーをいったん抜けて、

美術館全体を眺めてみる。

 

元々は駅舎だった建物を利用しているため、

気持ちの良い大空間が広がっている。

f:id:ariruariru:20190908160034j:plain

それでも昔に比べると駅舎感は薄まったように思う。

数年前の大改修で、オルセー美術館は大きく生まれ変わった。

 

初めてオルセー美術館を訪れた時は、

もっと駅舎感が強くて、駅舎に美術作品を飾っているように思った。

でもその印象も今では怪しいものだなとも思う。

その時の私は二十歳前後の大学生。

海外の美術館を訪れた経験もなく、

美術作品に対する知識も少なかったからだ。

 

その後何度かパリを訪れて思うのは、

初めて訪れた時の強烈な印象は

今でも色濃く私の中にあるということ。

第一印象って本当に大事だ。

 

さて、少し遠くを見つめて目を休めたら、

またまた有名作品の渦の中へ。

 

魅惑の色彩!ゴーギャンの世界へ 

 ★ゴーギャン「ヴェイルマティ」「タヒチの女」

f:id:ariruariru:20190908160055j:plain

ゴーギャンの作品は、学生時代に教科書で見たことがある。

でも正直なところ、インパクトはあるけどその良さについては

なかなか理解しがたい感じだった。(素人考えですみません……)

 

しかし!

初めてオルセーで、本物の存在感を目の当たりにした時、

思わず声を失った。

その色の美しさ、オリジナリティに圧倒されたのだ。

 

ゴーギャンは、後期印象派を代表するフランス人画家。

まるで小さい子どもが絵具やクレヨンを画一的に塗ったような

単純な色彩と形態なのに、なぜか精神的な深みがある。

本物を観たら、たぶんだれもがゴーギャンの虜になるだろう。

本物を見た時の感動が大きい画家のひとりだと思う。

 

なんといっても外せない!天才ゴッホのなせる業

ゴッホ「自画像」

f:id:ariruariru:20190908160121j:plain

ゴッホの自画像はたくさんあるが、

オルセー美術館の自画像は爽やかな感じ。

でも、この作品はゴッホが精神を病んで

耳を切り落とした翌年に描かれたもの。

 

ゴッホ「オ―ヴェルの教会」

f:id:ariruariru:20190908160140j:plain

昔、頂き物で実家にあったカレンダーにこの絵があった。

目が釘付けになる空の色。

だれをも寄せ付けない不気味な感じを醸し出している。

こちらも耳を切り落とした後の療養生活で描かれた作品だ。

 

ゴッホは、オランダを代表する後期印象派を代表する画家だ。

オランダを旅した時、たくさんのゴッホ作品を観た。

初期の重苦しい形態と色彩のもの、いかにもオランダ絵画らしいもの。

その後パリに出ると、明るい色彩に転じる。

ゴッホの作品を観ると、

その人生そのものを観ているような錯覚に陥る。

 

続々と出てくる!名画の数々に酔う!

 ★セザンヌ「オ―ヴェルのガシェ医師の家」

f:id:ariruariru:20190908160219j:plain

セザンヌが描いた、オーヴェールにあったガシェ医師の家。

ガシェ医師はゴッホの主治医で有名だった人。

絵画愛好家であったガシェ医師は、

セザンヌや他の画家とも親交があった。

 

セザンヌはフランスの画家。

パリに出て印象主義的作風になったが、

その後は印象主義を否定して、独自の作風を確立していく。

幾何学的形態に基づく構成を重んじる作品。

ゴーギャンゴッホキュビスム、20世紀絵画に

大きな影響を与えたといわれる。

 

★マネ「菫の花束をつけたベルト・モリゾ

f:id:ariruariru:20190908160234j:plain

オルセー美術館を訪れた時、ちょうど企画展は

この絵のモデルになっているモリゾだった。

 

モリゾは、裕福な家柄のお嬢さんだったが、

画家を志していた19世紀の女性。

当時、社会的な地位のある上品な女性が

画家になる道はほとんどなかった。異例の女流画家なのだ。

 

やがて、マネの目に止まり、モリゾはマネの肖像画のモデルになる。

 

オルセー美術館の企画展は、

ものすごいボリュームなので行く前には要チェック。

https://www.musee-orsay.fr/

 

★ミレー「落穂ひろい」

f:id:ariruariru:20190908160249j:plain

このもの悲しい作品。今は明るい場所に展示されている。

初めてオルセーに来た時、私の記憶では、

この作品は薄暗い1階の通路のようなところに展示されていた。

どんな意味のある作品か、その時は知らなかったけど、

生活の厳しさや寂しさのようなものをこの作品をから感じた。

 

