「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!ボルドーの素敵な街並みとお別れの時!古い街並みの名残を感じる大鐘楼界隈へ」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

 

目次

 

素敵な界隈!ボルドーの大鐘楼へ

この日でボルドーの街とはお別れ。

12:02のTGVでボルドーを発つ予定だ。

駅前の便利なホテルに荷物を置いて、

昼までの時間を街歩きに費やしているところ。

ariruariru.hatenablog.com

 

今日もいい天気だ!

サンミッシェル大聖堂まで歩いたところ。

ariruariru.hatenablog.com

 サンミシェル大聖堂の広場からは、

いくつもの通りに出ることができる。

方向感覚を失いながらも、なんとなく北西を目指していたら、

大鐘楼(大時計)付近に出ることができた。

 

f:id:ariruariru:20191207224216j:plain

ヴィクトル・ユーゴー通りのそばにある大鐘楼(大時計)は、

かつての城門の上に大きな鐘が据えられている。

思っていたよりもずっと大きい!
f:id:ariruariru:20191207224226j:plain

大鐘楼にある2つの大時計は、南側の時計は18世紀に、

北側は15世紀に作られたもの。

建物自体は13世紀のもので、

塔には大きな鐘が備えら付けられている。

 

大鐘楼に近づいてみると、その向こうの街並みが気になってしまった。

アーチの向こうには、雰囲気のある街並みが見えているのだ。

f:id:ariruariru:20191207224234j:plain

狭い道の両側に商店などが並んでいるようだ。

南から北へくぐって振り返ったところがこちら。

f:id:ariruariru:20191207224245j:plain

日向と日陰のコントラストが美しい。

これも湿気の少ないカラッとした気候のおかげだ。

この細い道は、サン・ジェームス通り。

f:id:ariruariru:20191207224312j:plain

日本食材を売っているお店なども並んでいた。

道幅が狭いので、通りからは大鐘楼の全貌は見えない。

f:id:ariruariru:20191207224327j:plain

この大鐘楼からアーチをくぐって細い通りに入る辺り、

いかにもヨーロッパの古い街並みの名残が感じられて

素敵な雰囲気だった。

 

教会を訪れると思うこと、いろいろ

さて、その後出くわしたのは、サンポール教会。

f:id:ariruariru:20191207224340j:plain

地元の教会のようだが、建物が美しい。

(巨大なスタジアムのすぐ横だった)

f:id:ariruariru:20191207224348j:plain

f:id:ariruariru:20191207224359j:plain

あぁ、もうそろそろホテルに戻らなきゃいけない時間だけど、

目の前にこんな教会が建っていたらやっぱり入ってしまうでしょう。

ということでお邪魔してみると、日曜日なのでミサ中だった。

f:id:ariruariru:20191207224411j:plain

邪魔をしてはいけないと思いながら、

一番後ろの端っこで気配を消して見学中。

f:id:ariruariru:20191207224421j:plain

日常の私は、宗教に興味が特にあるわけでなく、

日本人の多くがきっとそう思っているのと同じように、

「自分は無宗教だ」という暮らしを送っている。

 

十代で海外に出た時、自分の宗教観や宗教に対する考えを

説明できない自分にがっかりした経験がある。

それ以来、自分の考えを表現することぐらいは

ぜひできるようになりたいと思うようになった。

そう思ったきっかけが「宗教について」だったのだ。

 

教会は、それを自分の肌感覚では感じ取れるような気がして、

気持ちが引き締まる。そして、何かを信じたい気持ちや、

信じたいものに人間が求める空気感には、

宗教を超える共通点があるように思えて、ホッとする。

例えば、それは静寂や荘厳さなどだ。

 

名残惜しいボルドーの街を離れる時

名残惜しいボルドーの街だけど、

だんだんタイムリミットが近づいていた。

パリでのことがあったので、

TGVの時刻を気にしながらの街歩き。

(パリでのこととは……こちら ↓ )

ariruariru.hatenablog.com

 

さて、ホテルへ戻ろう!

f:id:ariruariru:20191207224522j:plain

通りすがりに、ブルゴーニュ門。

かつての城塞都市だったボルドーの名残だ。

f:id:ariruariru:20191207224534j:plain

この門からバスに乗って駅前へ向かおうとするが、

バスがなかなか来なくて焦る。

f:id:ariruariru:20191207224603j:plain

なんとか満員のバスに乗り込んで駅へ。

初めて訪れたボルドーの街。

パリとはまったく違う魅力にあふれた街だ。

サンテミリオンや、メドックのシャトーめぐり、

もっともっと滞在してもまだまだ楽しめる街だった。

 

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

いよいよ旅は中盤へ突入!

フランスからスペインをめざす。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!ボルドーを去る日。サンミッシェル大聖堂の光と蚤の市」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

 

目次

 

ぎりぎまで楽しんじゃう!ボルドーの街歩き

この日はボルドーを去る日。

12:02発のTGVまで、ボルドーの街歩きを楽しむ。

ぶらぶら歩いて出会った教会。聖十字架教会。

f:id:ariruariru:20191205220143j:plain

朝日が神々しくて美しかった。

f:id:ariruariru:20191205220158j:plain

アシンメトリーのファザード。

f:id:ariruariru:20191205220211j:plain

この日は日曜日。少しお邪魔するとミサの最中だった。

柔らかくてピリッとした空気が漂う。

f:id:ariruariru:20191205220223j:plain

その後はまたぶらぶらと歩く。

ボルドーの街は本当に整っていて美しい。

f:id:ariruariru:20191205220237j:plain

いつまでも歩いていられそう!

いろんなものが絶妙な感じで調和している。

形も色も雰囲気も。

f:id:ariruariru:20191205220251j:plain

目的地があるようでないような街歩き。

歩きたくなるような道を選びながら、

なんとなくめざす方角を感じながら歩いてみる。

f:id:ariruariru:20191205220316j:plain

とても静かだ。聞こえてくるのは住宅からの生活音。

掃除機をかける音や、コインランドリーから聞こえる

洗濯機の音。

 

サン・ミッシェル大聖堂に到着!

北に向かって歩いていると、だんだんにぎやかな

雰囲気に変わってきた。

すると、ものすごく立派な美しい鐘楼が見えてくる。

どうやら、サン・ミッシェル大聖堂まで来たようだ。

f:id:ariruariru:20191205220330j:plain

すごい人だかりが見えてきた。

にぎわってるな~!

 

サン・ミシェル大聖堂は、14世紀から16世紀に

建築された、ゴシック様式の聖堂だ。立派!

f:id:ariruariru:20191205233418j:plain

聖堂とは別に独立して建っている高さ114mの鐘楼は、

南フランスでは最も高い鐘楼らしい。

今までの街歩きの中でも、いろいろなところから

ちらっと見えていた建物だった。

f:id:ariruariru:20191205233407j:plain

めちゃめちゃ大きい!

 

ブロカントにわくわく!見ているだけでおもしろい!

そしてこの混雑ぶりにびっくり!

