「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

デンマーク&ドイツ&スイス旅「ハンブルクの便利な駅近ホテルと中央駅!ペットボトルをリサイクル!ライプチヒの思い出」

2016年8月

 

この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒめざす旅。

ariruariru.hatenablog.com

(いつも通り、旅のお供は地球の歩き方。)


 


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にいつも熟読。


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ!

現在、ドイツのハンブルクに滞在中。

ariruariru.hatenablog.com

 

目次

 

 ハンブルクのホテルは立地最高!でも……狭い!

 交通の要衝ハンブルクでのホテルは、

「ノヴムホテル・グラフ・モルトケハンブルク」という

覚えられないくらい長い名前のホテル。
www.booking.com

 ホテルの予約はだいたいbooking.com

予約の確認もしやすいし、早めの予約でも

現地払いが選べて安心感がある。

 

立地を重視して選んだホテルだった。

今回の旅は鉄道で移動する旅。

コペンハーゲンから鉄道で到着したハンブルク

ここからまたスイスのチューリッヒへも鉄道だ。

ハンブルク滞在中には、ブレーメンなどへの

日帰り旅にも中央駅から出発。

というわけで、中央駅に近い場所を選んだ。

 

コペンハーゲンからハンブルク中央駅に到着。

ariruariru.hatenablog.com

 

 スーツケースを曳いての移動は、

できるだけ短い方がいい。

重くてしんどいだけでなく、防犯上も大切なことだ。

今回は女2人旅なので特に。

 

ホテルの長い名前を呪文のように唱えながら歩く。

ところが、ホテルがなかなか見つからない。

方向音痴ではないので、ホテルが発見できないということは

あまり経験がないのだが、???

結局、むだな時間を15分ほど計上してしまった。

見つからなかった原因はこちら……。

f:id:ariruariru:20190815100812j:plain

ホテルの建物が大々的に工事中だったこと!

そして、そのことを知らなかったこと!

上を見上げればわかるのだが、

ハンブルク中央駅周辺は想像以上に人が多くて、

発見できなかった……。

f:id:ariruariru:20190815103404j:plain

ドイツには多くの難民が流入してきている問題が起きていて、

ハンブルクのような港町は特にそれが顕著なようだ。

元々他民族の開かれた港町の雰囲気だと思うが、

駅の周辺には、ここは本当にヨーロッパ?と感じる地区や

雰囲気があった。特に危険という感じではなかったが。

 

何はともあれ、何事もなくチェックインできてよかった!

外から見たら大々的に工事中だったけど、

部屋の窓からは明るい日差しが入っている。

シンプルで清潔そうなお部屋。

f:id:ariruariru:20190815100816j:plain

 立地はもちろん申し分ない。ホテルを発見するまでは

遠回りをしてしまったけど、まっすぐ歩けば駅まで徒歩3分!

 

数泊したけど、朝食も申し分なかった。

f:id:ariruariru:20190815103746j:plain

 ドイツはどこでもコーヒーやパンは絶対に美味しい。

日本で普段は好んでドイツパンは食べないけど、

ドイツのパンは種類が豊富で味わい深い。

 

コーヒーとパンさえ美味しかったら……

「私はここで暮らせるな」といつも思うのだった。

f:id:ariruariru:20190815104138j:plain

朝食ルームもキレイで清潔で明るい!

連泊しても飽きないラインナップがうれしい。

ホテルのスタッフもフレンドリーでいい感じ。

気持ちの良い滞在になった。

 

ただ、このホテルの難点は、部屋の狭さ!

上の写真ではなかなかわからないのだが、

過去の旅をふりかえっても、かつてない狭さだった。

2人のスーツケースを開くスペースはない。

試行錯誤の数日が続く……。

(ベッドの間の棚をあっちへやったりこっちへやったり……)

 

何でもある!困ったらハンブルク中央駅に行こう!

滞在中に何度も利用したハンブルク中央駅。

本当に大きな美しい駅舎で、何度も眺めてしまう。

f:id:ariruariru:20190815103517j:plain

線路は工事中だが、見事な駅舎に感動!

昔の駅舎をそのまま利用している駅は多いが、

行き止まり駅ではない限り、地下通路を設けて各ホームに行くタイプが多い。

でもハンブルクの中央駅は、2階からホームへ降りるタイプ。

だから全体が見渡せて、それが壮観なのだ。

f:id:ariruariru:20190815100913j:plain

それだけではない。中央駅にはさまざまなショップが入っている。

もっともお世話になったのは、やはりスーパーだ。

駅のスーパーは手狭なことが多いが、

ちゃんと生鮮食料品も置いてあるスーパー。

f:id:ariruariru:20190815104054j:plain

 

ドイツの素晴らしいリサイクル制度!ぜひ日本でもやって欲しい!

数日滞在したので、何度もミネラルウォーターを購入。

ドイツの素晴らしいところは、こんな風にペットボトルなど

リサイクルできるものの回収マシーンが至る所にあること!

f:id:ariruariru:20190815104201j:plain

こちらはスーパーの中に置いてある回収マシーン。

レシートのようなものが出てきて、

スーパーでデポジット分のお金を返金、

またはお会計から引いてくれる。

素晴らしいシステム!!

 

ペットボトル1本で25セントが返金される。

お金の節約にもなるし、ゴミを減らしてるいい気分にもなれる。

素晴らしいのは、旅行者でもできる手軽さだ。

回収マシーンはどのスーパーにでもあって、

その店で買った商品ではなくとも大丈夫。

(回収できるものかどうかは商品にマークが付いている。)

 

マシーンの操作もとっても簡単だ。

デポジットだからその分を先に多く払っているのだけど、

このシステムならちゃんと回収に持って行こうと思うだろう。

なんでこのシステム、日本で導入しないのかな。

 

回収マシーンを見るたびに思い出すライプチヒでのこと

かれこれ16年前。2003年の冬に初めてドイツを訪れた時、

非常に感心&感動した覚えがある。

 

当時はそんな制度があることも知らず、

たまたま旅先のライプチヒ駅の売店で1リットルの水を買って、

店の前で、同行者と2人で空っぽになった500mlのペットボトルに

水を移し替えていたのだった。(1リットルで買った方が安かったから)

 

ベルリン→ライプチヒドレスデン→ベルリンという旅だった。美しいライプチヒの駅。

f:id:ariruariru:20190815142545j:plain

私たちがペットボトルからペットボトルへ水を移し替える

その一部始終を店の中から見ていた店員さんが、

わざわざ店の外にまで出てきてくれて声をかけてくれたのだ。

空になった1リットルのペットボトルを指さして、

「バック!バック!」と。

 

小さい商店だったので店内に回収マシーンはなく、

店のレジで回収してもらい、デポジットのお金を返してくれた。

そんな制度と理解するまでちょっと時間がかかったが、

お店の人が説明してくれて納得。

 

よく見てみると駅の構内には回収マシーンがちゃんとあった。

(感動のあまり、ちゃんと写真におさめてあった回収マシーン)

f:id:ariruariru:20190815142410j:plain

同行者の友人と、「ドイツっていい国だね!」

「すごい国だね!」と言い合った。

 

制度に感心、旅人にも教えてくれるその律義さというか

ドイツの人の真面目さというか、そういうことすべてに

感心・感動したのだった。

 

ちゃんとしてるな、ドイツって。

その時から何度訪れてもドイツの印象は変わらない。

それは今回の旅でも。居心地の良い国なのだ。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

デンマーク&ドイツ&スイス旅「ハンブルクから日帰り旅へ!ブレーメンの聖ペトリ教会の光がやさしく包み込む」

2016年8月

 

この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒめざす旅。

ariruariru.hatenablog.com

(いつも通り、旅のお供は地球の歩き方。)


 


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にいつも熟読。


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ!

現在、ドイツのハンブルクに滞在中。

ariruariru.hatenablog.com

 

目次

 

子どもも大人も夢中なブレーメン!再びマルクト広場!

ドイツ最大の港町ハンブルグから、電車で1時間ほど。

この日は、日帰りで訪れることのできる

ブレーメンの街へやってきた。

 

午前中にブレーメンに到着して、

マルクト広場、ベットヒャー通りを歩いて、

シュノーア地区をウロウロして、

市庁舎の地下にある歴史あるレストランでランチした後、

もう一度マルクト広場へ出てみる。

f:id:ariruariru:20190815104502j:plain

f:id:ariruariru:20190814212609j:plain

広場に面してレストランやカフェのテラス席が出ている。

気持ちの良い夏の午後。広場は静かでのんびりしている。

 

マルクト広場をうろうろしていると、

とあるマンホールを見つけた。

人々が覗き込むマンホールからは、なにやら音は聞こえてくる。

f:id:ariruariru:20190814212743j:plain

実はこのマンホール。ただのマンホールではない。

マンホールの真ん中にコインを入れる口がある。

これは「ブレーメンの穴」と呼ばれる、

いうならば地下埋め込み式の募金箱という感じ?

深さは90cmぐらいあるらしい。

コインを入れるとロバ、イヌ、ネコ、ニワトリの泣き声が

聴こえてくるのだ。まさに「ブレーメンの音楽隊」!

