「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

デンマーク&ドイツ&スイス旅「鉄道で国境を超える旅!渡り鳥ラインで列車ごと船へ!コペンハーゲンからハンブルク」

2016年8月

 この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒをめざす旅だ。

 

いつも通り、旅のお供は地球の歩き方

   


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にまず熟読。

    


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ! 

 

目次

 

名残惜しいコペンハーゲンの街をあとに

短いコペンハーゲン滞在を終え、

次の滞在地へ向かう日が来た。

電車の時間までスーツケースをホテルに預けて

ストロイエへを歩く。

 

旅のホテルは、駅近のホテルヘブロン。快適だった。

www.booking.com

 ホテルの予約はいつもだいたいbooking.com

なんだかんだいって、結局ここが便利。

いつも現地でのクレジット払いにするので、

そこも分かりやすくて気に入っている。

 

ストロイエのとは、コペンハーゲンの目抜き通り。

歩くだけで楽しくなる通りだ。

f:id:ariruariru:20190726212658j:plain

セブンイレブンに、バーガーキングマクドナルド。

なんでこんなどこにでもあるチェーンのお店が並んでいるのに、

独特の雰囲気を保てているのだろう。

f:id:ariruariru:20190726212711j:plain

ストロイエに面したパン屋さんでパンを購入。

鉄道旅のおともにする予定。

お店の外まで、ちょっと甘くて香ばしい、いい匂いー!

f:id:ariruariru:20190723221911j:plain

デンマークの人はパンが大好き!

あちこちに美味しそうなパン屋さんがある。

特にデニッシュ系のパンがたくさん並ぶ。

 

ただし、物価の高さに目がくらむ……。

パンを2つ買ったら2000円近くになる。

物価の高さだけはなかなか慣れないな。

慣れないまま、デンマークをあとにする日がきてしまった。

 

いよいよ出発!渡り鳥ラインへ!

本日の私たちの目的地。それはドイツのハンブルク

鉄道で国境を超えて、デンマークからドイツに入るルート。

このルートは通称「渡り鳥ライン」と呼ばれている。

なぜなら、ルートの途中で列車ごと船に乗るという

ちょっと変わったルートなのだ。

 

 美しいコペンハーゲン中央駅。

惚れ惚れするようなヨーロッパらしい駅舎だ。

f:id:ariruariru:20190707173802j:plain

ここから特急電車に乗って、約5時間の鉄道の旅!

いや、途中は少し船の旅!

 

今回の旅の計画は、まずこの渡り鳥ラインに乗りたい

というところから始まったようなものだった。

車ごとフェリーに乗り込むカーフェリーは

日本でも一般的だけど、列車の車両ごと船に乗り込む

光景は見たことがない。

コペンハーゲンハンブルク間も、大きな橋が架かることが

もう決まっていて、橋が完成してしまったら

もうこの渡り鳥ラインもなくなってしまうんだろう。

乗っておきたい!と思って今回の旅になった。

 

別に鉄道オタクでもないのだけど、

鉄道で国境を超えるヨーロッパの旅に、

人よりは大きな憧れを抱いている自覚はある。

 

始まりは列車旅、途中船旅、そしてまた列車旅!

さて、お腹が空いていた私たちは、

車内でさっそくさきほどのパンをいただく。

しばらくのんきな鉄道旅。

きれいに整備された車両だった。 

パン美味しいー!デンマークは美味しい国だったな。

時間が経っているのに、デニッシュはサクサクもちもち。

f:id:ariruariru:20190723221924j:plain

 のんびり旅をしていると、お?!

急にスピードがゆっくりになってきた。

停まっては動き、動いては停まるをしばらく繰り返し…。

とうとうきた?船?港?

f:id:ariruariru:20190723222828j:plain

 列車の中に乗ったままでは、どのタイミングで

船に吸い込まれたのかは、あまりよく分からなかった。

でも、列車から降りてみると、そこは船の中!

f:id:ariruariru:20180603101308j:plain

 変な光景!カーフェリーだったら車が並んでいるところに

列車がきちんと収納されている感じ。

階段をあがって船の甲板にあがると、

あー!ほんとに船の上だー!

f:id:ariruariru:20190723221947j:plain

ほどなくして船が出発。

さよならデンマーク!あ、まだ一応デンマークかな?

 

乗船時間は45分。

甲板に出るのも気持ちいいが、この日は天候があまり

良くなくて、強風が吹いていた。

f:id:ariruariru:20190723222002j:plain

船内は広くて飲食店などがある。

免税なるので、雰囲気はさながら空港内の免税店。

空港のカフェにいるような雰囲気だ。

コーヒーでちょっと一息。

f:id:ariruariru:20180603101340j:plain

日本では経験できない鉄道の旅。

日常と違う旅の時を過ごしていると実感する。

とかなんとか考えてたら、あっという間の45分。

もう列車に戻らなくちゃ。

f:id:ariruariru:20190723222039j:plain

 船が対岸のドイツ側に着くと、再び列車旅。

 

 

 

何事もなかったかのように、陸路の旅が続く。

 

そしてドイツのハンブルクに到着!

途中の船旅をはさんで、約5時間の列車旅。

終着地のドイツ・ハンブルクに到着した。

 

ハンブルク中央駅は、今まで行ったことのある

ヨーロッパの駅の中でも、一二を争う大きさ!

 

f:id:ariruariru:20190723223741j:plain

一部、大胆に工事中だけど。。

ここから、また新しい旅が始まる。

 

ヨーロッパは地続きだから、列車で国境を超えることは

そんなにめずしいことではない。

ハンブルク駅には、各地、各国からの列車が次々に到着する。

鉄道の拠点となるハンブルク駅は人で溢れていて、

コペンハーゲンの駅がいかに静かだったかがよくわかった。

 

ハンブルクは終着地と思ってやってきたこの日、

ハンブルクは次の旅の出発地となる。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村