サンミッシェル大聖堂前の広場では、

週末になるとブロカント(蚤の市)が開かれている。

この日は日曜日の午前中。ちょうど真っ最中だった。

 

大きな家具が売られていたり、

f:id:ariruariru:20191205233444j:plain

何が何だか分からないものも……

f:id:ariruariru:20191205233459j:plain

あ~長居したらなんか買っちゃいそう。

こんな荘厳な聖堂の前で。

f:id:ariruariru:20191205233511j:plain

「誰が買うんだろう…?」っていうモノもたくさんあるけど、

見て回るだけでワクワクする。蚤の市って楽しい!

f:id:ariruariru:20191205233523j:plain

古い本なんかは、ちょっと魅力的。

買いたいけど荷物が重くなるから我慢。

f:id:ariruariru:20191205233553j:plain

 

サンミッシェル大聖堂の内部は?空間に身を委ねて

もちろん大聖堂の内部にもお邪魔してみた。

f:id:ariruariru:20191205233612j:plain

聖堂内は、外のにぎやかさを疑うほどの静寂。

ステンドグラスからは強い光が入ってくるのに

全体的に暗く神秘的な雰囲気だ。

 

f:id:ariruariru:20191205233622j:plain

サン・ミシェル大聖堂は、

「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」

の一部として、世界遺産にも登録されている。

サンタンドレ大聖堂も、同じく世界遺産

       ↓

ariruariru.hatenablog.com

f:id:ariruariru:20191205233634j:plain

週末にこんなにも人が集まるサンミッシェル大聖堂界隈。

一歩聖堂の中に足を踏み入れると、そこは特別な場所だ。

この空間に身を委ねたくなる。

 

歴史を感じる床にうつり込む、今現在の光。

外とはまったく時間の流れ方がそこにあった。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!朝食にカヌレ・ド・ボルドー!高級カヌレ?庶民派カヌレ?」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

カヌレ・ド・ボルドーの味わいを楽しむ

昨日は、メドック地区のシャトーをめぐる

半日ツアーに参加した。

個人旅行ではなかなか体験できないもの。

苦手なツアーに参加して大満足!

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

そしてこの日は、とうとうボルドーを去る日だ。

 

朝食はホテルのお部屋でのんびりと。

前日に買っておいた、カヌレとマカロン

f:id:ariruariru:20191130224837j:plain

カヌレボルドーが発祥と言われるフランス伝統菓子だ。

正式名をカヌレ・ド・ボルドーという。

ボルドー女子修道院で古くから作られていたお菓子。

 
その昔、ボルドーではワイン生産のために、

ワインの澱を取り除く卵白を大量に使用していた。

そのために残った卵黄の利用法として考え出されたそうだ。

 

 カヌレって、日本ではあまり食べないのだけど、

今回の旅でカヌレの美味しさにびっくりした!

ボルドーで有名なカヌレ屋さんは2軒。

どちらのお店も赤色で、最初は同じお店かと思ったけど、

味も雰囲気もお値段も、まったく違う!

 

高級感漂うカヌレか?庶民派のカヌレか?

上の朝食のものは、こちらのお店のもの。

高級感漂うカヌレ専門店。「CANELÉ BAILLARDRAN」 

f:id:ariruariru:20191130224919j:plain

店舗や店員さんの雰囲気も高級店!って感じ。

 

そしてもう一つのお店は、庶民派の「La Toque Cuivrée」 

f:id:ariruariru:20191130225027j:plain

こちらは地元のカヌレ屋さんという感じ。

 

この2つのお店がボルドーの街で

バチバチのライバル争いをしているようだ。

(たぶん……)

私も両方のお店のものを買って、

朝食として食べ比べをしてみた。

 

どちらが美味しいかと聞かれれば

どちらが美味しいかと聞かれれば、

どちらもめちゃめちゃ美味しい!

 

お値段は、高級感漂う「BAILLARDRAN」のものが、

 「La Toque Cuivrée」のものの4倍ほどする。

毎日食べるなら「La Toque Cuivrée」かな。

素朴で飽きのこない味だ。

一方、「BAILLARDRAN」のものは、

しっかりとした味わいで香りがとても強く、

食べ応えがある。

 

こちらは別の日の朝食。

「La Toque Cuivrée」のカヌレ

f:id:ariruariru:20191202221931j:plain

外側はカリカリで、中はモチモチ。

もう完全にカヌレの美味しさにはまってしまった。

 

実は日本に帰国してからもカヌレが恋しくなって、

日本では有名なカヌレ屋さんなどで買ってみた。

あぁ、でもやっぱり……。

ボルドーカヌレがますます恋しくなってしまうのだった。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!メドック・シャトーめぐりで知る。知らないからこそおもしろいワインのこと<ボルドー>」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

シャトーめぐりに酔いしれる!

この日はボルドーで、メドック地区のシャトーを

めぐる半日ツアーに参加中。

 

ボルドーは言わずと知れたワインの街。

私はワインにはそんなに詳しくないけど、

その土地のものをその土地で楽しむことには目がない。

(基本的に下戸だけど、ワインは比較的楽しめるのだ。)

ariruariru.hatenablog.com

 

先日のサンテミリオンではこんなシャトーも。

楽しかったなぁ~。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

ボルドーから車で40分ほど。

一件目のシャトーを見学した後、

続いて車で移動した先は、

またまた広大な敷地を持つシャトー。

「シャトー・ラスコンブ」へ。

f:id:ariruariru:20191130102324j:plain

またまた、素敵な建物が。

まさにシャトー(お城)だ。

あたりはとても静か。車で通った小さな村も

ほとんど人通りがなく、世界的にワインで有名な

この地区でも、訪れる人は少ない模様。

交通の便が悪いので、ツアーでドバっと来ちゃうのかな。

 

そんな危惧もあって、できるだけ

こじんまりとしたツアーを選んだ。

それが功を奏し、静かでゆっくりとまわれる。

 

絵本の中のような空間

絵本の中の世界のような建物と風景。

f:id:ariruariru:20191130102503j:plain

広報の女性が丁寧に説明してくれる。

この日はとても暑くて、説明を聞きながら

ちょっとぼーっとしてしまう。。。

f:id:ariruariru:20191130102423j:plain

どこまでも広がるブドウ畑!

f:id:ariruariru:20191130102446j:plain

ガイドを聞きながら、敷地内を案内されて、

f:id:ariruariru:20191130102523j:plain

ブドウを育てる難しさや、歴史も学ぶ。

同じ品種を毎年同じように育てても、

決して同じワインにはならないことなど。

f:id:ariruariru:20191130102539j:plain

さまざまな種類のブドウをどのようにミックスするかは、

それぞれのシャトーの腕の見せどころらしい。

f:id:ariruariru:20191130102610j:plain

訪れたのは8月。ブドウがもう形になっていた。

f:id:ariruariru:20191130102636j:plain

その後は、日差しで暑くなった体を冷やしてくれる

熟成庫と保管庫。涼しい!

f:id:ariruariru:20191130102658j:plain

f:id:ariruariru:20191130102720j:plain

f:id:ariruariru:20191130102740j:plain

f:id:ariruariru:20191130102752j:plain

最後に試飲。

このテイスティングルームが

また美しくて気持ちいい。

f:id:ariruariru:20191130102811j:plain

いくつかのワインを試飲して味比べ。

味比べの仕方なども教えてくれる。

f:id:ariruariru:20191130102827j:plain

f:id:ariruariru:20191130102846j:plain

 

知らないからこそおもしろいワインの世界

奥が深すぎて、ちょっとしり込みしてしまいそうになる

ワインの世界だけど、何もそんなに肩に力を入れる必要もない。

ってことがこの旅で分かった。

 

味の種類は本当にさまざまで、時間を置いて飲むと

また違う味わい。さすがに奥が深いワインの世界。

でもだからこそ、すべてを知り尽くすことはできない。

だから知らないことがあっても当たり前のことなのだ。

f:id:ariruariru:20191130102902j:plain

試飲の後、シャトーの建物の階段を下りると、

ふわっと漂うレモンの香り。

 

どこか知らない世界に迷い込んだような

現実離れした時間と空間だ。


真夏のボルドーは、とても魅惑的。

まだまだありそう。知らない魅力が。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!ボルドーで楽しむメドックのシャトーめぐり!」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

ワインの街ボルドー!どうやってワインを楽しもう?

