「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

デンマーク&ドイツ&スイス旅「夜行列車で到着したチューリッヒ!かわいくて駅近な素敵ホテル!」

2016年8月

 この夏は北欧から旅をスタート。気心知れた友人との2人旅だ。

デンマークコペンハーゲンから電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒをめざす旅。

ariruariru.hatenablog.com

(いつも通り、旅のお供は地球の歩き方。) 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A18 地球の歩き方 スイス 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/22時点)


 

鉄道の旅が好きだ。ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。


 

日本では味わうことのできない、鉄道で国境を超えて

デンマーク→ドイツ→スイスと旅をしてきた。

 

目次

 

 夜行列車で到着!爽やかなスイスのチューリッヒ

ドイツのハンブルクから夜行列車に揺られて12時間。

気持ちのいい朝!スイスのチューリッヒに到着した。

快適な列車の旅。ぐっすり眠ることができた。

 

車掌さんが運んできてくれた朝食とコーヒーを

車窓をを眺めながらまったりと楽しんでいたら、

あっという間にチューリッヒ中央駅に到着。

 

チューリッヒが終着駅でよかった!

終着駅じゃなかったら降り過ごしていたかも……。

あまりにも快適で、まったりしてしまって。

f:id:ariruariru:20190822210646j:plain

12時間の快適な夜行列車の旅。ユーロナイトありがとう!

 

出口も入り口もない?!チューリッヒ中央駅

スイスの中で、ドイツ文化圏に属すチューリッヒ

しかし、ドイツとはまったく違う雰囲気だ。

自由で開放的な空気が流れている。

チューリッヒ中央駅の構内の様子。

f:id:ariruariru:20190822234708j:plain

中央駅裏手のホテルを予約していたので、

駅裏の出口を探したが、出口なんていうもの自体が存在しなかった。

駅のホームからどこからでも出入り自由自在!

f:id:ariruariru:20190822234641j:plain

ホームのすぐ横は道路で、トラムが走っている。

 

ヨーロッパの鉄道駅の多くは改札がない。

切符に刻印を自分で押して、乗ってから検札が

まわってくるというのが昔からの基本的システム。

(最近は改札があるところも増えてきたけど)

しかし、こんなに開放的な中央駅は初めてかもしれない。

完全なるバリアフリー!駅のホームと道の境目には、

壁もなければ段差すらないのだ。

 

チューリッヒも駅近ホテルで!

チューリッヒで予約してたホテルは、

 中央駅の裏手にある一番近いホームまで徒歩1分の

「ヴァルハラ ホテル」

f:id:ariruariru:20190825003722j:plain

 テラスのお花がかわいらしくて、外観だけで感激! 

www.booking.com

 ホテルの予約は、だいたいbooking.com

 

スーツケースを曳いて歩くので、駅から近いのもうれしいし、

外観がかわいいのもうれしいけど、一番うれしかったのは、

朝の8時過ぎに到着したのに、すぐに部屋に入れたこと!

 

夜行列車で到着する旨は伝えてあったけど、

まさかこの夏のシーズン真っただ中に朝から部屋を使えるとは!

うれしいー!お部屋はこんな感じ。

f:id:ariruariru:20190822234719j:plain

シンプルでモダンな室内。爽やかなお部屋!

清潔そうで明るいし、広くてうれしいー!

 

ハンブルクのお部屋は駅近だったけど狭かったので……。

ariruariru.hatenablog.com

 扇風機があったり、テーブルやイスやケトルもそろっている。

エアコンもちゃんとあるし。

うれしさのあまり、荷物を片付ける前に写真を撮っている図。

f:id:ariruariru:20190823001836j:plain

f:id:ariruariru:20190823001846j:plain

バスタブもついてるー!!

f:id:ariruariru:20190823001902j:plain

ヨーロッパのホテルでは、バスタブはなかなか出会えない。

雨の少ないヨーロッパでは、日本のようにバスタブに

たっぷりお湯をはってお風呂に入るのは一般的ではないから、

「バスタブあり」とわざわざ書いてあるホテルでも

シャワーしかなかったりする。

これはもう、感覚の違いとしか言いようがない。

 

イタリアでホームステイした時、

私のシャワータイムが長すぎて

ホストマザーに心配されたこともある。

私は日本人の中では短い方だと思うけど。

 

なにはともあれ、旅の終わりの地で

バスタブに出会えた喜びは格別なのであった。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村