「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

デンマーク&ドイツ&スイス旅「コペンハーゲンの運河クルーズでマーメイドを発見!世界三大がっかりなんて言わないで!」

2016年8月

 この夏は北欧から旅をスタート。

気心知れた友人との2人旅だ。

まずは、デンマークコペンハーゲンから旅を始める。

そのあとは、電車でドイツのハンブルクに入り、

夜行列車でスイスのチューリッヒをめざす旅だ。

 

いつも通り、旅のお供は地球の歩き方

   


 

 ヨーロッパの鉄道の旅にはこんな本がおもしろい。

次の旅の計画を立てる時にまず熟読。

    


 

鉄道の旅が好きだ。

ヨーロッパの鉄道旅は、旅情をかきたてられる。

日本では味わうことのできない、

鉄道で国境を超えるという、大陸旅の醍醐味。

醍醐味を味わいつくす旅へ! 

 

目次

 

 気持ちで負けない?コペンハーゲンカードを使って

 コペンハーゲンでの滞在は短いので

観光はこの日に集中させる計画。

デンマークの物価の高さに気持ちが負けないように(?)

前日の空港でコペンハーゲンカードを購入した。

copenhagencard.com

 

コペンハーゲンカードとは、公共交通機関に乗れたり、

観光施設に無料で入ることのできる旅行者向けのカードのことだ。

 

コペンハーゲンカードの1日券は399 DKKで約7,100円!

た、た、た、た、高い!でも、物価の高い北欧。

実はこのカード、とってもお得なカードなのだ。

1日券なのだが、重要なのは24時間券であること。

つまり、日をまたいでも、24時間以内なら

使えるというところが最大のポイント。

 

私たちは、前日の空港で購入したので、

その日の夜に寄ったチボリ公園なども

このカードを使うことができた。

そして翌日のこの日、夕方までこのカードを使い倒す予定。

 

コペンハーゲンの人気の観光スポットの入場料はたとえば、

チボリ公園 110 DKK、ローゼンボー離宮 105 DKK、

クリスチャンスボー城 150 DKK なので、

この3か所へ行くだけで元が取れる計算なのだ。

 

運河から眺めるコペンハーゲンの街

コペンハーゲンは、運河の街だ。

街を歩くより先に、運河クルーズに行ってみた。

朝は特に涼しい北欧の夏。風が気持ちいい間に。

 

この運河クルーズも、コペンハーゲンカード!

チケットオフィスでカードを見せて、

チケットを発券してもらった。

 

f:id:ariruariru:20190707214604j:plain

早速船に乗り込む。

やっぱり船から眺めると、風景の見え方も変わる。

コペンハーゲンは本当に美しい街だ。

絵になる街というか。やっぱり絵本の世界だ!

 

さて、運河クルーズ、いざ出発!

f:id:ariruariru:20190707214619j:plain

コペンハーゲンの建物はどれも個性的で独創的。

運河クルーズは英語のガイド付き。

程よいスピードで進んでいく。

f:id:ariruariru:20190707214628j:plain

 

世界三大がっかりなんて言わないで!

運河クルーズの途中、船が一直線に向かっていく先。

お??人だかりができている。

みんな何を見ているのだろう?

f:id:ariruariru:20190707214644j:plain

だんだん近づいてきた。

みんなのお目当ては……見えるかな?

f:id:ariruariru:20190707214652j:plain

背中が見えているんだけど……。想像以上に小さくて……。

背中よりも、人だかりが気になっってしまったりして。

f:id:ariruariru:20190707214703j:plain

 

クルーズの後、陸路からも行ってみた。

美しい海岸線をみながら公園を歩いていく。

f:id:ariruariru:20190707214729j:plain

さて到着!さきほど、あんなにも大勢の人々に

囲まれていた人気者はこちら!

f:id:ariruariru:20190707214805j:plain

コペンハーゲンの観光名所、人魚の像だった。

よく「世界三大がっかり」だとか言われたりして。

でもそれは、きっとみんなが勝手にもっと大きい像を

想像しているからであって、とても美しい像だった。

 

アンデルセン童話の「人魚姫」がモチーフのブロンズ像。

実は過去には、2度もその首が切り落とされたり、

腕がもぎ取られるという災難にあっている。

 

それをコミカルに表した絵が観光案内やHPにあって、

たくましい人魚として紹介されていた。

憂いに満ちた表情をしている人魚だけど、

すっかり応援したい気持ちに。

 

ちなみに一般的に、「世界三大がっかり」と

言われてしまっているあと2つは、

ベルギー・ブリュッセルの「小便小僧」と

シンガポールの「マーライオン」。

 

今回の人魚像で、私はコンプリート。

なんだか、満足感に浸ってしまった。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村