午前中にボルドーの街歩きを楽しんだこの日。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

午後には、楽しみな予定が入っている。

まずはボルドーの中心地であるコメディ広場へ。

美しいこの建物は大劇場だ。

f:id:ariruariru:20191128220554j:plain

コメディ広場と、カンコンス広場の間に位置する観光案内所へ。

ボルドーらしいこんな建物の中に観光案内所が入っている。

ボルドーの街は、優美な建物が並んでいる。

f:id:ariruariru:20191128220612j:plain

この日のお楽しみ。

この日の午後は、「ボルドーのシャトー半日ツアー」に

申し込んでいるのだ。観光案内所が待ち合わせ場所。

 

「Ophorus」という会社のツアーをネットで申し込んでおいた。

英語での案内、試飲付きというプランだ。

13:50の待ち合わせ。観光案内所周辺には、

さまざまな会社のさまざまなツアーに参加する人が集まっていて、

ちゃんと申し込んだツアーを見つけられるかちょっと不安…。

 

入り口付近で待つこと15分ほど。

ようやく案内の係員が声掛けを始めて、

何種類かあるツアーのうち、

ちゃんと自分たちのものを発見できて一安心。

 

苦手なツアーに申し込んだ理由は?

何を隠そう、ツアーがとても苦手な私。

いつもわがまま気ままな旅をしているからか、

いろんなものに縛られる「ツアー」はいい思い出がない。

旅での集団行動は苦手。。。

もっとあっちを見たい!とか、

私はここをじっくり見たい!とか、

時間も空間も制限されて、

「自分の旅」ではなくなってしまう気がするから。

 

でもボルドーに来たのだから、

やっぱりシャトーの見学はしてみたかった。

でも個人旅行ではなかなか難しい。

公共交通機関でまわるのは不可能に近かった。

 

半日ツアーなら、なんとかなるか…という気持ちで参加。

ツアーはこんな感じの車で。

f:id:ariruariru:20191128221811j:plain

アメリカから、シンガポールから、

イギリスからの人たちと一緒のツアーだった。

 

ボルドーメドック!シャトーめぐりへ

ボルドーはワインの街だ。

ボルドーは、11万ヘクタールのブドウ畑をようする

世界最大のワイン生産地。

そんなボルドーワインの中でも知られるメドック地区。

 

今回申し込んだツアーは、そんなメドックのシャトーを

2カ所めぐるというものなのだ。

さまざまなタイプのツアーが催行されている。

一日かけてめぐるもの、食事つきのもの、

きまったシャトーをめぐるもの、メドック

サンテミリオンの両方をめぐるものなど。

 

そんな中からいろいろ悩んでツアーを選んだ。

まず、条件的には、あまり人数の多いツアーではないこと。

プライベートな雰囲気でシャトー見学がしたかったから。

拘束時間が比較的短いもの。

いくつかのホテルでツアー参加者をピックアップするもの

などは、それに時間を要するので、観光案内所に集合する

タイプのものを選んだ。

 

さていよいよ、陽気なイタリア系の運転手兼ガイドさんと一緒に出発!

まずはメドック地区へ向かって、車で40分ほど移動。

車中では、各々の自己紹介や車窓からの案内などがあった。

 

まずは「シャトー・ドーザック」というシャトーへ到着。

f:id:ariruariru:20191128220626j:plain

「シャトー」という呼び名がにふさわしい、

お城みたいにきれいな建物。

f:id:ariruariru:20191128220714j:plain

広大な敷地は、シャトー見学というよりは、

ピクニックにでも来たような気分だ。

f:id:ariruariru:20191128220725j:plain

さて、シャトーの内部の見学へ。

とっても近代的!清潔感にあふれている。

f:id:ariruariru:20191128220745j:plain

f:id:ariruariru:20191128220804j:plain

ヒンヤリした空気の中に、さまざまな香りが漂う。

f:id:ariruariru:20191128220830j:plain

 

自分らしい旅をするために

最後に試飲をさせてもらって、大満足!

f:id:ariruariru:20191128220851j:plain

参加してみて感じたこと。

やっぱり個人では、なかなか訪れるのが難しかったな。

ツアーに参加して良かった。

英語の説明は理解するのがちょっと厳しかったけど。

私の英語力の低下やら、フランス人のフランス訛りの英語やら、

さまざまな要因が絡み合って……。

 

しかしながら、あらためて感じたのは、

旅のプランを決める時は、全体のバランスが大事。

限られた時間や予算や体力の中で、

自分らしく旅をするためには、

いろんな方法を比較検討するべきだ。

ツアーだって、いいとこあるよね。

「ツアーに参加して今回は成功だった!」と思いながら

試飲のワインをおいしくいただいた。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!快適旅への第一歩!旅先のスーパーを使いこなす<ボルドー>」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

旅先でまず探すのは、スーパーマーケット!

旅先では、現地のスーパーを使いこなせるかどうかが

快適な旅の第一歩といっても過言ではない。

私の旅はいつも滞在型で、同じ都市に何泊もする。

 

そして、そんなに贅沢な旅はしない。

だって、まるで暮らしているように旅するのが目標だから。

かと言って、めちゃめちゃ貧乏旅でもない。

 

というわけで(?)、私の旅にはスーパーの存在が

必要不可欠なのであった。

 

フランスでよくお世話になるのは、モノプリというスーパー。

f:id:ariruariru:20191126234543j:plain

どこにでもあるので入りやすくて品ぞろえも豊富だ。

私は、モノプリで売られているものの価格を見て、

それをフランスでの物価の基準と思っている。

例えば、モノプリよりも水を高く売っているスーパーを

見つけたら、ここは高いなという具合に。

 

スーパーで一番買うのは水。滞在期間に合わせて

2リットルのサイズを買ったりする。

それ以外に生活必需品を買うこともあるし、

(長期滞在の時は歯磨き粉を買ったこともあるし、

イタリアの夏に蚊取り線香を買ったことも。)

旅先で食べるお菓子、ワイン、さまざまなお土産など、

ありとあらゆるものを買っている。

 

スーパーマーケットって素晴らしい!