「落穂ひろい」とは、農家の収穫の風景ではなく、

貧しい人に施しを与えるという意味があるそうだ。

 

落穂ひろいとは、英語で「gleaning」という。

「少しずつ苦労して集めたもの」の意。

知識と経験を少しずつ集めて改めて観る「gleaning」だ。

 

そんな知識をもってから観るこの作品。

胸に染み入るような気がした。

  
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!印象派ギャラリーに大興奮!<パリのオルセー美術館>」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅へ。

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

モンパルナスタワーでの朝食後、オルセー美術館

オルセー美術館は、ルーヴル美術館と並び

パリを代表する美術館で、ゴッホゴーギャンセザンヌ

ルノアール、モネ、マネ、ドガなどの印象派

写実主義の傑作が「これでもか!」というほど展示されている。

とても有名な絵画がたくさん展示されているので、

美術が特に好きというわけではなくても大丈夫。

学生時代の美術の教科書などで、

だれもが一度は観たことがある作品だらけなのだ。

 

まず急いで訪れたのは5階!

焦る気持ちを抑えつつ、階段とエスカレーターで

5階に駆け上がった。

最初に魅了されたのは、絵画ではなく

大時計からカフェエリアに入ってくる「光」だった。

f:id:ariruariru:20190905223235j:plain

オルセー美術館内には、2つのカフェと1つのレストランがある。

5階にあるカフェは、「ル・カフェ・カンパンナ」。

オルセー美術館のシンボル的存在の大時計の裏にある。

まだオープン前で準備中だった。

 

オルセー美術館は所蔵の作品だけでなく、

こういう空間自体も見どころだと思う。

カフェの前を通り過ぎ、その先に広がるエリアは、

印象派のギャラリーだ。

 

印象派ギャラリーに大興奮!

誰もが知るような有名な絵画が、ところ狭しと並んでいる!

 

ルノワールの「ピアノに寄る少女たち」

f:id:ariruariru:20190905223303j:plain

子どものころ、通っていたピアノの先生のお部屋に

飾ってあったと懐かしんでいると、

連れの友人が通っていたピアノ教室にもあったという。

確かにピアノ教室に飾りたくなる絵画だ。

 

ルノワールムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」

f:id:ariruariru:20190908151706j:plain

ルノワールの絵画は、どこからか光が差し込んでいるよう。

やわらかくて眩しい。

 

★モネ「睡蓮」

f:id:ariruariru:20190905223348j:plain

モネの「睡蓮」はいろいろなところで見たけど、

このそうそうたる印象派ギャラリーの中でも存在感がすごい。

オランジュリー美術館に初めて行った時の感動は

今でも忘れられないが、先日、東京の国立西洋美術館で見た

「睡蓮」も大感動だった。

モネの絵を見ると、いつも色と色の融和と重なりの虜になる。

 

印象派ギャラリーには、これでもか!という数の作品が並ぶ。

f:id:ariruariru:20190905223401j:plain

★モネ「日傘をさす女性」

f:id:ariruariru:20190905223415j:plain

柔らかい光に気持ちもほっこり。

 

★モネ「サン・ラザール駅」

f:id:ariruariru:20190905223437j:plain

初めて観た時、感動のあまり、実際のサン・ラザール駅を見に行った。

サン・ラザール駅は、パリの北部にあるターミナル駅だ。

 

段々人が増えてきた。日本人を含むアジア人が多い。

私も含めて、日本人は印象派好きが多いと思う。

ヨーロッパの憧れを表したような絵画が多いからだろうか。

f:id:ariruariru:20190908153609j:plain

 

私が子どものころ、読売新聞の日曜版には

絵画が紹介されるコーナーがあった。

何の知識もなく、ただただ感覚的に「素敵だな」と思って

切り抜いたいくつかの作品。

 

それは私の勉強机の前にその後何年も飾ってあった

コローの「マントの橋」だったり、

ユトリロがモンマルトルを描いたものだったり、

セザンヌやモネ、ルノワールだった。

自分が幼い時から適当に集めたものが、

すべてフランスのものだったと認識したのは、

高校生になってからのことだった。

そんな私にとって、オルセー美術館はまさに「夢の世界」だ!

 

大時計から眺めよう!パリの街を!

印象派ギャラリーを西から東へ進んでいくと、

東側の大時計の裏へ出る。

時計の隙間から見えるパリの街がまた素敵!

