「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

イタリア・ミラノ旅「おまけ旅!ドゥオーモの屋上へ。迫力と繊細さが共存している」

 2011年8月

この夏は、ハンガリーブダペストから

チェコプラハへ列車で移動する旅。

旅を満喫した後、イタリアのミラノへ移動。

ミラノを楽しんでから帰る。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

目次

馴染みのあるイタリアへ

イタリアはヨーロッパで一番長く滞在した国。

ミラノは2度目の滞在だ。

プラハからチェコ航空の飛行機でミラノへ。

ariruariru.hatenablog.com

 

夜に到着したミラノ。

なんだかんだで長旅の疲れが出ているのか、

夜は早めに就寝。ぐっすり眠ってすっきり起床。

ミラノの街歩きへ!

 

ドゥオーモの迫力と繊細さ

ミラノのドゥオーモは、荘厳で雄大だ。

大きな広場に「どーだ!」と言わんばかり。

朝のドゥオーモも美しかった。

f:id:ariruariru:20190226220722j:plain

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

どこへ行くにもドゥオーモ広場をぬけていく。

歩いてドゥオーモに行ける距離にホテルをとった。

ドゥーモは見どころが多い。内部もすごいし、

屋根の上にも上がることができる。

 

でもやっぱり一番好きなのは、

広場からドゥオーモの建物を眺めること。

その日のお天気や時間によって、

見える色合いが変化するから。

何度見ても新しいドゥオーモが見れる気がする。

 

ミラノのドゥオーモは、ステンドグラスもすばらしい。

外観から見てもそのステンドグラスが分かる。

後で内部ももちろん見に行きます!

f:id:ariruariru:20190226220741j:plain

ドゥオーモの一部は修復中。

いつ来ても、いつもどこかが修復中だ。

 

歴史的な建造物が多いヨーロッパでは、

たまたま訪れた時に修復中に出くわすと、

「あ~せっかくきたのに~」と思うこともあるけど、

そこは仕方ないといさぎよく諦めることにしている。

 

そして、また来ようと思うことにしている。

また旅に来る理由ができるので、まあいっか。

「ありがとう!修復工事。

終わったらまた来ます!」という具合に。

 

f:id:ariruariru:20190226220801j:plain

迫力があって、雄大なミラノのドゥオーモだが、

近づくととても繊細な彫刻で溢れていることがわかる。

近づくほどにやわらかい雰囲気を感じるドゥオーモ。

 

屋上にのぼってみたら、いろんなものが見れた

ミラノのドゥオーモは屋上にあがることができる。

ドゥオーモの裏側にまわると屋上への入り口が。

エレベーターか階段を選んで上へ。

階段よりもエレベーターは2ユーロ高かったが、

ここはエレベーターを選択。

エレベーターを選択しても、最後は階段だった……。

f:id:ariruariru:20190226222238j:plain

屋根にあがると、ドゥオーモ繊細さがよりわかる。

微妙な色合いの大理石が美しい。

 

2245体の彫刻がほどこされる建物。

空へのびる135本の尖塔。

お天気も良くて気持ちいい~!

f:id:ariruariru:20190226222247j:plain

f:id:ariruariru:20190226220840j:plain

屋上に上がることは、景色を楽しむためでもあるけど、

間近で建物や彫刻を見ることがきる楽しみも。

 

もちろん、眺めもすばらしい。

広場にドゥオーモの影が落ちている。

ここからでしか見れない眺めに大満足。

f:id:ariruariru:20190226220824j:plain

気持ちの良いミラノの夏。

旅の最後にしばらくの滞在を満喫しよう。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村