旅先で出会うスーパーが素晴らしい点。

特にフランスのような食べ物の美味しい国では、

スーパーのお惣菜などもクオリティも高いこと。

 

ボルドーのモノプリにも、見るからに美味しいそうなものが

ショーケースにずらりと並んでいた。

f:id:ariruariru:20191126234419j:plain

f:id:ariruariru:20191126234436j:plain

f:id:ariruariru:20191126234506j:plain

フランスは言わずと知れた美食の国だ。

ただ、連日レストランで外食を続けていると、

だんだんいろいろと疲れてくるものだ。

 

まず、基本的に日本人にとっては量が多すぎる。

そして、ついついワインも飲んでしまうので

さらに胃腸が疲れてくる。

そして金銭的にも疲れてくる。

ヨーロッパでは、日本に比べると外食にお金がかかる。

 

スーパーのお惣菜を侮るなかれ!

というわけで、ボルドー滞在中のある日の夕食。

モノプリのお惣菜シリーズ!

f:id:ariruariru:20191126234933j:plain

きゅうりのサラダもタコのマリネも、

もちろんキッシュも、どれもしっかりした味つけで

レストラン顔負けだ。そしてうれしいことにリーズナブル!

 

長い滞在ができる旅では、こんな感じでスーパーの

お惣菜の食事を1つはさむと、胃腸も休めるし、

ホテルでゆっくり寛ぎながら過ごすことができる。

シメのコーヒーもホテルのお部屋で。

f:id:ariruariru:20191127002304j:plain

(窓の向こうはボルドーの駅舎。素晴らしい立地!)

ariruariru.hatenablog.com

 

宝探しみたい!時間さえあれば絶対に行きたい!

ちなみにスーパーでは、いろんな発見も楽しめる。

モノプリの冷蔵コーナーで見つけたのはこちら。

「スリミ」という商品。

f:id:ariruariru:20191126234733j:plain

近年、ヨーロッパで大ブレーク中の「かにかま」だ。

どんどん種類も増殖している模様。

f:id:ariruariru:20191126234739j:plain

スーパーは食文化を知ることもできるし、

その国の物価も、どこの国からの輸入品が多いとか、

日本の食材がどんな風にラインナップされているとか、

興味深いことを知るチャンスが転がっている場所。

 

ボルドーのモノプリで、たっぷり1時間ほど楽しんだ私たち。

馴染みのスーパーができたら、急に住んでる気分になれるから不思議だ。

 

「帰りにスーパーに寄ってから家に帰ろう」

ホテルを「家」と言い間違え始めたら、

自分らしい旅ができているんだなと確信する。

ボルドーの滞在もそんな感じになってきた。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!神様の存在を信じたくなる演出!ボルドーのサンタンドレ大聖堂」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

これぞゴシック!サンタンドレ大聖堂

この日は朝からボルドーの街歩き。

ペイ・ベルラン塔からぐるっとボルドーの街を眺めて、

すっかり我が街気分になったところ。

ariruariru.hatenablog.com

 

なかなかハードな階段で足がガクガクになったので、

高揚した気持ちと疲れた足を落ち着かせるために

サンタンドレ教会へ向かう。

f:id:ariruariru:20191124131404j:plain

f:id:ariruariru:20191124131039j:plain

すごく細かい彫刻がほどこされている!

ゴシック様式の「石のレース」だ。

f:id:ariruariru:20191124131056j:plain

導かれるように内部へ吸い込まれてみる。

 

広くて美しい空間に注ぎ込む自然の光

内部はとても広くて、美しい。見事!

f:id:ariruariru:20191124131250j:plain

まさに大聖堂!という感じ。見学者も結構いたけど、

ちゃんと静寂がたもたれていて、心が落ち着く。

f:id:ariruariru:20191124131128j:plain

奥のステンドグラスから、自然光とは思えないほどの

眩しい光が降り注いでいる。

キリスト教徒じゃないけど、神様の存在を信じたくなる。

 

サンタンドレ大聖堂は、ボルドーの街の中でも

にぎわっている目抜き通りに近く、

大聖堂のある広場には、カフェやレストランがたくさん。

大聖堂をぐるっとまわるようにトラムが走り、

とても賑やかな辺りだ。

 

でも、大聖堂の中へ一歩足を踏み入れると、

そこは周囲とはまったく異なる空間。

すばらしいステンドグラス。

f:id:ariruariru:20191124131144j:plain

f:id:ariruariru:20191124131216j:plain

サンタンドレ大聖堂は、12世紀にアキテーヌ公の

孫娘アリエノールが、フランス王ルイ7世と

結婚式を行ったことで知られるそうだ。

西側に一番古い11世紀のの壁が残っていて、

そのほかの建物のほとんどは、12世紀から14世紀に造られたもの。

ゴシック様式の聖堂には、ふつうは西側に大扉がある。

しかし、サンタンドレ大聖堂は、城壁に接していたため、

西側ではなく北側に大扉があるところがめずらしいらしい。

 

マリア様は何を見ているのかな?

外からの光を柔らかくかえてくれるステンドグラス。

ふと見ると、そこに静かにマリア様の像があった。

f:id:ariruariru:20191124131202j:plain

マリア様の後ろ側に入れることはあまりない気がするので、

マリア様の視線と自分の視線を重なり合わせてみる。

マリア様は、祈る人々を見ているんだなと改めて思った。

 

反対側にはとても立派なパイプオルガン。

その下にあるのが、もっとも古い時代の壁。

f:id:ariruariru:20191124131256j:plain

f:id:ariruariru:20191124131313j:plain

 

私流の教会の楽しみ方は

塔にのぼって、美しいボルドーの街をまるで

制覇したような気分を味わった後、

大聖堂でしっとりとした時間を過ごす。

ただの観光客の一人だけど、できるだけその場の

普段通りの空気を味わいたいと思う。

 

教会に入ったら、ぐるっと一周。

その後は座ってじっくり、目を凝らす、耳を澄ます。

その場に行かなければわからないことがある。

それを探しながら旅をしているのかも。

 

教会の中の椅子に腰を掛けると、

思いもよらないことが頭や心をよぎったりする。

すっかり忘れていたことを急に思い出したり、

答えのないことを考えたくなったりするものだ。

 

そしてその後は、もう一度歩いてみる。

f:id:ariruariru:20191124131435j:plain

神様の存在を信じたくなる、数百年前の人々の

そんな演出の数々が次々と見えてくると、

なんだかありがたい気持ちになってきたりも。

 

教会の正しい楽しみ方は分からないが、

私流の楽しみ方はこんな感じ。

教会があったら入ってみる。

きっと何か新しい発見があるから。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!ボルドーのサンタンドレ大聖堂ペイ・ベルラン塔から絶景を楽しむ!」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

サンタンドレ大聖堂とペイ・ベルラン塔

この日は朝からボルドーの街歩き。

ブルス広場から細い路地を探索しながら

たどり着いたのは、サンタンドレ大聖堂と

ペイ・ベルラン塔が建つ広場だ。

f:id:ariruariru:20191117104429j:plain

大きすぎて写真におさまりきらない!