見えているのは、セーヌ川の向こうのルーブル宮殿だ。

f:id:ariruariru:20190905223501j:plain

この大時計は、オルセー美術館のシンボル的存在だ。

オルセー美術館の建物は、もともと駅舎だったもの。

その名残を色濃く残すのがこの大時計だ。

 

時計の隙間から入ってくる光が美しい!

f:id:ariruariru:20190905223515j:plain

セーヌ川の向こうには、チュイルリー公園と観覧車。

f:id:ariruariru:20190905223531j:plain

あまりにも有名すぎる絵画に囲まれて、

頭と心が処理しきれなくなってしまった時に、

ちょうどこの大時計の空間に出る。

時計の隙間からパリの街を眺めてちょっと一息。

 

もう一度、じっくり眺めたい作品の元へもどる。

焦りは禁物。オルセー美術館を堪能しよう。

 
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!何度も訪れたくなるオルセー美術館<パリ>」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅。

ヨーロッパに熱波到来というニュースを横目に見ながら、

3年ぶりのヨーロッパへ出発!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

絶景の朝食に酔いしれた後は・・・

f:id:ariruariru:20190831163925j:plain

気持ちよく晴れた日。ホテル近くのモンパルナスタワーで

絶景を堪能しながらの朝食を楽しんだ後、

モンパルナス駅へ向かった。

 

複雑に路線が交差するモンパルナス駅。

人駅以上歩いているんじゃないかな?と思うほど

地下通路を歩いていく……

f:id:ariruariru:20190831163935j:plain

12号線に乗って、ソルフェリーノ駅へ。

f:id:ariruariru:20190831163950j:plain

とてもきれいなホームの壁。白いタイルが貼ってある。

昔ながらのパリのメトロ駅のおもむき。

それが感じられるとうれしくなる。

f:id:ariruariru:20190831164029j:plain

久しぶりのパリ。何もかもがうれしい。

パリらしいと思う「かけら」が感じられるだけで。

 

駅を出ると、パリらしい街並み。

奥に空間が広がっている方へ向かう。

たぶん、あそこがセーヌ川だから!

f:id:ariruariru:20190831164047j:plain

 

何度も訪れたくなるオルセー美術館へ!その理由は?

本日最初の目的地はこちら。オルセー美術館だ。

f:id:ariruariru:20190831164109j:plain

オルセー美術館は、ルーヴル美術館と並び

パリを代表する美術館で、ゴッホゴーギャンセザンヌ

ルノアール、モネ、マネ、ドガなどの印象派

写実主義の傑作が「これでもか!」というほど展示されている。

とても有名な絵画がたくさん展示されているので、

美術が特に好きというわけではなくても大丈夫。

学生時代の美術の教科書などで、

だれもが一度は観たことがある作品だらけなのだ。

 

ちなみにパリの美術館は結構わかりやすくて、

原則として1848年の2月革命から1914年の

第一次世界大戦開戦までの期間のものが

このオルセー美術館にあって、

それより古いのはルーヴル美術館に、

それより新しいのはポンピドゥー・センター

(国立近代美術館)にある。

つまり、この3つの美術館を見学すると、

古代から現代までを通して鑑賞できるということ。

(どこも広いので3つ行くのが大変だけど……)

 

オルセー美術館のHP

    ↓

https://m.musee-orsay.fr/jp/informations

 

私は大好きな美術館で、6年前にも訪れている。

ariruariru.hatenablog.com

 

作品の内容も大好きな理由だけど、実は他にも理由が。

 

オルセー美術館の建物は、もともと駅舎として使われていたもの。

駅舎にはホテルも入っていいて、大規模なものだったようだ。

しかし、パリの街の拡大で列車の車両が長くなるのに対応出来ず、

残念ながら廃駅となってしまう。駅の機能を失ってからも

ホテルは営業していたそうだが、いよいよホテルも廃業。

そして、この美しい建物は美術館として生まれ変わった。

 

旅人としては、駅舎の雰囲気を残す建物に、

時代を超えた美術作品が並んでいるというのが

たまらないポイントだったりする。

 

チケットはすでにネットで購入済!あっという間に

前回訪れた時は、ミュージアム・パスで入場した。

ミュージアムパスは、パリのほとんどの美術館や、

凱旋門などの施設にも入場できるもの。

ariruariru.hatenablog.com

 

パリにしばらく滞在するなら、ミュージアムパスがとても便利だけど、

今回は1日限りのパリなので、美術館はオルセーのみ。

 オルセー美術館のホームページから購入、

プリントアウトしたものとスマホとを持参してきた。

f:id:ariruariru:20190831164121j:plain

入り口には行列があったけど、待ち時間はほんの数分。

飛行機に乗る時みたいに手荷物と身体の検査をうけて、

いよいよ美術館の中へ!

