暮らすように旅したい ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。特にヨーロッパと瀬戸内が好き。

イタリア旅「永遠の憧れ ヴェネツィア」

 

 

 

永遠のあこがれ「ヴェネツィア

 

イタリアは見どころの多い国だ。

世界でもっとも多くの世界遺産を抱える国。

土地土地の特徴は魅力的で、

日本人の味覚に合う料理も多い。

人は陽気で、シャイな日本人にもぐいぐい迫ってくる。

 

そんなイタリアの中にあって、

多くの人があこがれる街は、

やっぱりヴェネツィアではないだろうか。

 

https://www.instagram.com/p/BjOyx2jH1YE/

橋を渡るとき、必ず運河を眺める。

数珠繋ぎのように並ぶゴンドラ。

喧騒を避けてしばらく佇む。

 

 

ちょっと背伸びした旅へ

 

私がヴェネツィアを訪れた時、

20代前半のまだ何も知らない、

まだ何者でもない存在だった。

ヴェネツィアを旅するには、

まだまだ早いと自分でも思ってたのを覚えている。

 

きっと大人になったら

私はまたヴェネツィアに来るに違いない。

ヴェネツィアに似合う大人になったら。

そんな気持ちでヴェネツィアを訪れていた。

 

https://www.instagram.com/p/BjOLkSlHPpA/

リアルト橋のたもとにあるホテル・リアルト。

ヴェネツィアを満喫できる立地。

 

 

街の中心地といってもいい、

リアルト橋のたもとにある「ホテル・リアルト」を予約した。

とても素敵なホテル。

迷路のようなホテルの中は、

それだけで私をワクワクさせた。

 

https://www.instagram.com/p/BjzpyFlFZwX/

若いとき、なけなしのお金をはたいて泊まった、

運河も街並みも見えない屋根裏部屋。

毎朝この眺めを見るだけで心が満たされていた気がする。

 

 

決して眺めが良いわけではない部屋。

でも部屋の窓から毎朝オレンジの屋根を眺めた。

近くの教会の鐘が調子はずれの音を鳴らす。

それも楽しくて、ドキドキした。

 

ヴェネツィアのホテルはどこもいい値段。

狭い土地では大きなホテルは建てられない。

ツアーなどで訪れる団体客は、

ヴェネツィアから少し離れたホテルに泊まる。

でもどうしてもヴェネツィアの島内に泊まりたくて、

無理して予約したホテルだった。

 

 

ヴェネツィアの街を歩けば

 

迷路のようとはよく言ったものだ。

地図さえあれば普段は迷うことのない私も、

ヴェネツィアでは毎日迷子になった。

 

サンマルコ広場へ。

毎日のようにサンマルコ広場へ行くのだけど、

いつのまにか違う道を通っている。

地図を見ても無駄だと知ってからは、

道のあちこちにひっそりと書いてある案内が頼り。

まあでも、どうにかちゃんと広場には出れるものだ。

 

https://www.instagram.com/p/BjHdZAYH2gi/

広場にそびえ立つ鐘楼。

狭い小径を抜けて視界が開けると、

そこがサンマルコ広場だ。

 

https://www.instagram.com/p/Bi-pTWnB1Y1/

サンマルコ広場をのぞむ。

キラキラした夏がヴェネチアにやってくる。

 

 

鐘楼の上からは、

まさにこれが見たかったのだと思わせる眺め。

ヴェネツィアはやはり特別な場所だと確信する。

 

 

https://www.instagram.com/p/BjjxU9MlU-i/

いろんな形の「陸地」がパズルのように浮かぶ。

それを縫うように大小の船が走る。

うねる陸地。

 

 

再訪を誓って

 

https://www.instagram.com/p/Bi-zdFRB_E3/

何度もどこかで見た風景がその街には広がっていた。

本当にあったんだな。こんな場所が。

 

若かりしころ、まだ早いと思いつつ訪れたヴェネツィア

あれ以来、実はまだ再訪はしていない。

イタリアへは何度も訪れたのだが、

ヴェネツィアへは足を向けていない。

「まだ」かなと思う。

きっと再訪するときが自然にやってくるだろう。

そんな気がしている。

 

ariruariru.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村