教会から少し離れて立つ塔。こちらは15世紀のもの。

f:id:ariruariru:20191117101839j:plain

 サンタンドレ大聖堂のもっとも古い部分は

なんと11世紀につくられたものだという。

日本だと平安時代だ。

南フランスのゴシック様式の典型的なスタイル。

 

大聖堂と塔の前に佇む人影が。

ペイ・ベルランさんかな?

ペイ・ベルランとは、塔を建てた時の大司教の名前。

ではなくて、ジャック・シャバン・デルマスの像。

第五共和政第4代首相、ボルドーの市長でもあった人。

f:id:ariruariru:20191117111535j:plain

f:id:ariruariru:20191117111546j:plain

 

絶景の空の上へ!目が回る螺旋階段!

ペイ・ベルラン塔がオープンするのを待って、

上へ登ってみることにした。

大聖堂側が入り口。入場料6€。

f:id:ariruariru:20191117111827j:plain

建物に入ると、チケットブースと

狭いけど簡単なグッズコーナーがある。

チケットブースのスタッフは

みんな若くて英語がスムーズだった。

 

そしていよいよ上へ。

狭い中は延々と続く螺旋階段だ。

f:id:ariruariru:20191117111605j:plain

比較的明るい螺旋階段だったので、

これなら楽勝か?と思いきや、、、。

なかなか大変!途中で休憩するスペースがないのだ。

 

ヨーロッパの古い塔には、結構登ってきたけど、

ペイ・ベルラン塔は、外から見た印象に比べて

登るのが想像以上に大変だった。

 

ノンストップでどんどん上へ。息が上がる!

はぁー!と一息つけたのは、すでにこんな高さだった。

f:id:ariruariru:20191117111619j:plain

ボルドーの街並みがしっかり遠くまで見渡せる!

風が心地よくて爽やかだ。

 

絶景と街の雰囲気を楽しめる場所!

さっきまでいた下の広場。広場を囲むように

トラムが走っているので、そのレールの曲線が美しい。

f:id:ariruariru:20191117111636j:plain

ガロンヌ川方面。茶色の屋根が並ぶ街。

f:id:ariruariru:20191117111653j:plain

ボルドーの屋根の茶色は落ち着いた色。

ちょっと大人の街の雰囲気というか、

品がいい感じがする。

 

もう一段上、最上階の展望スペースへ。

サンタンドレ大聖堂方面。

f:id:ariruariru:20191117111708j:plain

360度どこをどうみても美しい眺めだ。

f:id:ariruariru:20191117111728j:plain

f:id:ariruariru:20191117111743j:plain

大聖堂が目の前に見える。

下から見上げるより、大聖堂の美しさがよりわかるかも。

f:id:ariruariru:20191117111801j:plain

午前中に来たのがよかった。

爽やかな風が吹く中、長居するとちょっと寒いくらいの気候。

ボルドーの街は都会で洗練されているけど、

どこかのんびりしていて落ち着いている。

パリとはまったく違う魅力ある街だ。

 

塔にのぼってよかった!

ちょっと螺旋階段はつらかったけど、

お天気のいい日には、必ず登っておきたい。

ボルドーの絶景と、ボルドー街の雰囲気を楽しめる場所だった。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!どこまでも歩けちゃう、ボルドーの路地裏ハンティング!アンブレラ・スカイ・プロジェクトも!」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

ボルドーの路地裏ハンティング!

この日は朝からボルドーの街歩き。

ブルス広場の水鏡が、朝はどうなっているのか

気になってやってきた。

でも、、、昨夜見た幻想的な世界は

幻だったのかと思うほど、あの空気は跡形もなく…。

 

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

昨夜の余韻から立ち直って(?)、

美しいボルドーの街歩きへ。

 

ブルス広場から細い道を西へ入ってみる。

f:id:ariruariru:20191117101634j:plain

この日もいい天気!!

歩くのが気持ちがいい。

f:id:ariruariru:20191117101648j:plain

この辺りはレストラン街だ。昨夜は多くの人でにぎわっていたけど、

朝は静かで夜とはまったく別の顔。

f:id:ariruariru:20191117101715j:plain

しばらく歩くと、素敵な広場に出た。

パーラメント(Parliment) 広場。

f:id:ariruariru:20191117101728j:plain

広場を横切って西へ進むと突き当たったところに

ショッピングモールがあった。

「プロムナード・サンタカタリーナ」とある。

間口の狭い通りを覗くと、カラフルな光が落ちてくる。

 

アンブレラ・スカイ・プロジェクトも!

最近流行りの「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」。

元々はポルトガルのアゲダのものが有名だが、

最近はあちこちで見るようになった。

 

今年、軽井沢でも見ました。

    ↓

f:id:ariruariru:20191117105628j:plain

 

こんな天気のいい日は、

傘の色があちこちに反射してとっても素敵。

f:id:ariruariru:20191117101745j:plain

シックな色合いのボルドーの街。

重厚感ある街並みにこんなカラフルなもの、

なぜかちゃんとマッチしているから不思議だ。

f:id:ariruariru:20191117101803j:plain

このショッピングセンターはアメリカ風の作りで、

スタバも軒を連ねていた。まだ開店前だったので

どのお店も準備中。だからとっても静か。

 

ショッピングセンターを通り抜けて、

ギロード通りをまだまだ西へ歩く。

 

教会の鐘の音に誘われて

どこをどう歩いても素敵な街並み。

狭い路地をどこまでも歩いていけそう。

f:id:ariruariru:20191117101823j:plain

教会の鐘の音に誘われて、通りを南に下ると、

広い広場の真ん中に堂々たる教会と塔が

建っていた。

サンタンドレ教会とペイ・ベルラン塔だ。

f:id:ariruariru:20191117104429j:plain

f:id:ariruariru:20191117101839j:plain

こんないい天気のボルドー

塔にのぼって上から眺めたくなる。

塔がオープンするのをワクワクしながら待った。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!脳裏に焼きつく水鏡の余韻に浸る!大人の街ボルドーの街歩きへ」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

 朝のボルドーはどんな感じ?

パリからボルドーに入った翌日は、

サンテミリオンへ足を延ばした。

ariruariru.hatenablog.com

 

夜はブルス広場の水鏡。

幻想的な街の雰囲気を味わいながら

ホテルへと帰った。

ariruariru.hatenablog.com

 

そしてこの日は、朝からボルドーの中心地へ。

この日もとってもいい天気!!

f:id:ariruariru:20191116224059j:plain

ポルト・ドゥ・ブルゴーニュでバスを降りた。

ポルト・ドゥ・ブルゴーニュとは、こちらの立派な門のこと。

f:id:ariruariru:20191116224114j:plain

この門のある広場から、

ガロンヌ川を超えるピエール橋がのびている。

めちゃめちゃキレイ!橋の街灯がおしゃれだなぁ。

f:id:ariruariru:20191116224007j:plain

橋のたもとから川岸を見ると、

美しく弧を描いたボルドーの街が見事だった。

 

ガロンヌ川岸に広がる「月の港」ボルドー

f:id:ariruariru:20191116223944j:plain

まさに「月の港」だ。

ボルドーは、「月の港ボルドー」として

世界遺産に登録されている。

「月の港」とは、まさにガロンヌ川岸に

三日月のように連なる街並みのことだ。

 

本当に美しい。清々しいボルドーの朝!