明るい!

f:id:ariruariru:20190905222054j:plain

さて、どうまわるか。作戦が必要だ。

観たいものはたくさんある。

まずはやっぱり5階から!

速足で階段をのぼり始める。

 

 
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!何度でも感動したいパリの街!モンパルナスタワーの朝食の価値」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅。

ヨーロッパに熱波到来というニュースを横目に見ながら、

3年ぶりのヨーロッパへ出発!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

モンパルナスで迎える朝は

ぐっすり眠った翌朝は、すっきりとお目覚め!

いい天気だ!真っ青な空!

モンパルナスタワーがホテルの天窓からドーンと見えた。

f:id:ariruariru:20190826214612j:plain

この日は、モンパルナスタワーの上で朝食をいただく予定。

実は6年前にも私は夫と訪れたお店が、

モンパルナスタワーの上にある。

その絶景が素晴らしくて、友人を連れてまた行きたくなったのだ。

  6年前に訪れた時

  ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

モンパルナスタワーはホテルの目の前だ。

写真中央の三角屋根がホテル。

「ホテル モンパルナス・サンジェルマン」

f:id:ariruariru:20190826214620j:plain

www.booking.com

 

徒歩1分で、モンパルナスタワーへ

大通りからの入り口はオフィスへ行く人用なので、

反対側へまわる。6年前とはまた少し様子が変わっていた。

セキュリティチェックを通って、エレベーターホールへ。

 

モンパルナスタワーは基本的にはオフィスビルなので

ちょっと殺風景な感じ。6年前にも思ったけど、ホントに

この上にレストランがあるのかな……?と不安になる。

あ、良かった。ちゃんとレストランって書いてある。

f:id:ariruariru:20190826214649j:plain

凱旋門エッフェル塔にのぼってパリの街を眺めると、

モンパルナスタワーは結構存在感があって

(どちらかというと悪い意味で……。ごめんなさい)

真っ黒で真四角で高い建物は、それだけでパリでは異質な感じ。

でも、モンパルナスタワーにのぼれば、タワーは見えない。

(ごめんなさい……モンパルナスタワー)

 

めざすのは、56階にあるレストラン

「Ciel de Paris」(パリの空)というお店だ。

f:id:ariruariru:20190826214629j:plain

エレベーターで56階に到着すると、

レストランの方からキラキラした光が差していた。

一泊しかしないパリ。今日しかないパリの朝。

今日はいい天気!ラッキー!

f:id:ariruariru:20190826214700j:plain

わくわくドキドキしながらお店に入る。

窓から光が差し込み過ぎてまぶしー!

f:id:ariruariru:20190826214706j:plain

お店の中に入った。お客さんはだれもいない。

どおりで静かだと思った。店員さんが明るく迎えてくれる。

f:id:ariruariru:20190827235418j:plain

正面に見えるのは、エッフェル塔

f:id:ariruariru:20190826214715j:plain

美しいパリの街を堪能できる、この眺め!

f:id:ariruariru:20190826214738j:plain

どこをどう切りとってもキレイだ。

エッフェル塔が朝日に輝くパリ。

街全体が光を放っているようだ。

f:id:ariruariru:20190826214746j:plain

 しばらく景色を眺めたり、写真を撮ったりするのに夢中。

あやうく、注文するのを忘れてしまうそうな勢い。

そうそう、朝食を食べに来たのでした。

 

ようやく、朝食セットを注文

ちょっと落ち着いて、ようやく朝食セットを注文。

お客さんがあまり来ないから準備ができていなかったのか、

注文したものはなかなかでてこなかったけど、

この眺めがあったら、ちょっとくらい待たされても

誰もおこらないだろうなぁ。

 

朝食セットがやってきた。

f:id:ariruariru:20190827235319j:plain

4種類のパンにバターとジャム、オレンジジュースにコーヒーという、

内容はいたって普通の朝食セット。味は普通に美味しい。

オレンジジュースはとっても美味しい!

f:id:ariruariru:20190827235329j:plain

この朝食セットで15ユーロ。これって、高い?安い?