お子ちゃまはみんな夢中!

f:id:ariruariru:20190814212830j:plain

夢中なのはお子ちゃまだけでなく大人も!

実は、4匹の鳴き声を全部聴こうとすると、

4回続けてコインを投入しないといけない。

しかも、アットランダムに動物が鳴くので

このお姉さんのように、コインを入れ続けることに。

(このかわいいお姉さんは結局10枚くらいのコインを投入していた……)

 

 古くて新しい!ブレーメンの魅力

ハンブルクから訪れたブレーメン

ハンブルクでは駅前のホテルに泊まっていた。

どこへ行くにもハンブルク中央駅を通る。

駅周辺の喧騒は活気があって、いかにも交通の要衝という感じ。

そんなハンブルクから電車で1時間のブレーメンは、

静かで落ち着いた、とても過ごしやすい街だった。

 

私たちは利用しなかったが、広場を通り過ぎるトラム。

こんな歴史的な広場や建物の風景に入り込んでくる、

現代的でスタイリッシュなトラム。

ミスマッチなようでマッチしている。

f:id:ariruariru:20190814213010j:plain

 トラムは観光客用ではなく、生活のためのもの。

ブレーメンとその近郊は、自転車道の整備も進んでいるらしい。

整備されていて、暮らしやすそうな街だなぁという印象だ。

古いものは大切にして残す。

それは自由都市として栄えたこの街のシンボルであり誇りだから。

でも、街に暮らす人々ともに、新しく発展していく。

マルクト広場に滑り込んでくるトラムを見て、

街の発展の歴史を考えさせられた。

 

巨大な聖ペトリ教会!内部は温かみ溢れる教会だった!

マルクト広場の南東に建つのが聖ペトリ教会。

この写真の奥に見えている大きな塔は教会のもの。

f:id:ariruariru:20190814212514j:plain

 大きい!二つの塔が空にニョキっと浮き上がるよう。

1042年に建設が始まり、もっとも古い部分は地下クリプタだそうだ。

f:id:ariruariru:20190814212657j:plain

この大きい教会のすぐ横をトラムが走っていく。

トラムがおもちゃみたいに見える。この教会の大きいこと!!

f:id:ariruariru:20190814212631j:plain

2本の塔が印象的な聖ペトリ教会の内部へ入ってみた。

おや?荘厳な外観とは少し違う印象かも。

内部は温かみのあるやわらかい雰囲気だ。

f:id:ariruariru:20190814212859j:plain

みごとな装飾に光が降る注ぐ窓。

「息をのむ」というより、ホッとする空間。

f:id:ariruariru:20190814212909j:plain

そして見事なステンドグラス!

f:id:ariruariru:20190814214457j:plain

聖ペトリ教会には、内部にドーム博物館がある。

塔にも登ることができる。(冬季は登れない。)

ミイラが安置されているクリプタにも入ることができる。

これらは有料だが、教会の内部へ入るのは無料だ。

これだけでも十分に価値のある教会だと思った。

 

聖ペトリ教会の内部の雰囲気は、

ブレーメンの街の雰囲気をよくあらわしている。

 

ブレーメンの美しい街並みや雰囲気は、

自由ハンザ都市として栄えた雰囲気を

そのまま残しているように思った。

どこかちょっと余裕のあるブレーメン

ハンブルクの喧騒にちょっと疲れたら、

1時間電車に揺られて訪れたい街だ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

デンマーク&ドイツ&スイス旅「ハンブルクから日帰り旅!おとぎの国ブレーメンのシュノーア地区へ迷い込む」

2016年8月

 

この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒめざす旅。

ariruariru.hatenablog.com

 (いつも通り、旅のお供は地球の歩き方。)


 


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にいつも熟読。


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ!

現在、ドイツのハンブルクに滞在中。

ariruariru.hatenablog.com

 

目次

 

マイセン製の鐘が時を奏でるメルヘンの街!

ドイツ最大の港町ハンブルグから、電車で1時間ほど。

この日は、日帰りで訪れることのできる

ブレーメンの街へやってきた。

 

駅を出て、10分ほど歩けば街の中心マルクト広場。

のびやかで美しいこの広場から街歩きを始めてみる。

マルクト広場の南側にベットヒャー通りという素敵な道がある。

こちらは通りの入り口。目立つのでわかりやすい!

f:id:ariruariru:20190814183704j:plain

この通りは、コーヒー商人のロゼリウスという人が

中世の街並みを再現しようとつくった通りなのだ。

実は100mにも満たない短い小径なのだが、

わくわくするような雰囲気に満ちていて、

行ったり来たりしてしまう道。

 

狭い小径には雰囲気の良いカフェやブティック、

映画館、劇場、美術館、ガラス細工などのアトリエや

なんとカジノまである。

一軒一軒、ほとんどんのお店に入ってみた。

そのどれもに共通するのが、センスがいい!ってこと。

 

小径の奥に素敵なお家がある。

ご婦人が指さす方を見上げると……

f:id:ariruariru:20190814183719j:plain

屋根と屋根の間には、小さい鐘がたくさん!

なんとあの鐘、マイセン製の磁器でできているのだ。

グロケンシュピールといって、毎正時に軽やかな音を奏でる。

なんて素敵な街!

f:id:ariruariru:20190814183728j:plain

この小路を行ったり来たりしているのは、

どうやら私たちだけではないようで。

同じ人と何度もすれ違う通りだった。

 

目が覚めるような夢の世界?!シュノーア地区へ

旧市街の南東に古い街並みが残る地区がある。

ブレーメンの旧市街にある現在の建物の多くは

15~16世紀のもので、もともとは裕福な人々の家だったが、

現在は職人たちの住まいやアトリエなどになっている建物が多い。

シュノーア地区の教会。レンガが美しい。

f:id:ariruariru:20190814183742j:plain

教会の脇を通り過ぎると、わ!素敵な街!

かわいい木組みの家が路地の両側にならんでいるー!

f:id:ariruariru:20190814183937j:plain

アクセサリーショップやお土産店もあるが、

工房のような使い方をしている建物も多くある。

本当に職人の街として機能しているようだ。

にしても、なんてかわいらしい街なんでしょう!

映画の撮影セットみたい。

f:id:ariruariru:20190814183810j:plain

路地を適当に歩き回ると、次々にかわいらしい路地にでる。

手作り感あふれる商品が並ぶお店でお土産を買ったりして、

のんびり街歩きを楽しむ。

f:id:ariruariru:20190814183827j:plain

あ!ここにもありました!「ブレーメンの音楽隊」!

こちらは色付きでよりメルヘンな感じ。

f:id:ariruariru:20190814183839j:plain

絵本の世界、夢の世界をうろうろしている気分。

シュノーア地区は、目が覚めるような夢の世界が広がっていた。

 

おとぎの国の歴史あるレストランへ入ってみた!

さて、街歩きの後はそろそろお腹が空いてきた。

市庁舎の地下にある1405年の歴史あるレストランへ行ってみた。

「ブレーマー・ラーツケラー」というレストラン。

f:id:ariruariru:20190814205304j:plain

市庁舎の西側、工事中の足場をくぐるように階段を下りる。

地下にすごい広い空間が広がっていてびっくり!

f:id:ariruariru:20190814205349j:plain

こちらでランチをいただいた。

お肉のタルタルとペンネプッタネスカを注文。

f:id:ariruariru:20190814205359j:plain

ちなみにプッタネスカといってもイタリア料理とは大違い。

イタリア料理でプッタネスカといえば、

ケッパーやオリーブが入った酸味のあるトマトソースだが、

こちらはトマトソースではなく、味の濃いトマトそのものが入っている。

ケッパーもオリーブもそれぞれに味がついている。

ドイツ料理らしく、がっちりしたお味だった。

材料は同じ、トマト・ケッパー・オリーブなんだけど……。

 

お国や土地柄が変わればいろんなことが違うものだ。

それが旅のおもしろいところ。

お腹も満たされた後、もう少し、ブレーメンを歩いてみる。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

デンマーク&ドイツ&スイス旅「ハンブルクから日帰り旅へ!音楽隊も憧れたブレーメンは大人の雰囲気ただよう街」

 

2016年8月

 

この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒめざす旅。

ariruariru.hatenablog.com

(いつも通り、旅のお供は地球の歩き方。)


 


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にいつも熟読。


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ!

現在、ドイツのハンブルクに滞在中。

ariruariru.hatenablog.com

 

目次

 

絵本の世界!メルヘンなブレーメンへ!

ドイツ最大の港町ハンブルグから、電車で1時間ほど。

この日は、日帰りで訪れることのできる

ブレーメンの街へ行ってみることにした。

 

ブレーメンの駅舎も規模はハンブルク中央駅よりも

小さいけれど、いかにもヨーロッパの駅らしい構造。

f:id:ariruariru:20190813174433j:plain

ブレーメンの駅舎は一部工事中。でもこの立派な構え!