f:id:ariruariru:20191116224126j:plain

気持ちの良いガロンヌ川岸を北に歩いて、

ポルト・カイヨまで来た。大きい!

f:id:ariruariru:20191116224147j:plain

カイヨ門をくぐって、西へ向かう予定だったけど、

ここまで歩くと気になってくる。

ガロンヌ川沿いが気持ちがいいのも手伝って、

結局歩いてブルス広場まで来てしまった。

 

まだ前日の夜に見た、美しすぎる水鏡が

脳裏に焼きついていて、朝の水鏡を

見てみたいと思ったからだ。

 

感動の水鏡から一夜明けて……

こちらが朝の水鏡……。

水がない!!鏡がない!!

f:id:ariruariru:20191116224208j:plain

衝撃的だ。昨夜ここで見たものは、

すべて幻だったのではないかと思うほど、

朝の水鏡は何にもなくて、誰もいなくて、

忙しそうにすぐそばを車が行き交っていた。

 

昨夜の同じ場所からの眺めはこちら。

f:id:ariruariru:20191116224254j:plain

f:id:ariruariru:20191116224313j:plain

f:id:ariruariru:20191116224332j:plain

f:id:ariruariru:20191116224350j:plain

ariruariru.hatenablog.com

 

あぁ、美しい。

昨夜の高揚した気分の余韻に、まだまだ浸っていたい私たち。

しばらく無言でたたずんでみた。

が、夜のブルス広場と朝のブルス広場は全く違う顔。

f:id:ariruariru:20191117011621j:plain

朝のボルドーを楽しみに行こう。

トラムのレールを渡っていく。

f:id:ariruariru:20191117011639j:plain

さて、余韻から少しは立ち直って、

今日は、まだ知らない、ボルドーを楽しみに行こう。

ワインの香り漂う大人の街を。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!水鏡ってすごい!真っ暗なボルドーの夜に浮かび上がるブルス広場の建物!」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

いつまでも眺めていたい!ボルドーの水鏡

この日は朝からサンテミリオンへ。

ariruariru.hatenablog.com

 

帰ってきてからボルドーの街をお楽しみ中だ。

ariruariru.hatenablog.com

 

幻想的なブルス広場の水鏡。

涼しい風が川沿いを吹き抜けて気持ちいい。

f:id:ariruariru:20191109212519j:plain

f:id:ariruariru:20191109212532j:plain

f:id:ariruariru:20191109212547j:plain

突然、水鏡の床から霧が吹きだしてきた。

ますます幻想的な雰囲気に包まれる。

f:id:ariruariru:20191109213932j:plain

f:id:ariruariru:20191109213944j:plain

水鏡はさながら舞台のように。

あまりの美しさに写真撮影会があちこちで開催中。。

f:id:ariruariru:20191109213953j:plain

f:id:ariruariru:20191109214010j:plain

水鏡の水がまた少しずつ深くなっていく。

子どもたちにはそれが楽しいようで。

f:id:ariruariru:20191109214025j:plain

水鏡とブルス広場の間には、大きな通りがある。

でも川沿いから見ると通りの存在はわからない。

f:id:ariruariru:20191109214033j:plain

f:id:ariruariru:20191109214050j:plain

とても計算されているんだな。水鏡、本当にすごい。

水鏡の周辺にはたくさんの人、人、人!

水鏡の中を歩く人がたくさんいるから

周辺もびちゃびちゃに。。。

f:id:ariruariru:20191109214057j:plain

ブルス広場そのものも美しい。

f:id:ariruariru:20191109214118j:plain

ボルドーの街は夜も美しい。

f:id:ariruariru:20191109214142j:plain

 

真っ暗闇に浮かび上がる、まぶしいブルス広場

夜の10時をまわると、いよいよ真っ暗になってきた。

ブルス広場の建物が光り輝いている。

f:id:ariruariru:20191109214215j:plain

f:id:ariruariru:20191109214233j:plain

f:id:ariruariru:20191109214246j:plain

f:id:ariruariru:20191109214256j:plain

f:id:ariruariru:20191109214310j:plain

 

ボルドーの夜を楽しんだ後は

この時間になるとずいぶん気温が下がってくる。

だんだん肌寒くなってきた。

さて、そろそろホテルへ戻ろう。

この時間でも、まだまだたくさんの人が水鏡周辺にいる。

f:id:ariruariru:20191109214332j:plain

水鏡を裸足で楽しんだ子どもの足跡を

見つけたりしながらバス乗り場へ。

f:id:ariruariru:20191109214345j:plain

C線のトラムが運休中なので、バスに乗って帰る。

バスはガロンヌ川沿いを走っている。

f:id:ariruariru:20191109214404j:plain

 

堪能したボルドーの夜の水鏡。

何時間でも眺めていられる美しい光景だった。

自然の光と、人工的な水鏡が合わさって、

感動を生む場所だった。

 

朝からサンテミリオンを日帰りで楽しんで、

夜はボルドーの都会的な夜景を楽しんだこの日。

心地よい疲れでゆっくり眠れそうだ。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!幻想的でミステリアス!ボルドーのブルス広場に現れる水鏡」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

美しい世界遺産の街ボルドーに夜がやってくる

美しい世界遺産の街ボルドーの夜がやってくる。

この夜は楽しみにしていたブルス広場の水鏡へ。

野菜たっぷりの簡単ごはんを食べてから、

歩いてブルス広場へやってきた。

 

風が心地いい。昼間は35度くらいの気温になったが、

湿度が低く、朝晩は過ごしやすい気候だ。

f:id:ariruariru:20191109205857j:plain

ブルス広場も夕刻の光に包まれて、

だんだん暗闇が近づいてくる。

美しいな。ため息が出る。

f:id:ariruariru:20191109205908j:plain

 

水鏡を考えた人、すごい!美しい景色に魅了される

ブルス広場から通りを渡って川沿いに出る。

ここが水鏡の場所だ。空の色が美しい。

f:id:ariruariru:20191109205918j:plain

たくさんの人が思い思いに気持ちの良い夕刻を過ごしていた。

こうやって川沿いの建物を見ると、本当に三日月のように

曲線を描いているのがわかる。

ボルドーは海沿いではないが、このガロンヌ川沿いに

発達した河川港の街だ。

f:id:ariruariru:20191109205930j:plain

水鏡のしくみは、非常に浅いプールのようになっていて、

底にいくつかの水が出てくる口がついている。

まるで地面から水がしみ出すように均一に

四角い湖ができあがるのだ。

じゃぶじゃぶ歩く人もたくさんいたりして。

 

でもできれば、風も止んで建物が写り込むのを見たいのだけど。

この日は結構風もあって、気持ちいい。

水鏡にも、さざ波が立っている。

f:id:ariruariru:20191109205938j:plain

ガロンヌ川側も気持ちいい!