ほかのお店の朝食に比べれば、若干割高かなとは思うけど、

この眺めを見ながら食べられるなら

ものすごくお値打ち価格だと、私は思う。

f:id:ariruariru:20190827235345j:plain

 お客さんがだれもいないなんて。6年経っても穴場だった。

たった15ユーロで、とっても優雅な気分に浸れる。

 

モンパルナスタワーには展望台もあるけど、

展望台の入場料14ユーロを払うくらいなら、

美しいパリを見ながら優雅に朝食をとりたい。

 

また次にパリを訪れる時も、きっとここに来てしまいそう。

そして朝のパリの街に何度でも感動したい。

 

やっぱりパリは何度来ても、素敵。

永遠に憧れの街だ。

 

 
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!パリらしいビル・アケム橋から見るエッフェル塔」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

 2週間のワインとバスクの旅。

ヨーロッパに熱波到来というニュースを横目に見ながら、

3年ぶりのヨーロッパへ出発!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

ホテルでぐったり?でも、パリのシンボルを見に

直行便のエールフランスで到着したパリ。

空港からのバスにひどく酔ってしまって、、、大変、、、。

旅の連れの友人も、私ほどではないが酔っていたみたい。

友人は比較的いつも車酔いなどは平気そうだけど、

今回は飛行機の着陸から気持ち悪かったそうだ。

 

本当は、モンパルナス界隈でガレットでも食べてから

ビルアケム橋へ行こうと思っていた。

ようやく気分がマシになってきたころ、

動き出したものの……。

 

なんとタイミングの悪いことに、

モンパルナスとビル・アケムを結ぶ地下鉄6号線は工事中だった。

代替バスが走っているのだが、ひどいバス酔いの後、

バスに乗る気にはなれなかった。

しかたない。

遠回りだけど、地下鉄を乗り換えてトロカデロまで。

f:id:ariruariru:20190825211720j:plain

 エッフェル塔は、やっぱり美しい!

トロカデロから見えるエッフェル塔

これが、私が25年前に初めてパリに行った時、

初めてエッフェル塔を見た時の構図だ。

当時の感動がよみがえるので、ここから見るエッフェル塔が好き。

 

25年前、駅の出口を出て、方向感覚をなくしていた私。

どっちがエッフェル塔?とか言いながら、

ふいにシャイヨー宮の切れ目にエッフェル塔が見えた。

そのときの感動と興奮は……!忘れられない。

 

トロカデロ庭園をくだっていく。すごいたくさんの人がいる。

f:id:ariruariru:20190825211732j:plain

どんどん近づいてみる。イエナ橋を渡っていると、

おや?前を歩くのは……

いけない!見てはいけないものを見てしまった……?!

f:id:ariruariru:20190825211748j:plain

エッフェル塔を見たら、バス酔いも気持ち悪さも

かなり消えて、急に元気になってくる。

 

夕刻のセーヌ川沿いをぶらぶらしながら

セーヌ川沿いに降りて、歩いてビル・アケム橋をめざす。

f:id:ariruariru:20190825211801j:plain

だんだん陽が暮れていくころ。長いパリの昼が終わり、

夜のパリを楽しもうとする人が街にあふれてきているようだ。

風が気持ちいい。 

f:id:ariruariru:20190825211819j:plain

パリらしい美しい橋 ビル・アケム橋

ビル・アケム橋まで歩いてきた。ビル・アケム橋とは

セーヌ川に架かる橋で、イエナ橋の1本西にある

15区と16区を結ぶ橋だ。

この橋は、地下鉄6号線が通っていて、地下鉄だけど

2階建ての橋の上を通っているのだ。

 とても美しい橋!

f:id:ariruariru:20190825211838j:plain

 本当はこの上を電車が走っているはずなのだが。。

電車が走っているところも見たかったな。

でも、この橋の美しさは見事!

とってもパリらしい感じがする。

颯爽と自転車が駆け抜けていくのも、また素敵。

f:id:ariruariru:20190825211853j:plain

この柱のフォルム!かっこいいなー。

いろんな映画の撮影などが行われてきた場所。

なにかでどこかで見ているはず。

f:id:ariruariru:20190825211914j:plain

 そして、ビル・アケム橋はエッフェル塔を眺めるのにもいい。

セーヌ川の向こうにエッフェル塔が見えてとても素敵。

f:id:ariruariru:20190825211921j:plain

だんだん夕刻の明かりになっていく。

 

 

ビルアケム橋とエッフェル塔

パリへ行ったら見たかった風景の1つ。

f:id:ariruariru:20190825211937j:plain

 

そろそろタイムアップ!初日は時間制限?

橋を渡りきると、そこは16区のパッシーと呼ばれる地区。

高級住宅地らしい。

f:id:ariruariru:20190825212044j:plain

 セーヌ川沿いの道をシャイヨー宮までもどる。

本当だったら、エッフェル塔がライトアップされるのを

この辺りで待ちたいところだけど、

私たちには、それができない事情が。

f:id:ariruariru:20190825212055j:plain

もうすでに、睡魔に襲われていたのだった……。

いつもならもう少し頑張れそうなんだけど。

やっぱり空港からのバスのせいかな?