ドイツの駅舎はどこもクラシカルで美しい。

f:id:ariruariru:20190814142139j:plain

駅を出て、中心地へは徒歩10分ほど。

詳しい地図を持っていなかったのでどうしようかと思ったけど、

ハンブルクから同じ列車に乗った観光客風の人々が

みんな信号を渡って歩いていくのを見て、

ついていけば大丈夫そうと踏んで、駅の観光案内には行かなかった。

 

歩いている途中にこんな風景も見える。

なんだかのんびりした街だなぁ。

ハンブルクとまったく違う雰囲気だ。

f:id:ariruariru:20190814142153j:plain

 ブレーメンといえば、「ブレーメンの音楽隊」である。

今回、ブレーメンを訪れることにしてから、

ブレーメンの音楽隊」ってどんなお話だったっけ?

と思って調べてみたら、なんと「ブレーメンの音楽隊」は

ブレーメンの街をめざす話で、ブレーメンの街自体は

物語に登場しないことがわかった。

なんということでしょう……。

大人になってから知る事実。

 

あ、ブレーメンの音楽隊!?

……違った。こちらは豚飼いの銅像でした。

でもなんかメルヘンチックでかわいらしい。

こちらが旧市街のメイン通りだ。

f:id:ariruariru:20190814142203j:plain

幸運をよぶという豚をラッパで集めている様子。

まわりの街並みとも相まって、絵本の世界のような光景。

メイン通りの真ん中に豚がいる光景。

大人もにっこりできる、落ち着いた雰囲気。

f:id:ariruariru:20190814142219j:plain 

のびやかな自由都市!あこがれのブレーメン

駅から続くゼーゲ通りという通りをまっすぐ進んでいく。

それがさきほどの豚飼いの銅像がある通り。

ニョキっと伸びる尖塔がバーンと見えたら、

角を左に曲がって進んでいく。

f:id:ariruariru:20190814161926j:plain

こちらの美しい教会は、リープフラウエン教会。

f:id:ariruariru:20190814161940j:plain

そしてたどり着いたのは、旧市街の中心地マルクト広場だった。

美しい晴れやかな広場!お天気は曇っているけど。

ブレーメンハンザ同盟の都市として発達。

自由で活気あふれる都市。確かにそんな感じだ。

f:id:ariruariru:20190815104502j:plain

教会の尖塔の右側に見えるのが市庁舎。

残念ながら市庁舎の西側は工事中だった。

マルクト広場には、美しい建物がたくさん建っている。

ところでドイツの街の中心にある広場は、

マルクト広場という名前が多い。

マルクトとはマーケットのことであり、

かつては(一部は現在も)市場が立つ広場だった名残だ。

ブレーメンの中心もマルクト広場。

広場に面して、市庁舎や荘厳な聖ペトリ教会が建っている。

そしてその広場を囲むのは、かわいらしい建物たち。

f:id:ariruariru:20190814161834j:plain

 

当時工事中だった市庁舎は、世界遺産にも登録されている

ブレーメンがハンザ都市であることの象徴で、

1410年完成したゴシック様式建築の建物だ。

1608年に壮大なファサードが、ブレーメンの建築家によって

加えられ、アーチと繊細な彫刻部分がとても美しい。

(奥に塔が見えているのは、荘厳な聖ペトリ教会)

f:id:ariruariru:20190814161911j:plain

そしてその市庁舎の前に建つのがローラント像。

こちらも市庁舎と同じく、世界遺産に登録されている。 

f:id:ariruariru:20190814170218j:plain

このローラント像、すっごく大きい!

高さは支えの天蓋を入れると10mもあって、

少し離れて見ないと全体が見えないくらいだ。

この像はなんと1404年からこの場所に建っているらしい。

こちらもブレーメン自治都市としての尊厳の象徴として

ブレーメンという都市の歴史には欠かせないもの。

 

ところで、あれは?どこにいっちゃったの……?

マルクト広場に出てから、ふと気づいた。

あれ?ところでブレーメンの音楽隊の像ってどこ?

あの有名なヤツは……?

広場をうろうろ。しばらくして発見!

ありました!

f:id:ariruariru:20190814172535j:plain

工事中の市庁舎の西側に、隠すようにひっそりと。

ブレーメンの音楽隊」の銅像

ロバの足に触ると幸せになるという。

f:id:ariruariru:20190814181725j:plain

工事中の囲いのそばにあったのに、前を通り過ぎていたのだ。

ロバの足と鼻あたりがピカピカになっている。

ブレーメンの音楽隊」も憧れたブレーメン

絵本にそのまま出てくるようなかわいらしい街。

 

港町の活気ムンムンのハンブルグから、

1時間電車に揺られて到着した街は、

メルヘンだけど静かで落ち着いている、

大人の雰囲気ただよう街だ。

地に足のついた「おとぎの世界」という感じ。

もっと歩いてみよう。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

デンマーク&ドイツ&スイス旅「内陸なのに港町?ハンブルクってどんな街かな?」

2016年8月

 

この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒめざす旅だ。

 

(いつも通り、旅のお供は地球の歩き方。)


 


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にいつも熟読。


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ!

現在、ドイツのハンブルクに滞在中。

 

目次

  

内陸なのに港町?ハンブルクってどんな街かな?

 デンマークコペンハーゲンを出発し、

ドイツのハンブルクへ到着。

 途中、列車ごと船に乗るという、

ちょっと変わった鉄道旅。

乗ってみたいと思っていた路線。

楽しい時はあっという間だった。

ariruariru.hatenablog.com

 

到着したドイツのハンブルクは、

ドイツ北部を代表する港町。

しかし、地図を見ると、海からは結構遠い。

内陸なのに港町?

 

そう、この街は内陸なのに確かに港町なのだ。

ハンブルクはドイツ最大の港町。

北海からエルベ川を100キロほどを

さかのぼったところにある河川港である。

https://www.instagram.com/p/Bhd2jm9n-7E/

ハンブルクの街角。

近代的な建物と隣り合わせで歴史的な建物が並ぶ。

何の違和感もなく、調和した状態で。

 

ハンブルク中央駅は、

いかにもヨーロッパの駅舎らしい!

到着したとたんにどこかへ旅に出たくなっちゃう。

https://www.instagram.com/p/BfnCfRtHPX3/

ハンブルグ駅。

ヨーロッパの駅舎は誰をも旅人にする。

どこへでも行けそう。 

 

雨に洗われる街さえ美しくて 

 南ヨーロッパの夏は地中海性気候で乾燥しているが、

北ヨーロッパハンブルクでは雨に見舞われた。

ほとんど毎日が曇り空。

ハンブルク滞在初日には大雨に降られて……。 

https://www.instagram.com/p/BfQVVS8HGhZ/

大雨に降られて足止め。夏なのに寒くて震える。

どうやってホテルまで帰ろうか思案に耽りなからも、

雨に洗われる街に見とれてしまう。 

https://www.instagram.com/p/BfLEJWPHNRB/

夏の北ドイツは天気の変化が目まぐるしい。

急に降りだしてきた雨に郵便屋さんの自転車が濡れる。

旅の途中でちょっと一息入れるのに

ちょうど良い街かもしれない。

 

港町の自由な雰囲気を満喫!

 河川港のハンブルクだが、雰囲気はさすがの港町だ。

港町の利点。

レストランなども各国料理の店が並び、

雑多な雰囲気だが、そこが楽しい。 

https://www.instagram.com/p/Bhd1yFFHOwF/

気持ちの良いカフェ。

ハンブルクの街は港町の活気と

下町のような風情があって過ごしやすい。 

https://www.instagram.com/p/Bf5Jc8znFdi/

移動から移動の間に訪れたハンブルク

そこには居心地の良い、

旅人を受け入れてくれる懐の深い雰囲気が漂っていた。

旅人の肩の力を抜けさせてくれるような街。

目的地ではなく、通りすがりの街としてパーフェクトだ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

デンマーク&ドイツ&スイス旅「鉄道で国境を超える旅!渡り鳥ラインで列車ごと船へ!コペンハーゲンからハンブルク」

2016年8月

 

この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒめざす旅だ。

 

いつも通り、旅のお供は地球の歩き方

   


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にまず熟読。

    


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ! 

 

目次

 

名残惜しいコペンハーゲンの街をあとに

短いコペンハーゲン滞在を終え、

次の滞在地へ向かう日が来た。

電車の時間までスーツケースをホテルに預けて

ストロイエへを歩く。

 

旅のホテルは、駅近のホテルヘブロン。快適だった。

www.booking.com

 ホテルの予約はいつもだいたいbooking.com

なんだかんだいって、結局ここが便利。

いつも現地でのクレジット払いにするので、

そこも分かりやすくて気に入っている。

 

ストロイエのとは、コペンハーゲンの目抜き通り。

歩くだけで楽しくなる通りだ。

f:id:ariruariru:20190726212658j:plain

セブンイレブンに、バーガーキングマクドナルド。

なんでこんなどこにでもあるチェーンのお店が並んでいるのに、

独特の雰囲気を保てているのだろう。

f:id:ariruariru:20190726212711j:plain

ストロイエに面したパン屋さんでパンを購入。

鉄道旅のおともにする予定。

お店の外まで、ちょっと甘くて香ばしい、いい匂いー!

f:id:ariruariru:20190723221911j:plain

デンマークの人はパンが大好き!