ピエール橋がとてもきれいに見える。

f:id:ariruariru:20191109210002j:plain

 

だんだん暮れるボルドーの楽しみ方

だんだん暮れてくる。

いい場所を陣取ってしばらくぼんやり楽しんでみる。

f:id:ariruariru:20191109210033j:plain

だんだん光の向きや彩度が変わってくるから

水鏡が海にも川にも見えてくる。

これ考えた人、すごいなぁ。

 

しばらくすると建物のライトアップが始まった。

美しい!なんかミステリアスな雰囲気も。

f:id:ariruariru:20191109210054j:plain

しばらくすると、水鏡の水が引いていく。

水鏡は限りなく浅い水たまりのような状態に。

f:id:ariruariru:20191109212302j:plain

幻想的なボルドーの水鏡の真骨頂。

素晴らしい!!!

f:id:ariruariru:20191109212519j:plain

楽しいボルドーの夜の楽しみ方。

ブルス広場の水鏡で間違いない。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!暑い夏のボルドーで、野菜たっぷり簡単ごはん!」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

 

月の港、ボルドーを歩く! 

この日は朝からサンテミリオンへ日帰り旅。

小さいワインの街を大満喫!

ariruariru.hatenablog.com

 

サンテミリオンから帰ってきた後は、

ホテルで休憩してから、ボルドーの街歩きへ出発した。

ariruariru.hatenablog.com

 

カンコンス広場からコメディ広場へ出て、

その後は西の方角へ歩いてみた。

工事中のガンベッタ広場のそばのカヌレ屋さんで

カヌレを買ったり、ぶらぶら歩いてから

目抜き通りのサント・カトリーヌ通りへ。

f:id:ariruariru:20191109135251j:plain

サント・カトリーヌ通りは、コメディ広場から南にのびる通りだ。

時刻は夕暮れ時。カラッとした夏のボルドー

空の色が美しく変化していく。

 

簡単ゴハンにちょうど良いお店を発見!

この辺りで軽く夕食を。

この日はたっぷりのランチをサンテミリオンで食べたり、

ボルドーに戻ってきてからもホテルのお部屋で

カロンを食べたので、軽めの夕食をカジュアルに。

  サンテミリオンでのランチ

      ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

そんな思惑でお店を探していたら、

ちょっと面白そうなお店を見つけた。

「EatSalad」というサラダ専門店。

f:id:ariruariru:20191109135314j:plain

表の看板を熟読してみる。

サラダの中身を自分でカスタマイズできるというお店!

f:id:ariruariru:20191109135322j:plain

まさにこの日の私たちにピッタリのお店だ。

まず、カウンターでサラダの元になるものを選ぶ。

私はパスタのフジッリを選択。

その後、トップングの野菜を選び、ソースを選び、

ドリンクを選び、楽しい!

f:id:ariruariru:20191109135307j:plain

旅では体調を整えるのも大切。

やっぱり野菜不足に陥ることが多いので、

こんなお店はとってもありがたい。

 

トワイライトの美しいボルドー

さて、簡単ゴハンを終えたら、外はどんどんトワイライト。

この界隈はレストラン街だ。

あちこちからおいしそうな匂いが漂ってくる。

f:id:ariruariru:20191109135333j:plain

この道を西に歩くと、だんだん水の匂いがしてくる。

この先にガロンヌ川が流れているのだ。

ボルドーの街は、このガロンヌ川沿いに

三日月のような形に広がって発展している。

 

ブルス広場が見えてきた。

空もちょうどいい感じ!

f:id:ariruariru:20191109135345j:plain

広場に出てからふり返るとこんな感じ。

今歩いてきた道が美しい!

f:id:ariruariru:20191109135400j:plain

空の明るさが刻々と変わっていく時間帯。

世界が美しい時間だ。

f:id:ariruariru:20191109135409j:plain

美しいブルス広場。左手がガロンヌ川

先に見えるピエール橋はもうライトアップされている。

f:id:ariruariru:20191109135432j:plain

この時間帯にブルス広場にやってきたのは、

水鏡を楽しむためだ。

水鏡とは2006年にブルス広場に登場したもの。

さぁ、ボルドーの美しい夜を楽しむぞ!


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!ボルドーの中心地へ。圧倒されるワインでつくられた黄金の街」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

ホテルのお部屋でホッと一息する方法

サンテミリオン日帰り旅を終えて、

ボルドーに帰ってきた。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

ボルドー駅前の便利なホテルでちょっと休憩。

サンテミリオンで買った素朴なマカロン

ボルドーのスーパーで買ったコーヒー豆で。

 

紙コップと紙ドリッパーは、友人が日本の100円ショップで

買って持ってきてくれたもの。

湯沸かしポットも友人が持ってきてくれた。

ありがたい!!

f:id:ariruariru:20191103221733j:plain

素朴な味わいのサンテミリオンのマカロン

サンテミリオンの思い出話をしながら、

ホッと一息つけるこの時間。楽しい。

f:id:ariruariru:20191103221714j:plain

どこでも気軽にコーヒーを飲めるヨーロッパの旅。

値段も手ごろに飲める。

でも、ホテルのお部屋でホッと一息つくコーヒーは

また違った意味で格別だ。少し長めの旅にはありがたい。

 

昔、南イタリアの旅へ出かけた時、

友人がこの湯沸かしポットとコーヒーを

持ってきてくれたことがあった。

 

 2008年の旅でした。今回と同じ友人との旅。

  ↓

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

南イタリアではバールに入れば100円程度でコーヒーが飲める。

ホテルのお部屋でコーヒーを飲むことなんてあるかな?

と思っていたけど、いやいや、私たちはほぼ毎日、

お部屋で飲むコーヒーを楽しみにするようになっていた。

ホッと一息つける空間は旅の中でも大切だ。

 

ボルドーの街歩きへトラムに...いや、バスに乗って

さて、時刻は夜の7時。まだまだ明るいフランスの夏。

何度見ても素晴らしいボルドー駅の駅舎。

f:id:ariruariru:20191104161906j:plain

ボルドーの中心地へ出てみることにした。

昨夜の遅くにボルドーに到着した私たち。

ariruariru.hatenablog.com

 

この日は朝からサンテミリオンに行っていたので、

ボルドーの街をまったく見ていないのだ。

本当はトラムのC線で街の中心部まで行けるんだけど、

なぜかこのタイミングで工事中。。。

ということで、代替バスの乗り場へ。

(この旅で何度この「代替バス」というワードが出てくることか。すでに3度目。)

f:id:ariruariru:20191104161913j:plain

駅と中心地を結ぶ重要な路線なので、

代替バスも度々出ているようだ。

 

チケットは10かい使える回数カードを駅前の自販機で購入。

事前に調べてみると回数カードなのに複数人に使えるらしい。

 

私たちは、ボルドー滞在中に

1人5回は乗るだろうという計算で、

2人で1枚の回数カードを購入した。

ICチップ付きの回数カードなので、

かざすだけで乗り降りできてとても便利だ。

 

重厚な建築物が並ぶ洗練されたボルドーの街

私たちもそれに乗り込み、なんとなくここかな?

という停留所で降りてみた。

ものすごく広い広場、カンコンス広場へ。

光り輝くジロンドの記念碑を横目に見ながら、

f:id:ariruariru:20191104161923j:plain

南に歩くと、コメディ広場へとつながっている。

美しく整備された街並み。ボルドーは都会だ!

f:id:ariruariru:20191104161935j:plain

コメディ広場から北を見る。

f:id:ariruariru:20191104161955j:plain

コメディ広場には、大劇場や高級ホテルが建ち並ぶ。

その真ん中をトラムが通っていくという広場。

f:id:ariruariru:20191104162007j:plain

とてもモダンな感じの広場だ。

正面にジロンドの記念碑が見えている。

f:id:ariruariru:20191104162016j:plain

トラムがやってきた!囲いも何もないのでびっくり!

