「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉の世界」に興味あり。

デンマーク&ドイツ&スイス旅「憧れの夜行列車に揺られて<ハンブルクからチューリヒへ>」

2016年8月

 この夏は北欧から旅をスタート。気心知れた友人との2人旅だ。

デンマークコペンハーゲンから電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒをめざす旅。

ariruariru.hatenablog.com

(いつも通り、旅のお供は地球の歩き方。)


 


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にいつも熟読。


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

この日はとうとう、ドイツのハンブルクを出発だ!

 

 ホテルの予約はだいたいbooking.com

予約の確認もしやすいし、早めの予約でも

現地払いが選べて安心感がある。

 

目次

 

とうとう憧れの夜行列車の旅へ!

港町ハンブルクで、郊外の知り合いを訪ねたり、

ブレーメンを訪れたり、のんびり過ごした数日。

ariruariru.hatenablog.com

ariruariru.hatenablog.com

 

この日は、とうとうハンブルクを出発する。

 

夜8時。ヨーロッパの夏の8時はまだ明るい。

ホテルに預けていたスーツケースを取りに行って、

徒歩3分のハンブルク中央駅へ向かった。

今回は夜行列車の旅。夜行列車で国境を超える。

f:id:ariruariru:20190821003700j:plain

日本でもそうだが、ヨーロッパでも夜行列車の本数は

だんだん減少している。

高速の列車がどんどん走るようになり、

夜を徹して列車を走らせる必要はなくなってきたのだ。

 

でも、夜行列車というこの響き!

なんとも旅情を掻き立てられるものだ。

ヨーロッパの旅で何度も乗ってみたいと思っていたが、

安全面などを考えると、なかなか乗る機会がなかった。

今回、ようやく念願のヨーロッパ初夜行列車の旅なのだ。

 

ユーロナイトの個室は?走るホテルだ!

今回乗るのは、「ユーロナイト」と呼ばれる夜行列車。

ドイツのハンブルクからスイスのチューリッヒまで、

約12時間の列車の旅だ。

この旅を計画していたころ、ユーロナイトが廃止になる

方向だというニュースを知った。

乗れるうちに乗っておかなければ!と思い、

今回の旅の行程は決まったのだ。

(現在、ユーロナイトはもうなくなってしまったが、

違う形で夜行列車は運行されているようだ。)

 

わくわくしながらホームで待っていると、

予定より少し遅れて赤い列車が滑り込んできた!

f:id:ariruariru:20190821233941j:plain

うわー、楽しみ!寝られるかな?ワクワクドキドキ……

早速、乗り込む。私たちの部屋は……?

f:id:ariruariru:20190821234441j:plain

今回は奮発して、トイレとシャワー付の個室を予約した!

なかなかの値段だが、一泊ホテルに泊まるのと

移動するのを同時にするのだから、

そんなに高額ではないと自分に言い聞かせて……

 

個室の部屋の中はこんな感じ。

f:id:ariruariru:20190821235251j:plain

2段ベッドになっている。上のベッドからはこんな眺め。

落下防止のためのベルトが付いていた。

 

友人と上のベッドか下のベッドか話し合った上、

私は上のベッドに決まった。

そうなると急にここが自分の城に感じるから不思議。

f:id:ariruariru:20190821234421j:plain

トイレとシャワーはかなりコンパクトだけど、

タオルも付いているし、さながらホテルの客室のよう。

洗面台が動くようになっていて、シャワーの時には

トイレ側に動かすというしくみ。なるほど!うまくできている。

f:id:ariruariru:20190821234005j:plain

洗面においておるコップには、歯磨き水?が入っている。

これで口を濯ぐと歯磨き完了らしい。

ペットボトルの水も付いていて、なかなか居心地が良さそうだ。


美しい車窓からの風景に、無言の時間と空間

個室の中をなんだかんだとやっているうちに

少し定時は遅れたが、順調に出発したようだ。

車窓からは暮れ行くハンブルクの港。 

f:id:ariruariru:20190822201815j:plain

ハンブルク、さようなら!

長い夏の日もようやく暮れてきた。

車窓からは、ハンブルクらしい眺め。

しばらくすると、車掌さんが部屋にやってきた。

検札だけでなく、ホテルのフロントのように

部屋の中の使い方や、朝食の時間などを教えてくれる。

それもまた新鮮!

 

車窓の風景は、しばらく走ると美しい夕景になった。

すごくきれいだー!

f:id:ariruariru:20190822202005j:plain

思わず、何もしゃべらず車窓を食い入るように眺めた。

説明の要らない絶景と、あふれる旅情がたまらない。

なんかちょっと切なくなるような。

泣きたくなるような美しい眺めだ。

一人だったらきっと涙が出ていたかも。

f:id:ariruariru:20190822202041j:plain

刻々と変わる空の色と、流れる風景。

何も話す必要ながない。

ただただこの景色を見つめるだけ。

無言の時間と空間がそこにある。

 

電車の揺れがとても心地よかった。

f:id:ariruariru:20190822202437j:plain

今日の夕陽は、ハンブルク発のユーロナイトから。

いい旅になりそうな予感。

わくわくしながら、真っ暗になるまで

静かに車窓をみつめる。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村