「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

デンマーク&ドイツ&スイス旅「ちょっと変わった鉄道旅へ!デンマークからドイツ、ドイツからスイスへ」

2016年8月

 

できれば暮らすように旅したいので、

私の旅は一都市滞在型の旅が多い。

でも本当のところは、欲張っていろいろまわりたい。

これ、本音。

時間と予算さえ兼ね合えば、

いくつかの都市をめぐる旅に出ることもある。

この夏は、友人とヨーロッパをめぐる鉄道の旅へ。

 

目次

 

新たな旅へ出発!鉄道で国境を超える旅へ

 鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

 

この年の旅は、デンマークから入り、

ドイツ、スイスとめぐる旅にした。

行きたい都市をピックアップしたのではなく、

鉄道路線図とにらめっこしたして決めた旅。

 

いつも通り、旅のお供は地球の歩き方

   


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にいつも熟読。

    


 

 

旅の始まりは、デンマークコペンハーゲン

 旅の始まりはデンマークコペンハーゲン

北欧の都市は交通の利便性が高く、

無駄がないので旅人にとってはありがたい。

ただ、物価の高さだけは、慣れるのに少々時間がかかるけど。

コペンハーゲンの中央駅。

ヨーロッパの駅舎らしく、アーチ型の屋根がかかる。

整備された無駄のない北欧の駅だ。

https://www.instagram.com/p/BgyVK9AFjKd/

夏のヨーロッパはなかなか日が暮れないので、

旅人には助かる。北欧はなおさらだ。

勝手知らない街に明るいうちに到着できるし、

楽しめる時間が単純に長くなった感じ。

ただし、要注意は睡眠不足だ。

 

北欧に暮らす人々は、夏を楽しむ気持ちが私たちよりも強い。

コペンハーゲンのニューハウンに集まる人々の群。

https://www.instagram.com/p/Be_2aTWH6bl/

デンマーク語は難解だが、街の人々は英語を流暢に操る。

旅人にはありがたい街だった。 

 

鉄道旅スタート!コペンハーゲンからハンブルク 

ヨーロッパ旅をするうちに魅了されたのが鉄道だ。

ヨーロッパには国境を超えて鉄道の線路がのびている。

鉄道の歴史も長い。

ヨーロッパの鉄道旅は、どこか懐かしい。

ノスタルジーを感じさせる場面が続々だ。

 

昔の映画に出てきそうなガタイの大きい車両や、

昔から変わらない駅舎、外国の街を示す行き先案内など。

さらに最近は新しい魅力、「速さ」もあったり。

 

今回の旅で楽しみにしていたのは、 

コペンハーゲンからハンブルクの路線の途中、

線路が通ってない区間があるためだ。

路線の途中に線路がない……?

実はこの路線、途中は船の移動になる。

鉄道の車両を船に積み込んで海を渡るというわけ。

一度乗ってみたいと思っていたが、

もうすぐ大きな橋が架かかる予定で

工事が進んでいるとのこと。 

この路線がなくなる前にと思って、この鉄道旅を選んだ。 

 

船に車両が乗るという、不思議な光景。

f:id:ariruariru:20180603101308j:plain

乗船時間は45分ほどなるので、列車から降りてくつろぐ。

甲板に出るのも気持ちいいが、この日は天候があまり

良くなくて、強風が吹いていた。

船内は広くて飲食店などがある。

免税なるので、雰囲気はさながら空港内の免税店。

日本では経験できない鉄道の旅。

日常と違う旅の時を過ごしていると実感する。

 

船が対岸のドイツ側に着くと、再び列車へ。

何事もなかったかのように、陸路の旅が続く。

 

そしてドイツのハンブルクに到着。

立派なハンブルク中央駅。

ヨーロッパは地続きだから、

列車で国境を超えることは珍しいことではない。

ハンブルク駅に各地、各国からの列車が到着する。 

https://www.instagram.com/p/BfnCfRtHPX3/

 

昨今の世界情勢のニュースの通り、

ハンブルクには移民の群れが流れ込んでいた。

駅や駅の周辺にはそれを嫌が応なく感じる集団が。

何年かぶりのドイツ。

以前には感じたことのない空気が漂っていた。

 

ノスタルジックな夜行列車の旅!ハンブルクからチューリッヒ

ハンブルクからは、夜行列車で国境越え。

スイスのチューリッヒへ。

近年は列車のスピードがあがってきているため、

夜行列車にする必要がなくなってきているようだ。

日本国内と同じように、ヨーロッパでも

夜行列車は年々数が減っている。

そんな中、なんとか走っているこの路線。

12時間かけて、ドイツのハンブルクからスイスのチューリッヒへ。

f:id:ariruariru:20190707204017j:plain

 たどり着いたチューリッヒ中央駅。

爽やかな山の夏が待っていた。

 

さて、この夏の鉄道旅で出会ったものを

ちょこちょこと復習していこうと思う。

爽やかな夏の思い出とともに。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村