あちこちに美味しそうなパン屋さんがある。

特にデニッシュ系のパンがたくさん並ぶ。

 

ただし、物価の高さに目がくらむ……。

パンを2つ買ったら2000円近くになる。

物価の高さだけはなかなか慣れないな。

慣れないまま、デンマークをあとにする日がきてしまった。

 

いよいよ出発!渡り鳥ラインへ!

本日の私たちの目的地。それはドイツのハンブルク

鉄道で国境を超えて、デンマークからドイツに入るルート。

このルートは通称「渡り鳥ライン」と呼ばれている。

なぜなら、ルートの途中で列車ごと船に乗るという

ちょっと変わったルートなのだ。

 

 美しいコペンハーゲン中央駅。

惚れ惚れするようなヨーロッパらしい駅舎だ。

f:id:ariruariru:20190707173802j:plain

ここから特急電車に乗って、約5時間の鉄道の旅!

いや、途中は少し船の旅!

 

今回の旅の計画は、まずこの渡り鳥ラインに乗りたい

というところから始まったようなものだった。

車ごとフェリーに乗り込むカーフェリーは

日本でも一般的だけど、列車の車両ごと船に乗り込む

光景は見たことがない。

コペンハーゲンハンブルク間も、大きな橋が架かることが

もう決まっていて、橋が完成してしまったら

もうこの渡り鳥ラインもなくなってしまうんだろう。

乗っておきたい!と思って今回の旅になった。

 

別に鉄道オタクでもないのだけど、

鉄道で国境を超えるヨーロッパの旅に、

人よりは大きな憧れを抱いている自覚はある。

 

始まりは列車旅、途中船旅、そしてまた列車旅!

さて、お腹が空いていた私たちは、

車内でさっそくさきほどのパンをいただく。

しばらくのんきな鉄道旅。

きれいに整備された車両だった。 

パン美味しいー!デンマークは美味しい国だったな。

時間が経っているのに、デニッシュはサクサクもちもち。

f:id:ariruariru:20190723221924j:plain

 のんびり旅をしていると、お?!

急にスピードがゆっくりになってきた。

停まっては動き、動いては停まるをしばらく繰り返し…。

とうとうきた?船?港?

f:id:ariruariru:20190723222828j:plain

 列車の中に乗ったままでは、どのタイミングで

船に吸い込まれたのかは、あまりよく分からなかった。

でも、列車から降りてみると、そこは船の中!

f:id:ariruariru:20180603101308j:plain

 変な光景!カーフェリーだったら車が並んでいるところに

列車がきちんと収納されている感じ。

階段をあがって船の甲板にあがると、

あー!ほんとに船の上だー!

f:id:ariruariru:20190723221947j:plain

ほどなくして船が出発。

さよならデンマーク!あ、まだ一応デンマークかな?

 

乗船時間は45分。

甲板に出るのも気持ちいいが、この日は天候があまり

良くなくて、強風が吹いていた。

f:id:ariruariru:20190723222002j:plain

船内は広くて飲食店などがある。

免税なるので、雰囲気はさながら空港内の免税店。

空港のカフェにいるような雰囲気だ。

コーヒーでちょっと一息。

f:id:ariruariru:20180603101340j:plain

日本では経験できない鉄道の旅。

日常と違う旅の時を過ごしていると実感する。

とかなんとか考えてたら、あっという間の45分。

もう列車に戻らなくちゃ。

f:id:ariruariru:20190723222039j:plain

 船が対岸のドイツ側に着くと、再び列車旅。

 

 

 

何事もなかったかのように、陸路の旅が続く。

 

そしてドイツのハンブルクに到着!

途中の船旅をはさんで、約5時間の列車旅。

終着地のドイツ・ハンブルクに到着した。

 

ハンブルク中央駅は、今まで行ったことのある

ヨーロッパの駅の中でも、一二を争う大きさ!

 

f:id:ariruariru:20190723223741j:plain

一部、大胆に工事中だけど。。

ここから、また新しい旅が始まる。

 

ヨーロッパは地続きだから、列車で国境を超えることは

そんなにめずしいことではない。

ハンブルク駅には、各地、各国からの列車が次々に到着する。

鉄道の拠点となるハンブルク駅は人で溢れていて、

コペンハーゲンの駅がいかに静かだったかがよくわかった。

 

ハンブルクは終着地と思ってやってきたこの日、

ハンブルクは次の旅の出発地となる。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

デンマーク&ドイツ&スイス旅「コペンハーゲンの短い夏を楽しむ!活気あふれるニューハウンと大満足の食事!」

2016年8月

 

この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒめざす旅だ。

 

いつも通り、旅のお供は地球の歩き方

   


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にまず熟読。

    


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ! 

 

目次

 

 活気あふれるニューハウン!コペンハーゲンらしい景色!

デンマークの首都コペンハーゲンの街歩き。

クルーズでその個性的な街並みを運河から楽しんだ後、

やってきたのはニューハウン。

ariruariru.hatenablog.com

 

ニューハウンとは「新しい港」という意味。

カラフルな建物がぎっしりと建ち並ぶニューハウン。

お天気もよくなって青空がまぶしい。

f:id:ariruariru:20190723210357j:plain

 かのアンデルセンも愛したというこの港は、

コペンハーゲンでいちばん有名な景色だと思う。

アンデルセンは、童話作家としてデビューした頃と晩年を、

ここニューハウン67番地で過ごしたそうだ。

運河沿いには今も、アンデルセンが暮らした赤い家が残っている。

 

現在は港町というよりも、カフェやレストランの並ぶ界隈。

でも船が行き来する様子や、カラフルな建物が並ぶ様子は、

まさにコペンハーゲンの風景そのものだ。

この景色がコペンハーゲンだとは知らなくても、

だれもが一度は何かで見ている風景だろう。

 

しかし……。溢れかえる人々の群れ!

だれかが運河に落ちてしまうのではないかと思うほど。

 

f:id:ariruariru:20190723210407j:plain

私たちが待ち時間ゼロで朝に乗った運河クルーズも、

昼が近づくにつれ、こんな感じに。

 

まさに人であふれかえるニューハウン!

でも気持ちいいー!お祭りみたいな雰囲気だ。

f:id:ariruariru:20190723210426j:plain

北欧の夏は短い。

この短い夏を存分に楽しもうとしている感じだ。

心待ちにした短い夏を、一瞬も無駄にしないように。

 

クレパスの箱を開けた時みたいなカラフルな建物が並ぶ。

冬は雪と氷で真っ白な世界が広がっているのだろう。

まさに夏の青空の下、今がもっとも華やかな時なのだ。

f:id:ariruariru:20190723210441j:plain

f:id:ariruariru:20190723210500j:plain

蒸し暑い日本の夏を脱出して、

涼しさを楽しみに訪れた北欧デンマーク

でもそこで感じたのは、夏を心待ちにしている様子。

北欧を冬に訪れたことはないけど、

少し冬の厳しさを想像できたような気がした。

 

コペンハーゲンの夕食は老舗のレストランへ!

コペンハーゲンの街歩きを楽しんだあとは、

駅近のホテルでゆっくりしてから、

のんびり夕食へ出かけてみる。

 

コペンハーゲンは本当に美しい街だ。

陽が傾いてきた街並みもまた雰囲気があって素敵。

f:id:ariruariru:20190723210612j:plain

コペンハーゲンの短い滞在。夕食は老舗へ行ってみる。

予約せずに訪れたので、どうかなーと思ったけど、

早めの来店でなんとか入店できた。

 

夏のヨーロッパは陽が長いので、みなさん夕食が遅め。

北欧はなおさらだ。しばらく滞在していると

地元時間で動くように自然となるのだけど、

まだ滞在してからわずかな日本人としては

7時をまわると夕食へ行きたくなってくる。

もちろん、お腹もその仕様で空いてくるので……。

 

訪れたのは、1750年から店を構えるという歴史ある老舗。

歴史のある店だが、雰囲気はいたってカジュアル。

「プック」というお店だ。

www.tripadvisor.jp

 

まずはビール!

カールスバーグってデンマークのビールだったんだ!

f:id:ariruariru:20190723210628j:plain

ふだんビールを飲まない私はその事実にびっくり!

それは飲まねば。

TUBORGもデンマークのビール。

 

お料理は、デンマークの伝統的なもの。

f:id:ariruariru:20190723210639j:plain

全体的に塩コショウは薄めで、素材の味を大事にしたお料理。

そしてハーブづかいがデンマークらしさを感じる。

濃度の高いソースも北欧らしい感じ。

 

ダイナミックさに素朴さがミックスされているような。

これはお料理だけでなく、デンマークの何もかもに感じる特徴だ。

建物も、街自体も、デンマークの人々も、

ダイナミックさと素朴さを感じる。

 

ダイナミックさと素朴さが共存する街とコーヒー

大満足の夕食のあと、歩いてぶらぶらホテルへもどる。

空はまだうっすら明るい。北欧の夏の夜。

f:id:ariruariru:20190723210701j:plain

ダイナミックな建物が並ぶ美しい街並み。

でも飾らない素朴さを感じる。

 

帰り道にある「Irma」のスーパーでコーヒーを買って、

ホテルでほっこり食後のコーヒー。

f:id:ariruariru:20190723215405j:plain

「Irma」とはデンマークのオーガニックスーパーで

コペンハーゲン市内にも何店舗かある。

おしゃれなグッズなどが日本でも人気らしい。

今回の旅でも何度もお世話になった。


簡単にコーヒーがかえる環境がうれしい。

物価の高いデンマーク

カフェで席についてコーヒーをのんだら

日本の3倍くらいになってしまう。

スーパーのテイクアウトなら日本と変わらないお値段。

 

おいしいコーヒーと静かなホテル。

コペンハーゲンは、長期滞在したくなる街だ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

デンマーク&ドイツ&スイス旅「コペンハーゲンの運河クルーズでマーメイドを発見!世界三大がっかりなんて言わないで!」

2016年8月

 

この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒめざす旅だ。

 

いつも通り、旅のお供は地球の歩き方

   


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にまず熟読。

    


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ! 