バス酔いですっかり体力を奪われてしまったようで。

 

西日に赤く染まるエッフェル塔を見ながら

モンパルナスへ戻る。

f:id:ariruariru:20190825212108j:plain

次にパリを訪れることがあったら、

空港から街への移動手段は、もっと慎重によく考えよう。

 

眠くて重い体を引きずりながら、心に誓った。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅へ!まずはパリ。車酔いとホテルの梁に要注意!?」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンへも足を延ばす。

その後は、陸路でスペインへ入り、

サンセバスティアンからオンダリビアへも。

そして最終目的地はビルバオだ。

 

2週間のワインとバスクの旅。

ヨーロッパに熱波到来というニュースを横目に見ながら、

3年ぶりのヨーロッパへ出発!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

暑い日本の夏を脱出!ヨーロッパも熱波らしいけど?

毎年のことながら、暑すぎる日本を脱出。

どこへ行っても避暑になりそうな日本だけど

ヨーロッパにも熱波が到来しているというニュース……。

なにはともあれ、関西国際空港を出発。

 

快適な空港のすごし方にプライオリティパスは欠かせない。

 

今回はエールフランスなので、パリまで直行だ。

f:id:ariruariru:20190825142525j:plain

エールフランス機内食は、なんといってもパンが美味しい!

ボロボロとパンのかけらがこぼれるけど、

パンとブリーのチーズが美味しくて全部食べちゃう。

f:id:ariruariru:20190825142531j:plain

 

12時間の空の旅を終えたら……次の試練は?

予定通りパリのシャルル・ド・ゴール空港へ到着。

今回の宿泊先はモンパルナスなので、モンパルナス行きの

バスに乗る。シャルル・ド・ゴール空港からのバスには

今まで乗る機会がなく、今回初めて乗った。

 

昔は、エールフランスのバスだったが、今は「ル・ビュス・ディレクト

というバスが何本かの行き先に分かれて運行している。

モンパルナスまでは、30分おきに出ていて18€だった。

混雑するのかと思いきや、ほとんどお客さんがいない。

みんなタクシーに乗るのかなぁ。

f:id:ariruariru:20190825142541j:plain

荷物はバスの下に置けるし、きれいなバスだし、快適快適!

と思いきや……!!この後、ひどいバス酔いに見舞われてしまう。

パリに着いたのは、午後の4時。バスに乗り込んだ時、

ちょうどパリの街が渋滞する時間帯だったのかも知れない。

 

大型のバスがこんな道通るの?!みたいなとこを通ったり、

車間距離大丈夫?みたいな運転だったり、とにかく

進んだり止まったりを繰り返し、ひどく車酔いしてしまった。

 

シャルル・ド・ゴールから80分くらいかかって

ようやくモンパルナスへ。とりあえず、ホテルで休憩したい。

モンパルナスタワーだ。

f:id:ariruariru:20190825142603j:plain

気力を振り絞って、バス停から徒歩2分のホテルを目指した。

 

高身長の方は要注意!パリのホテルは便利な駅前

パリでのホテルは、「モンパルナス・サンジェルマン」

モンパルナス駅からすぐの便利なホテル。

f:id:ariruariru:20190825142554j:plain

 ホテルの予約はbooking.com

www.booking.com

 

わかりやすい場所のホテルを予約しておいて良かった。

こんなにもバスに酔うとは想像できず。。

 

こじんまりとしているが、内部は現代的に改装されていて、

居心地が良さそうなホテルだ。

 

ホテルのエレベーターホールからは裏側が見える。

f:id:ariruariru:20190825142558j:plain

私たちの泊まったお部屋は、三角屋根の部分。

屋根裏部屋のようなお部屋だった。

f:id:ariruariru:20190825142608j:plain

モダンな感じで、部屋の梁が素敵なのだが、

実は頭をぶつけるくらい低い所にこの梁が出ている……。

部屋の面積はそんなに狭くないし、天窓が付いていて明るいけど、

高身長の方にはお勧めできないお部屋。

 

何泊かすれば慣れてくるのかもしれない。

私たちは1泊だったので、、。

長期滞在の方にはきっといいでしょう。

レセプションは明るくて素敵。

ホテルの方も気さくでいい感じのホテルだ。

 

さて、車酔いからはやく脱出して、パリの街を歩かなきゃ!