トラムの後ろの素晴らしい建築物が大劇場。

18世紀後半に建設された建物だ。

f:id:ariruariru:20191104162058j:plain

コメディ広場に滑り込んできたトラムは、

広場の南端で西に進路を変更していく。

その道もまた素晴らしく美しい!!

f:id:ariruariru:20191104165552j:plain

その道をしばらく歩いて、ふと視線を左に向けると、

道の突き当りに「!!」

サンタンドレ大聖堂が見えた。

f:id:ariruariru:20191104162125j:plain

トラムのレールが美しい。

ここでトラムは再び南に進路をとっている。

 

少し歩いてみてわかったこと。

ボルドーはワインで築かれた黄金の街だ!

かわいらしい宝石箱のようなサンテミリオンの街から

帰ってきた私たちの前に広がるのは、

箱にはおさまりきらないこぼれ出る栄華の欠片。

その堂々とした街のたたずまいに圧倒された。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!サンテミリオンの素朴なマカロンとモノリス教会!旅の中で考える旅のこと」

2019年8月

 

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリから入って、フランス・ボルドー

スペインのサンセバスティアンビルバオ

大西洋側を南下する計画だ。

 まずはフランス・パリに1泊、ボルドーに3泊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/25時点)


 

途中、ボルドーからサンテミリオンにも足を延ばす。

その後は陸路でスペインのバスク地方へ。

サンセバスティアンからオンダリビアへ、

そして最終目的地はビルバオ

さあ、 2週間のワインとバスクの旅へ!

 

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

目次

素朴で懐かしいマカロンを買いに

この日は、ボルドーから電車とバスを乗り継いで

世界遺産の小さい街サンテミリオンへ。

 

大満足のランチの後は、再び街歩きへ。

ariruariru.hatenablog.com

 

まずはサンテミリオンで絶対買って帰ると

決めていたものを買いに、とあるお店を探す。

あ、あった!あのお店だ!

というか、、さっき前を通っていたのに、

さりげなくてまったく気づかなかった。

f:id:ariruariru:20191103221439j:plain

街のお菓子屋さんという感じのたたずまい。

雰囲気あるなぁ。

f:id:ariruariru:20191103221530j:plain

こちらのお店で買ったのは、マカロン!!

カロンといっても、日本でも人気のあのカラフルな

カロンではなく、中世からつくられている製法を守っている

昔ながらの素朴なマカロン

 

こちらの写真は、このお店で買ったマカロン

ホテルへもどってからいただくところ。

パッケージも素朴な雰囲気でかわいい。

f:id:ariruariru:20191103221733j:plain

元々は修道院でつくられていたお菓子。

フランスの伝統菓子は、修道院発祥のものが多い。

中を開けるとこんな感じ。

f:id:ariruariru:20191103221714j:plain

紙に張り付いた状態で箱に入っていた。

味わいは本当に素朴で、ほんのり甘くて、アーモンドの香り。

 

歩くことが目的の街歩き

再び、サンテミリオンの街歩き。

どこをどう切り取っても絵になる風景。

どんどん歩けちゃうんだけど、坂道だらけの街。

足にはだんだん疲労がたまっていく。。

でもやっぱり歩いちゃう。

f:id:ariruariru:20191104152706j:plain

迷路のような細道を。あれ?さっきも通ったかな?

f:id:ariruariru:20191104152722j:plain

素晴らしいお天気のこの日。

日中は直射日光が体に痛いくらい!

f:id:ariruariru:20191104152735j:plain

あちこちにワイン屋さん。

試飲をしながらゆっくり好みのワインを選ぶのも楽しいだろう。

f:id:ariruariru:20191104152748j:plain

 

サンテミリオンの心臓部モノリス教会

モノリス教会の前へやってきた。

塔の根元部分は、ランチ前に街を眺めた場所だ。

f:id:ariruariru:20191104154614j:plain

不思議な形状の教会。岩盤と教会が一体になっている。

モノリスとは、一枚岩という意味。

もともとサンテミリオン(聖ミリオン)が

洞窟を掘ったところからサンテミリオンの街が始まったとされる。

まさにその場所がこちら。

f:id:ariruariru:20191104152806j:plain

次のガイドツアーを待つ観光客。

観光案内所で申し込むガイドツアーで内部に入ることができる。

 

モノリス教会の前のお土産物屋さんには、

5ユーロでブドウの苗木が売られていた。

日本には持って帰れないけど、こんなお土産もあるんだな。

さすがワインの街サンテミリオン

f:id:ariruariru:20191104152838j:plain

歩けば歩くほど楽しみが増すサンテミリオン

モノリス教会からしばらく坂をくだって振り返ると、

絵ハガキのような眺めが見えた。

f:id:ariruariru:20191104152854j:plain

 

日帰りか?一泊か?と聞かれたら

小さい街ながら、楽しみがぎゅっと詰まっているサンテミリオン

日帰りではもったいないかもしれない。

次回、訪れる機会があったら、

この小さい街のどこかに宿をとって、

日帰り観光客の押し寄せる前の早朝と、

帰った後の夕刻以降の時間を存分に楽しみたいと思う。

きっと、素晴らしい美しい時間が流れているに違いない。

 

かわいい街並み!

f:id:ariruariru:20191104152923j:plain

残念ながら、私たちは後ろ髪をひかれながら

サンテミリオンをあとにする。

バイバイ!サンテミリオン

f:id:ariruariru:20191104155838j:plain

駅までの15分。遠いと思う人もいるでしょうが、

私はやっぱり歩くのがおすすめ!

 

こんなブドウ畑の緑を見ながらのんびり歩けば、

サンテミリオンの空気を思う存分楽むことがてきる。

はぁ~、深呼吸!

f:id:ariruariru:20191104155847j:plain

 

旅の中で考える旅のこと

駅前から代替バスでリボンヌ駅まで乗って、

リボンヌ駅からボルドー駅まで列車に乗る。

リボンヌ駅では列車トラブルで1本待たされた。

f:id:ariruariru:20191104155859j:plain

でもサンテミリオンの空気で、列車が来ないことも許せる気分。

日本だったら、きっともうイライラしちゃってるところ。。

f:id:ariruariru:20191104155910j:plain

旅に出ると、時間の感覚も変化していく。

これも楽しいところ。

そして、普段の自分はこんなにも

いろんなものに縛られているのか…!と

思い知らされるのも旅。

 

大問題だ!この世の終わりだ!(?)と

ギャーギャー騒いだことも、

ほんの些細なことだったと、

自分の人生の中では対して重要なことではなかったと、

ふと思えるこんな旅の中での時間。

 

観光名所を巡るだけでない、

「おいしい」「きれい」「すごい」だけでない

そんな旅がもっとしたいな。

旅の中で、旅とは何かを考えるこんな時間も大好きだ。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