 

目次

 

 気持ちで負けない?コペンハーゲンカードを使って

 コペンハーゲンでの滞在は短いので

観光はこの日に集中させる計画。

デンマークの物価の高さに気持ちが負けないように(?)

前日の空港でコペンハーゲンカードを購入した。

copenhagencard.com

 

コペンハーゲンカードとは、公共交通機関に乗れたり、

観光施設に無料で入ることのできる旅行者向けのカードのことだ。

 

コペンハーゲンカードの1日券は399 DKKで約7,100円!

た、た、た、た、高い!でも、物価の高い北欧。

実はこのカード、とってもお得なカードなのだ。

1日券なのだが、重要なのは24時間券であること。

つまり、日をまたいでも、24時間以内なら

使えるというところが最大のポイント。

 

私たちは、前日の空港で購入したので、

その日の夜に寄ったチボリ公園なども

このカードを使うことができた。

そして翌日のこの日、夕方までこのカードを使い倒す予定。

 

コペンハーゲンの人気の観光スポットの入場料はたとえば、

チボリ公園 110 DKK、ローゼンボー離宮 105 DKK、

クリスチャンスボー城 150 DKK なので、

この3か所へ行くだけで元が取れる計算なのだ。

 

運河から眺めるコペンハーゲンの街

コペンハーゲンは、運河の街だ。

街を歩くより先に、運河クルーズに行ってみた。

朝は特に涼しい北欧の夏。風が気持ちいい間に。

 

この運河クルーズも、コペンハーゲンカード!

チケットオフィスでカードを見せて、

チケットを発券してもらった。

 

f:id:ariruariru:20190707214604j:plain

早速船に乗り込む。

やっぱり船から眺めると、風景の見え方も変わる。

コペンハーゲンは本当に美しい街だ。

絵になる街というか。やっぱり絵本の世界だ!

 

さて、運河クルーズ、いざ出発!

f:id:ariruariru:20190707214619j:plain

コペンハーゲンの建物はどれも個性的で独創的。

運河クルーズは英語のガイド付き。

程よいスピードで進んでいく。

f:id:ariruariru:20190707214628j:plain

 

世界三大がっかりなんて言わないで!

運河クルーズの途中、船が一直線に向かっていく先。

お??人だかりができている。

みんな何を見ているのだろう?

f:id:ariruariru:20190707214644j:plain

だんだん近づいてきた。

みんなのお目当ては……見えるかな?

f:id:ariruariru:20190707214652j:plain

背中が見えているんだけど……。想像以上に小さくて……。

背中よりも、人だかりが気になっってしまったりして。

f:id:ariruariru:20190707214703j:plain

 

クルーズの後、陸路からも行ってみた。

美しい海岸線をみながら公園を歩いていく。

f:id:ariruariru:20190707214729j:plain

さて到着!さきほど、あんなにも大勢の人々に

囲まれていた人気者はこちら!

f:id:ariruariru:20190707214805j:plain

コペンハーゲンの観光名所、人魚の像だった。

よく「世界三大がっかり」だとか言われたりして。

でもそれは、きっとみんなが勝手にもっと大きい像を

想像しているからであって、とても美しい像だった。

 

アンデルセン童話の「人魚姫」がモチーフのブロンズ像。

実は過去には、2度もその首が切り落とされたり、

腕がもぎ取られるという災難にあっている。

 

それをコミカルに表した絵が観光案内やHPにあって、

たくましい人魚として紹介されていた。

憂いに満ちた表情をしている人魚だけど、

すっかり応援したい気持ちに。

 

ちなみに一般的に、「世界三大がっかり」と

言われてしまっているあと2つは、

ベルギー・ブリュッセルの「小便小僧」と

シンガポールの「マーライオン」。

 

今回の人魚像で、私はコンプリート。

なんだか、満足感に浸ってしまった。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

デンマーク&ドイツ&スイス旅「建物探訪!デンマークのコペンハーゲンの爽やかな夏!」

2016年8月

 

この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒめざす旅だ。

 

いつも通り、旅のお供は地球の歩き方

   


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にいつも熟読。

    


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ! 

 

目次

 

建物探訪!デンマークコペンハーゲン

 コペンハーゲンには、個性的な建物がたくさん。

北欧の街並みは、華美な装飾はないが

合理的で無駄のないつくり。

そんな中にも個性的な建物がある。

 

その名の通り!ラウンドタワー!

まずは、ラウンドタワーという塔。

https://www.instagram.com/p/BjQv57OH-6z/

ラウンドタワーはまさにラウンド。

内部は坂道が延々と続く衝撃の構造。

外観のシンプルさに裏切られる。

 

高い所から街を眺めるのは、旅のルーティンの1つ。

もちろんのこと登ってみる。

登っている途中も楽しい。窓からの眺め。

この色づかい!まさに絵本の世界だ!

https://www.instagram.com/p/BjQmIKJnnWu/

ラウンドタワーから覗くと、

目の前には独特の発色が素晴らしい建物が並ぶ。

このひとつひとつがコペンハーゲンの街を作っているんだなぁ。

 

 一番上に登るとご褒美の眺め。

絵本に登場しそうな風景。 

https://www.instagram.com/p/BjQlhXkHIZT/

コペンハーゲンの街並みは、

どこかレトロな雰囲気もあって、

どこか最先端な感じもする。

ヨーロッパを見たこともなかった小さいころ、

絵本で想像していた街はここかもしれない。

 

このラウンドタワー、内部の形状が意外だった。

階段でもエレベーターでもなく、

延々と続く坂道……。不思議な光景だ。

https://www.instagram.com/p/BjRZQ8hH2ms/

ラウンドタワーの中は、延々と続く坂道。

その意外な構造に驚かされる。

キラキラした日射しがこぼれる。

 

堂々たるロイヤルコペンハーゲン

そして「ロイヤル・コペンハーゲン」の本店。

「ロイヤル・コペンハーゲン」に興味のない人も

必見の建物。

f:id:ariruariru:20180603202722j:plain

 目抜き通りのストロイエ沿いにある、

ギルドハウス風の建物。

 

何と言ってもニューハウン!

そして、印象的なニューハウンの街並み。

https://www.instagram.com/p/Be_2aTWH6bl/

港町の風情と短い夏に群がる。

避暑のつもりが雰囲気はこちらの方が夏らしいのかも。

 

多くの人でごったがえすニューハウン。

世界中から人が集まってくる。

いろとろどりの建物が並び、

さわやかな風が吹いている。

 

コペンハーゲンの街並みは、

無駄のないシンプルな作りながら、

どこか懐かしく、親しみやすい。 

https://www.instagram.com/p/Bfab2t8ngXc/

ヨーロッパの街歩きは足が疲れる。

歴史ある石畳の道が多いから。

でも小路の奥にある生活感や

自分の予想が裏切られる楽しさを感じたくて、

今日も歩数が増えていく。

 

昔、絵本で見た世界だからだろうか。

素朴ででもきらきらしている絵本の世界。

それが目の前に広がっている。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

デンマーク&ドイツ&スイス旅「便利で快適なコペンハーゲンの駅前ホテル!目に見えない部分も北欧デザインだ!」

2016年8月

 

この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒめざす旅だ。

 

いつも通り、旅のお供は地球の歩き方

   


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にいつも熟読。

    


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ!

 

目次

 

初めて訪れるコペンハーゲンは?

今回の旅はルフトハンザ航空。

  航空券はだいたいエアトリ。

  ↓

タイミングが合えば、いろいろお得。

 

 WIFIはこちら。

  ↓

 

関西国際空港を出発して、ドイツのフランクフルトで乗り換え。

フランクフルトからデンマークコペンハーゲンに到着した。 

f:id:ariruariru:20190707173757j:plain

コペンハーゲンの空港からは電車で移動。

分かりやすくて、空いている。

シンプルで何もかもが大きくて広いという印象。

ロスなく、コペンハーゲンの主要駅に到着した。

余計なものを排除したようなシンプルな駅。

f:id:ariruariru:20190707173802j:plain

でも、必要なものはしっかりと。

自転車を載せられる車両。

デザインが分かりやすくて機能的。さすが北欧!

f:id:ariruariru:20190707173805j:plain

駅を出てふり返ると、こんなに立派な駅舎だった。

駅舎のデザインは昔のままを使っているようだ。

新旧がうまいこと融合しているようで好印象。

f:id:ariruariru:20190707173809j:plain

ただいまの時刻は、20:14。夜の8時過ぎだ。

曇っているけど、まだまだ明るい感じ。

日本からヨーロッパへ向かうと、

到着が夜遅くなることがあるけど、

これだけ明るかったら一つ心配事がなくなる。

大きな荷物を持って初めての街をさ迷うのは、

だれでも不安なものだ。

 

コペンハーゲンでのホテルは?