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

デンマーク&ドイツ&スイス旅「チューリッヒで食べる!旅の終着地は居心地の良い国際都市」

2016年8月

 

この夏は北欧から旅をスタート。気心知れた友人との2人旅だ。

デンマークコペンハーゲンから電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒをめざす旅。

ariruariru.hatenablog.com

(いつも通り、旅のお供は地球の歩き方。) 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A18 地球の歩き方 スイス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/22時点)


 

鉄道の旅が好きだ。ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。


 

日本では味わうことのできない、鉄道で国境を超えて

デンマーク→ドイツ→スイスと旅をしてきた。

旅の終着地チューリッヒを街歩き中。

 

目次

終着地のチューリッヒは魅力的な街

新型のトラムと旧型のトラムが並ぶ。

中央駅に続く道。活気ある街だ。

 

チューリッヒの旧市街で見た景色。

印象的なのはリマト側のこの色と両岸。

f:id:ariruariru:20190825114205j:plain

f:id:ariruariru:20190825114213j:plain

リマト川の両岸に丘が広がるチュールッヒ。

教会の塔が空へニョキっと突き出た風景が印象的だ。


ある日のホテルへの帰り道。

夕立に洗われた街に陽が沈む。

f:id:ariruariru:20190825114122j:plain

トラムが走る街はどこかノスタルジックな雰囲気。

長い夏の日の夕景は見事だ。

思わず立ち止まってしばらく眺めた。

 

そんなチューリッヒ滞在も残すところわずかになった。

チューリッヒはスイスの中ではドイツ文化圏に属す

大都市だが、国際都市ならではの開放感があって、

しかも避暑地の明るさとのんびりした空気がある。

 

チューリッヒで食べる!チーズフォンデュにレシュティ!

この旅、最後に食べたのは、チーズフォンデュ

真夏に滞在したのでちょっと悩んだけど、

テラス席でおいしそうにチーズフォンデュ

ほおばる人たちを何組も目撃したので、

私たちもぜひと、かわいらしいお店にやってきた。 

f:id:ariruariru:20180702221401j:plain

旧市街にある「Swiss Chuchi」というお店。

www.tripadvisor.jp

 

陽が長いので明るいが、もうすでに夜の8時。

軽やかなディナータイムが始まる。

テラス席が気持ちいい!! 

f:id:ariruariru:20180702221346j:plain

お目当てのチーズフォンデュとソーセージとレシュティ。

スイス料理レシュティ(Rösti)は、じゃがいもをバターで

黄金色に焼き上げた、いも好きにはたまらないスイスの家庭料理だ。

これが香ばしくて、ソーセージとよく合う!

 

チーズフォンデュのチーズは全然しつこくなくて、

ワインの風味で満たされている。

 

テラス席にふわっと吹いてくる風が心地よい。

しっかり目のスイスらしい白ワインを飲みながら、

にぎわう界隈のおしゃべりも心地よい。

 

旅の終わりに

最後の夜を気持ちの良いテラス席で過ごす。

帰りたくないなぁ。旅の振り返りをしながら

美味しいもので満たされる夜。

 

デンマークから始まった大満足の列車旅。

コペンハーゲンハンブルクブレーメンチューリッヒ

どこ街も個性的で、爽やかな街ばかりだった。

 

翌日、チューリッヒの空港から帰途へ。

f:id:ariruariru:20190825135850j:plain

ルフトハンザ航空でドイツのフランクフルトで乗り換え。

爽やかな夏のヨーロッパと列車旅を満喫した旅。

さて、次の旅は?

帰りの飛行機は、もう次の旅の妄想が始まっている。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

デンマーク&ドイツ&スイス旅「チューリッヒ中央駅から30分!自然を満喫ユトリベルクへ」

2016年8月

 

この夏は北欧から旅をスタート。気心知れた友人との2人旅だ。

デンマークコペンハーゲンから電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒをめざす旅。

ariruariru.hatenablog.com

(いつも通り、旅のお供は地球の歩き方。) 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A18 地球の歩き方 スイス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/22時点)


 

鉄道の旅が好きだ。ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。


 

日本では味わうことのできない、鉄道で国境を超えて

デンマーク→ドイツ→スイスと旅をしてきた。

旅の終着地チューリッヒを街歩き中。

 

目次

 

チューリッヒの朝 ホテルで

前日、スイスのチューリッヒへ夜行列車で到着。

ドイツのハンブルクから12時間の列車旅だった。

快適な列車旅。到着したチューリッヒは、

開放的で穏やかな街。

コンパクトな街に必要なものがすべてそろっている。

公共交通機関も整っているし、治安も良い。

長期で滞在したい街だ。

(残念ながら私たちは2泊だけだけど。)

 

ホテルの朝食ルームは、明るくて清潔!

f:id:ariruariru:20190825004618j:plain

シンプルだけど、必要なものはすべてそろっている。

スイスの、こういう機能的な感じは、北欧みたいだな。

イタリア・フランスと国境を接しているけど、

ラテン系のそれらの国々とは違う感じだ。

チューリッヒがドイツ文化圏だからだろうか。

f:id:ariruariru:20190825004625j:plain

素敵な朝食!スムージーまであった。

本格的なコーヒーマシーンがうれしいな。

f:id:ariruariru:20190825004631j:plain

www.booking.com

  