ホテルは駅から近い所を予約してきた。

今回の旅は鉄道で移動していく旅だ。

一筆書きの旅なので、ずっとスーツケースを

持ったままの移動になる。

 

駅近を重視して選んだホテルは、

「ホテル ヘブロン」という

ベストウェスタングループのホテル。

www.booking.com

f:id:ariruariru:20190707173840j:plain

駅から5分ほど。すぐに発見できた。

ベストウェスタンなので、青いこの看板が発見しやすい。

ベストウェスタングループのホテルには、

ヨーロッパ各地でお世話になっている。

ちょっとリーズナブルな3つ星ホテル辺りが

各地にあって、朝食が充実しているホテルが多い。

今まで、イタリアやポルトガルでお世話になった。

 

ホテルの予約はいつもだいたいbooking.com

なんだかんだいって、結局ここが便利。

いつも現地でのクレジット払いにするので、

そこも分かりやすくて気に入っている。

 

ホテルのフロントは完全な英語。

良かったー!デンマーク語は難解で……。

 

お部屋は中庭に向いた窓があって、とても清潔そうだ。

f:id:ariruariru:20190707173815j:plain

中庭側から見るとこんな感じ。

日本で言う二階?中二階かな?

f:id:ariruariru:20190707173822j:plain

ホテルの入り口はこんな感じ。

古い重厚な建物を中だけきれいに変えて、

機能性を高めたホテルになっているようだ。

そういうところ、日本はヨーロッパを見習わなければ

ならないなといつも思う。

f:id:ariruariru:20190707173827j:plain

翌日の朝食も素晴らしかった!

決して豪華というわけではないけど、

必要なものが必要なだけそろえてある感じ。

f:id:ariruariru:20190707211124j:plain

日本ではあんまり好んで食べないシナモンロール

でもデンマークの人は大好き!

是非食べたいと思うんだけど、どこのパン屋さんを覗いても

サイズが大きすぎて……。この朝食で食べたサイズが

私にはジャストサイズだった。

 

目に見えない部分も北欧デザインだ!

初めて訪れたデンマークという国。

コペンハーゲンしか訪れることができなかったけど、

この国の印象は、「古くて新しいデザインに溢れている」ということ。

 

古いものをとても大事にする。

伝統的なものごとを大切にしている。

でも、とても最先端なところもある国。

 

社会保障制度が充実していて、

税負担が大きいことは有名な話だが、

なぜそうなっているのかということ。

 

デンマーク滞在中に知ったことだが、

デンマークの地方議員は、みんな本職を持ちながら

無償で議員活動をしているらしい。

みんな本職と両立しながら地方議会を行うため、

当然無駄な時間はかけられないし、

一般市民が政治を行っているので、

日本の政治家のように「市民目線が足りない」

なんてことが起きようがないのだ。

 

なるほど。なんて理にかなっているのだろう。

日本では北欧の家具や食器が大人気だ。

 

 我が家の愛用品「イッタラティーマ」

     ↓


 


 

 

そのシンプルで無駄のないデザインを

北欧デザインなんて呼んでいるけど、

デザインって目に見えるものだけではなかった。

 

デンマークの人々は、自分たちのデザインで生きている。

自分たちの国を、自分たちでデザインしている。

ような気がする。そんな気がした。

 

なんてうらやましい国なんだ!

 

また一つ、好きな国が増えました。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

デンマーク&ドイツ&スイス旅「堅苦しくないのが魅力!デンマークのコペンハーゲン!」

2016年8月

 

この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒめざす旅。

 

いつも通り、旅のお供は地球の歩き方

   


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にいつも熟読。

    


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ! 

 

目次

 

 

爽やかな夏!デンマークコペンハーゲンへ!

 夏の憧れ!さわやかな北欧。

デンマークコペンハーゲンへ。

https://www.instagram.com/p/BgyVK9AFjKd/

ヨーロッパの駅舎らしく、アーチ型の屋根がかかる。

整備された無駄のない北欧の駅。旅の始まり。

 

北欧らしい中央駅が出迎えてくれた。

整備されてすっきりした駅。

近代的な部分と古い建物が上手く溶け込んでいる。

 

コペンハーゲン駅の近くに宿をとった。

駅前にはかの有名なチボリ公園が。

なんともノスタルジックな遊園地。 

https://www.instagram.com/p/Be-N9EQHUZr/

由緒あるチボリ公園を見つめる影。

それはアンデルセンだった。

スタイリッシュな街の中にホッとする視線。

 

夜に訪れてみた。園内はレストランなどもあり、

遊園地というよりはテーマパークの雰囲気。

大人もワクワクする空間だ。

小雨がちらついてきたけど……

https://www.instagram.com/p/BjRvgRnnQTy/

コペンハーゲン駅前にあるチボリ公園。

夜は少し怪しさも。レトロで懐かしい遊園地。

 

まさに絵本の世界のよう!

ちょっと覗こうと思っただけだけど、

ついつい時間を忘れてさ迷ってしまった。

 

船から眺めるコペンハーゲンはまた格別!

 翌日はまず、船から街を眺めてみる。運河クルーズへ。

コペンハーゲンは海運で栄えた街だ。

https://www.instagram.com/p/BjPkxTingVC/

運河から眺める街並み。色とりどりの建物が並ぶ。

作り物のようだが、きっちり人の暮らしが見える。

地に足のついた暮らし。

https://www.instagram.com/p/Bfmft-Hnp7s/

橋の下に入ると急に気温が下がる。

夏のデンマークは太陽の光が恵み。

奥の街並みがちらっと見えてくるとゾクゾクがワクワクに変わる。

https://www.instagram.com/p/BjPqFmFHrd-/

運河クルーズに出掛けると、

歩いているだけではわからなかった街の魅力が見えた。

北欧の爽やかな夏。駆け抜ける自転車。

 

爽やかな夏の北欧。

気持ちの良い風と、強い日差しが旅の始まりを告げる。

1時間半ほど、ゆっくりのんびりクルーズを楽しんだ。 

 

宮殿も街も 上下のない雰囲気!

 コペンハーゲンの街は、とても自由な雰囲気。

https://www.instagram.com/p/Bfk3A8-HCAG/

青々した木々と空と雲と。

これ以外、もう何も要らないんじゃないかと思わせるさわやかな夏。

 

コペンハーゲンの街には、いくつかの宮殿がある。

いろんな時代につくられた個性的な建物たちだ。 

https://www.instagram.com/p/BgLihHClLM5/

通りすがりの道の奥をふと見ると、

どしんとした重厚な建物。

元々の目的地は違ったけど、これは行かざるを得ない。 

https://www.instagram.com/p/BgLpJOglcNq/

フレデリクス教会の中。

祈りの場の空気は世界共通。

厳かだけど、やわらかい。

https://www.instagram.com/p/BgdphfclFtH/

たまたま宮殿前を通りかかると衛兵が交代中。

独特の掛け声とリズムで進む。

 

コペンハーゲンの街は、穏やかで上下のない雰囲気。

宮殿の建物や内部は、もちろん豪華なんだけど、

どこか生活感があって好感が持てる。

 

現在の王室も、国民からは親しみをもって支持されている。

王室の人々も、気軽にコペンハーゲンの街を

歩いていたりするそうだ。 

https://www.instagram.com/p/BjRJKNWHrCF/

街の目抜通りを歩く。

セブンイレブンにマクドナルド、バーガーキング。

日本にもある店が軒を連ねているのに、

なんでこんなに美しい雰囲気は保たれているのだろう。

  

堅苦しくない、庶民的で押しつけがましくない。

これがコペンハーゲンの魅力なんだろう。

長期で滞在したくなる街の1つだ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

デンマーク&ドイツ&スイス旅「ちょっと変わった鉄道旅へ!デンマークからドイツ、ドイツからスイスへ」

2016年8月

 

できれば暮らすように旅したいので、

私の旅は一都市滞在型の旅が多い。

でも本当のところは、欲張っていろいろまわりたい。

これ、本音。

時間と予算さえ兼ね合えば、

いくつかの都市をめぐる旅に出ることもある。

この夏は、友人とヨーロッパをめぐる鉄道の旅へ。

 

目次

 

新たな旅へ出発!鉄道で国境を超える旅へ

 鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

 

この年の旅は、デンマークから入り、

ドイツ、スイスとめぐる旅にした。

行きたい都市をピックアップしたのではなく、

鉄道路線図とにらめっこしたして決めた旅。

 

いつも通り、旅のお供は地球の歩き方

   


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にいつも熟読。

    


 

 

旅の始まりは、デンマークコペンハーゲン

 旅の始まりはデンマークコペンハーゲン

北欧の都市は交通の利便性が高く、

無駄がないので旅人にとってはありがたい。

ただ、物価の高さだけは、慣れるのに少々時間がかかるけど。

コペンハーゲンの中央駅。

ヨーロッパの駅舎らしく、アーチ型の屋根がかかる。

整備された無駄のない北欧の駅だ。

https://www.instagram.com/p/BgyVK9AFjKd/

夏のヨーロッパはなかなか日が暮れないので、

旅人には助かる。北欧はなおさらだ。

勝手知らない街に明るいうちに到着できるし、

楽しめる時間が単純に長くなった感じ。

ただし、要注意は睡眠不足だ。

 

北欧に暮らす人々は、夏を楽しむ気持ちが私たちよりも強い。

コペンハーゲンのニューハウンに集まる人々の群。

https://www.instagram.com/p/Be_2aTWH6bl/

デンマーク語は難解だが、街の人々は英語を流暢に操る。

旅人にはありがたい街だった。 

 

鉄道旅スタート!コペンハーゲンからハンブルク 

ヨーロッパ旅をするうちに魅了されたのが鉄道だ。

ヨーロッパには国境を超えて鉄道の線路がのびている。

鉄道の歴史も長い。

ヨーロッパの鉄道旅は、どこか懐かしい。

ノスタルジーを感じさせる場面が続々だ。

 

昔の映画に出てきそうなガタイの大きい車両や、

昔から変わらない駅舎、外国の街を示す行き先案内など。

さらに最近は新しい魅力、「速さ」もあったり。

 

今回の旅で楽しみにしていたのは、 

コペンハーゲンからハンブルクの路線の途中、

線路が通ってない区間があるためだ。

路線の途中に線路がない……?

実はこの路線、途中は船の移動になる。

鉄道の車両を船に積み込んで海を渡るというわけ。

一度乗ってみたいと思っていたが、

もうすぐ大きな橋が架かかる予定で

工事が進んでいるとのこと。 

この路線がなくなる前にと思って、この鉄道旅を選んだ。 

 

船に車両が乗るという、不思議な光景。

f:id:ariruariru:20180603101308j:plain

乗船時間は45分ほどなるので、列車から降りてくつろぐ。

甲板に出るのも気持ちいいが、この日は天候があまり

良くなくて、強風が吹いていた。

船内は広くて飲食店などがある。

免税なるので、雰囲気はさながら空港内の免税店。

日本では経験できない鉄道の旅。

日常と違う旅の時を過ごしていると実感する。

 

船が対岸のドイツ側に着くと、再び列車へ。

何事もなかったかのように、陸路の旅が続く。

 

そしてドイツのハンブルクに到着。

立派なハンブルク中央駅。

ヨーロッパは地続きだから、

列車で国境を超えることは珍しいことではない。

ハンブルク駅に各地、各国からの列車が到着する。 

https://www.instagram.com/p/BfnCfRtHPX3/

 

昨今の世界情勢のニュースの通り、

ハンブルクには移民の群れが流れ込んでいた。

駅や駅の周辺にはそれを嫌が応なく感じる集団が。

何年かぶりのドイツ。

以前には感じたことのない空気が漂っていた。

 

ノスタルジックな夜行列車の旅!ハンブルクからチューリッヒ

ハンブルクからは、夜行列車で国境越え。

スイスのチューリッヒへ。

近年は列車のスピードがあがってきているため、

夜行列車にする必要がなくなってきているようだ。

日本国内と同じように、ヨーロッパでも

夜行列車は年々数が減っている。

そんな中、なんとか走っているこの路線。

12時間かけて、ドイツのハンブルクからスイスのチューリッヒへ。

f:id:ariruariru:20190707204017j:plain

 たどり着いたチューリッヒ中央駅。

爽やかな山の夏が待っていた。

 

さて、この夏の鉄道旅で出会ったものを

ちょこちょこと復習していこうと思う。

爽やかな夏の思い出とともに。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

フランス旅「フランス旅最終日!サン・シュルピス教会とビストロごはん!」

 2013年8月

 

この夏は夫とフランス2人旅。

旅中毒の私と、旅が苦手な夫。

結構な弾丸のフランス旅は、

1泊のモンサンミッシェルを挟んで

再びのパリ滞在。

いよいよ旅も最終日だ。

 

 私の旅のお供、地球の歩き方

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

 自分の足で歩きたい人向け。

人気のスポットよりも自分の感覚が優先。

私みたいな、わがままな旅人向け。

 

目次

 

話題の場所?!サン・シュルピス教会へ

旅もいよいよ終盤を迎え、この日訪れたのは、

サン・ジェルマン・デ・プレ地区にある

サン・シュルピス教会。

ネオ・クラシックの荘厳な外観。

f:id:ariruariru:20190706173827j:plain

サン・シュルピス教会は、あの大ヒット作の

ダ・ヴィンチ・コード」に登場する教会。

物語の中では重要な意味を持つらしい。

という私は、実は「ダ・ヴィンチ・コード」を

読んでなくて……。

ヨーロッパ大好きな私、読んでいないことを

私を知る人からは不思議がられるのだが、

どうもなんだか違う気がして、読むのを避けているのだ。

 

ダ・ヴィンチ・コード」を読んでいた夫は

なかなか詳しく、教会の内部に興奮気味。

夫は本好き、読書好きなのだ。

どちらかというと普段は寡黙な夫の

めずらしく饒舌な説明を聞きながら、

教会の中をしばらく見学。

いつもの私たちと反対の様相だ。

 

ダ・ヴィンチ・コード」を知らなくても

充分すばらしい教会。

中へ入ってみるとその大きさにびっくり!

奥行きが120mもある、パリ屈指の規模の教会だ。

f:id:ariruariru:20190706173835j:plain

ダ・ヴィンチ・コード」より。

エジプトの巨大オベリスク

輝くローズ・ラインはここから九十度上に向きを変え、

オベリスクの表面をたどって約三十三フィートの

高みまでのぼり、ピラミッド形の突端でようやく終わっていた。

ローズ・ライン。組織はキー・ストーンをそこにかくしたという。

f:id:ariruariru:20190706173844j:plain

というオベリスクがこれらしい。

熱心な見物人は、おそらく「ダ・ヴィンチ・コード」のファンかな。

 

最終日のごはんはフランスらしいビストロで!

この日の夕食は、サン・シュルピス教会から近い

「オ・シャルパンティエ」というレストラン。

f:id:ariruariru:20190706173910j:plain

気どらないフランスらしいビストロという感じ。

現在は閉店してしまったようなので残念だ。

また訪れたかったなと思うようなお店。

 

暑かったこの日。まずはシャンパンで乾杯!

とうとう旅も終わってしまう。

さみしい思いをかき消すように……。

さあ、前菜!

f:id:ariruariru:20190706212637j:plain

そしてメイン。ビストロらしいしっかりした味付け。

f:id:ariruariru:20190706173935j:plain

デザートまでしっかりいただいて、

パリの最終日のゴハンは終了してしまった。

 

旅の終わりに想う、パリはやっぱり永遠の憧れ

サン・ジェルマン・デ・プレにあるレストランから

歩いてカルチェ・ラタンのホテルへ帰る。

今回の旅で良かったことは、ホテルの立地。

カルチェ・ラタンが大好きになった。

ariruariru.hatenablog.com

 

学生街のアカデミックな雰囲気に夏休みの静けさ。

パリの夏の夜、涼しい風に吹かれながら

ほろ酔いでぶらぶら歩く帰り道は最高だ。

 

二十数年前に訪れた時よりも、

ちょっと大人になったかな。

 

でも変わらないのは、パリの街は

永遠に憧れの街だということ。

道を覚えても、少しフランス語が分かるようになっても、

単純に年齢を重ねても、それは変わらないのだ。

それを改めて確認した旅。

また来ます、フランス!

f:id:ariruariru:20190706222408j:plain

しばらくはお土産を楽しんで。 

 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

フランス旅「パリの旅も終盤!エッフェル塔の存在感とサント・シャペルの光のシャワー」

 2013年8月

 

この夏は夫とフランス2人旅。

旅中毒の私と、旅が苦手な夫。

結構な弾丸のフランス旅は、

1泊のモンサンミッシェルを挟んで

再びのパリ滞在。

いよいよ旅も最終段階! 

 

 私の旅のお供、地球の歩き方

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

 自分の足で歩きたい人向け。

人気のスポットよりも自分の感覚が優先。

私みたいな、わがままな旅人向け。

 

目次

 

やっぱりこれがなくちゃ!エッフェル塔だ!

たった一週間の短いフランス旅。

後ろ髪惹かれながらも、残念ながら旅も終盤に。

短いながらも楽しんだパリ。

 

パリ滞在中、いろんなところから見たけど、

やっぱりここには来なくちゃダメでしょう!

エッフェル塔だ!

f:id:ariruariru:20190706173440j:plain

ここいいなぁー!特等席!