チューリッヒ中央駅から電車で

この日はチューリッヒからちょっとだけ遠出。

まずはチューリッヒ中央駅へ。宮殿のような駅舎。

f:id:ariruariru:20190825004557j:plain

遠出と言ってもほんの少し郊外へ行くだけ。

目指すのはユトリベルクという山だ。

スイスに来たのだから、山へ行こう!という

結構短絡的な発想でこの日はでかけることに。

 

ユトリベルクとは、東京でいう高尾山(?)みたいな感じで、

都会から近いけど自然豊かで、ハイキングや登山に

ぴったりの場所らしい。

 

直通の電車もあるが、時間的に合う電車は、

途中の駅で乗り換えなければならないことを

チューリッヒ中央駅で教えてもらって、いざ出発。

チューリッヒ中央駅はとても広くて、

今回乗る電車は地下ホームから発車する。

 

ほどなくして、乗換駅に到着。

直通の電車で30分ほどの距離。乗換駅はすでに

山の雰囲気で、空気が美味しい!

f:id:ariruariru:20190825004649j:plain

乗り換えを待っているだけでも楽しいなー!

f:id:ariruariru:20190825004642j:plain

f:id:ariruariru:20190825004656j:plain

ユトリベルク行きの電車がやってきた。

この先の急な勾配を登っていける電車だ。

ココから先は、登山鉄道的な感じ。

f:id:ariruariru:20190825004702j:plain

キレイな電車だ。車窓からは緑・緑・緑!

f:id:ariruariru:20190825004709j:plain
中央駅から少し離れただけで、辺りはのどかな緑の海。

前日、せかせかと街歩きをした後、

チューリッヒ湖畔ののんびりした空気に、

「あれ?チューリッヒの過ごし方を間違えてる……?」

という気がしたので、今日は自然を満喫するぞ!


あっという間にユトリベルク駅に到着!

f:id:ariruariru:20190825004717j:plain

遠くにアルプスが光っている!駅からもう絶景が見えていた。

すべての色が濃さを増してまぶしい。

自分までもが浄化される気分だ。

気持ちよいスイスの夏!

 

終点のユトリベルク駅から山道をしばらく歩く。

f:id:ariruariru:20190825004756j:plain

心地よいトレッキングだ。

本格的な山登りもできるし、簡単なハイキングコースもある。

それぞれがそれぞれの体力に合わせて楽しめる。

案内板の道をなんとなく歩いて20分。

爽やかで気持ちいいなー。森林浴だ!

木々の間から雪山が光っている雄大な風景が見える。

f:id:ariruariru:20190825004801j:plain

しばらく歩いていると、ちょうどそろそろ疲れてきたころに

開けた場所へ出た。カフェがある建物には何人かの人が寛いでいる。

 

もちろん、展望台にのぼってみましょう!

その横にそびえたつ展望台。個性的な形。

f:id:ariruariru:20190825004830j:plain

もちろん、登ってみましょう!

階段がなかなかしんどいけど、

絶景を見ながらだからがんばれちゃう。

うわー!気持ちいいー!

 眼下には、チューリッヒの街並みやチューリッヒ湖、

南方には、ベルナー・アルプスからグラーナ・アルプスへと続く山並み。

f:id:ariruariru:20190825004725j:plain

f:id:ariruariru:20190825004734j:plain

f:id:ariruariru:20190825004838j:plain

展望台の上に結構な時間滞在していたけど、

風が強くてだんだん寒くなってきた。

f:id:ariruariru:20190825004851j:plain

展望台は開放的過ぎて、結構くだりがこわかったりして……。

下が透けて見えるタイプ。

f:id:ariruariru:20190825112646j:plain

駅まで戻ってきた。こんなに街から近場なのに

本当に自然を満喫できるなんて。大満足!

帰りの電車は、行きの電車とちょっと違うタイプ。

f:id:ariruariru:20190825004914j:plain

とても空いていたので、ちょっとお行儀が悪いけど、

足を投げ出して、リラックスタイム……。

f:id:ariruariru:20190825004924j:plain

大満足のユトリベルク。がっつり登山をする人も、

そこまでじゃないけどぶらぶら自然の中を歩きたい人も、

どんな人も楽しめそうな場所だった。


ほんの少し郊外へ出ただけで、

気持ちの良い夏を満喫できた日帰り旅。

チューリッヒ、いい街だな!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村