しばらく私もここから眺めていたい。

f:id:ariruariru:20190706173444j:plain

エッフェル塔はパリに来るたびに訪れているけど、

私はやっぱり二十数年前に来た時と同じように、

トロカデロ方面からエッフェル塔を目指すのが好きだ。

 

初めてのパリ。トロカデロ駅の出口を適当に出た。

180度ふり返ると真正面にエッフェル塔

シャイヨー宮の向こうに堂々たる姿を見た。

そのときの感動はいまだに忘れられないものだ。f:id:ariruariru:20190706173453j:plain

f:id:ariruariru:20190706173501j:plain

イエナ橋を渡りながら、目は完全にくぎづけ!

危ない危ない、足元を見ておかないと。

段差でつまづいてしまいそうだ。

f:id:ariruariru:20190706173505j:plain

パリの歴史的モニュメントの多くがそうであるように、

エッフェル塔も、19世紀後半から20世紀前半に建てられた。

それはパリ万博に合わせてつくられたからだ。

建設当時は賛否両論の嵐だったというエッフェル塔

もちろん今では欠かせない存在。

f:id:ariruariru:20190706173511j:plain

エッフェル塔の真下には、2018年に防弾ガラスが設置されている。

私が訪れた2013年当時はまだない。

f:id:ariruariru:20190706173524j:plain

この見事なアーチ。美しさに惚れ惚れする。

エッフェル塔の下をくぐって、

シャン・ド・マルス公園へ抜ける。

f:id:ariruariru:20190706173542j:plain

前回にパリに訪れた時には、エッフェル塔の上に登った。

エッフェル塔には3つの展望台があって、

階段かエレベーターでのぼることができる。

エッフェル塔からの眺めはもちろん素晴らしくて、

パリの街が一望できるのだけど、

ただ一つ残念なことは、エッフェル塔が見えないこと。

改めて、エッフェル塔のあるパリの街が好きなのだと思った。

というわけで、今回はエッフェル塔には登らず、

エッフェル塔のある風景を楽しむ。

 

これでもか!という光の応酬!サント・シャペル!

エッフェル塔から移動してやってきたのは

この旅で何度目かのシテ島

この短い滞在期間で何度も訪れることになる理由は、

ここがパリ発祥の地だからかもしれない。

 

今回の目的地は、サント・シャペルだ。

サント・シャペルとは、13世紀に建てられた教会で

ゴシック様式の頂点を極めた傑作である。

これでもか!というステンドグラス!!

f:id:ariruariru:20190706173601j:plain

目がまわるようなキラキラ!

光のシャワーを浴びているよう!

f:id:ariruariru:20190706173609j:plain

f:id:ariruariru:20190706173624j:plain

f:id:ariruariru:20190706173633j:plain

日差しの強い日に訪れたので

溢れんばかりの光が入ってくる。

f:id:ariruariru:20190706173710j:plain

f:id:ariruariru:20190706173716j:plain

そんなに広くないスペースに観光客がたくさん。

残念ながら静粛な祈りの場という雰囲気は……。

f:id:ariruariru:20190706173729j:plain

しかし、説明の要らないこの光の応酬。

ステンドグラスの素晴らしさを突き詰めたら

こうなったという感じ。

 

旅の終盤に渦巻く複雑な心境は

エッフェル塔にサント・シャペル。

パリで訪れたかった場所を、

ひとつひとつ確認していくような作業。

旅の終盤はそんな作業と、旅が終わってしまう

さみしさのとの間で心が揺れ動く。

 

いつも旅の終盤はそんな気持ちを抱えている。

そして、「また来ればいい」と思い直すのだ。

 

サント・シャペルを出て、ホテルへ歩いて帰る。

シテ島からの帰り道。

もうすっかり慣れたいつもの帰り道だ。

 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

フランス旅「セーヌから見るパリ!お手ごろ価格のヴデット・デュ・ポンヌフでリバークルーズ!」

 2013年8月

 

この夏は夫とフランス2人旅。

旅中毒の私と、旅が苦手な夫。

結構な弾丸のフランス旅は、

1泊のモンサンミッシェルを挟んで

再びのパリ滞在。

そろそろ旅も大詰め! 

 私の旅のお供、地球の歩き方

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A06 地球の歩き方 フランス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/5/18時点)

 自分の足で歩きたい人向け。

人気のスポットよりも自分の感覚が優先。

私みたいな、わがままな旅人向け。

 

目次

 

憧れのセーヌ川クルーズ!どれにする? 

旅に行く前、パリに行くなら一度は乗ってみたいと

思っていたのがセーヌ川のクルージング。

いざ調べてみると、いくつの会社が運行している。

www.merci-paris.net

 

有名なのは、バトー・ムーシュやバトー・パリジャン。

以前、オルセー美術館から見たこちらは、バトー・ムーシュ。

f:id:ariruariru:20190525234644j:plain

すごい人!

船から人がこぼれ落ちそう……。

 

バトー・ムーシュはアルマ橋のたもとから、

バトー・パリジャンはイエナ橋のたもとから出発する。

調べているうちに、ヴデット・ポン・ヌフというのを発見。

 

船は小さめ。他の大型船に比べると、より水面近くを走るらしい。

名前の通り、発着はポンヌフのたもとから。

ポン・ヌフならホテルから歩いていける。

クルージング自体は1時間でさくっと戻って来られるという。

これは気軽に乗れてちょどいい!

しかもネットで予約する割り引きになるという。

これだ!これにしよう!

 

美しい時間帯のパリを歩いて

パリの街が美しく輝くころ、セーヌ川を目指して歩く。

ヴデットポンヌフはその名の通り、

ポンヌフのたもとから出発する。

 

ホテルからぶらぶら歩いて、ポンヌフ辺りまで歩く。

ホテルのあるカルチェラタンは学生街なので、

夏休み中の今は静かなエリアだ。

 

サン・ジェルマン・デ・プレ教会が美しく輝いている。

f:id:ariruariru:20190630235018j:plain

この教会はパリでは数少ないロマネスク様式。

周囲に高い建物がないので、空に伸びる塔が美しい。

 

ぶらぶら歩いてほどなくポン・ヌフに到着。

だんだん乗客が乗り込んできた。

陽が橋にあたってきれいだ。

f:id:ariruariru:20190630235030j:plain

 

いよいよセーヌ川クルーズへ出発!

いよいよセーヌ川クルーズへ出発!

ポン・ヌフのたもとの発着場も素敵な雰囲気。

f:id:ariruariru:20190630235048j:plain

最高の空の色!すべてが美しくなる時間帯だ。

刻々と陽の角度が変化していく。昼と夜の間。

f:id:ariruariru:20190630235056j:plain

まずは西に進むクルーズ船。

ポンヌフの西隣にあるポン・デ・ザール。

 以前はポン・デ・ザールからの眺めを楽しんだけど。

ariruariru.hatenablog.com

 

セーヌ川から見る橋のシルエットが美しい。

f:id:ariruariru:20190630235112j:plain

クルーズ船はさらに西へ進む。

アレクサンドル3世橋が近づいてきた。

この橋は、1900年のパリ万国博覧会に際し建設された。

 

f:id:ariruariru:20190630235122j:plain

f:id:ariruariru:20190630235132j:plain

アールヌーボーの街灯や、橋の入口の金色のペガサスが素敵。

豪華絢爛の橋なのだ。

f:id:ariruariru:20190630235144j:plain

 

やっぱり美しい!船から見るエッフェル塔

そしてパリのシンボル、エッフェル塔

イエナ橋だ。船から見るとまたちょっと違う趣。

f:id:ariruariru:20190630235213j:plain

f:id:ariruariru:20190630235227j:plain

f:id:ariruariru:20190630235240j:plain

f:id:ariruariru:20190630235250j:plain

f:id:ariruariru:20190630235259j:plain

セーヌ川クルーズはエッフェル塔を超えたところで

方向転換して、今度は東へ向かう。

夜のオルセー美術館

こうして改めてみると、かつては駅舎だったことがよくわかる。

f:id:ariruariru:20190630235320j:plain

f:id:ariruariru:20190630235330j:plain

f:id:ariruariru:20190630235343j:plain

f:id:ariruariru:20190630235355j:plain

出発したポン・ヌフを過ぎてさらに東へ。

シテ島ノートルダム大聖堂が見えた。

f:id:ariruariru:20190630235411j:plain

f:id:ariruariru:20190630235422j:plain

 

ノートルダム大聖堂といえば、2019年4月の火災。

衝撃的だった。朝に見たテレビのニュースで

尖塔が崩れ落ちる映像。呆然と眺めていた。

ariruariru.hatenablog.com

 

ちょうど1時間くらいのセーヌ川クルーズ、

ヴデット・デュ・ポンヌフ。

f:id:ariruariru:20190630235436j:plain

気持ちの良い夏のパリの夜。

豪華なディナークルーズでなくても、

リーズナブルなお値段で十分満喫できるクルーズ。

なんとたった10€!

毎日でも乗れちゃう!

 

下船してから、もう一度ポン・ヌフの上へ。

この眺めを見ながら、大満足のクルーズを噛みしめる。

f:id:ariruariru:20190630235448j:plain

キラキラしたパリの夜とも残念ながらもうすぐお別れ。

旅もいよいよ大詰めだ。

 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村