「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!サン・セバスティアンの滞在を最大限楽しむために!」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリからボルドースペインのサンセバスティアン

ビルバオ大西洋側を南下する。訪れたかった場所をめぐる旅。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A20 地球の歩き方 スペイン 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

08 地球の歩き方 Plat スペイン [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 さあ、2週間のワインとバスクの旅へ!

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

 

目次

 月曜日のサン・セバスティアン

この日は月曜日。

サン・セバスティアンのバルは、

月曜日がお休みのところが多いという情報を

調べてあったので、ちょっと心配だった日。

でも大丈夫!

月曜日も空いているお店がたくさんある。

 

 「美食の街を訪ねてスペイン&フランスバスク旅へ」を

 携えて歩くサンセバスティアンのバルめぐり中。

 バルでの注文の仕方なども載っていて便利!

   

 

ヨーロッパでは、日曜日が休みのお店が多いので、

私のプランでは日曜日を移動日にすることが多い。

しかも土日は週末割引などがあって、

列車などが安くなったり、いいことづくめ。

 

というわけで必然的に到着した翌日が月曜日になる。

旅のプランを練る時に気を付けなければならないところ。

 

さて、到着早々にバルめぐりをして、

この日の朝もバルで朝ごはん!

すっかり「バルの虜」の私たち。

ariruariru.hatenablog.com

 

サン・セバスティアンのバルがひしめく旧市街は狭い。

旧市街はだいたいわかった感じだ!(たぶん)

 

サン・セバスティアンのギュッと詰まった街歩き!

 さて、朝食をとったブレチャ市場の建物を出て、

初めて南側へ歩いてみる。

元々の市場の建物には、マクドナルドなどの店舗が入っている。

(ようだが、私たちが到着した時は改装中だった。)

f:id:ariruariru:20200108213342j:plain

ブールバードという大通りから北側が旧市街で、

旧市街は車両も入れない細い小径ばかりだ。

バスク鉄道でサンセバスティアンに到着した時、

駅前からバスでブールバードまでやってきた。

 

ariruariru.hatenablog.com

 

サン・セバスティアンは、適度な大きさの街だ。

建物がギュッと詰め込まれたような素敵な街。

 

さて、どこへ向かっているのかというと、国鉄駅方面だ。 

サン・セバスティアンへは、フランスのアンダイエから

バスク鉄道を利用して到着したので、

国鉄駅方面はまだ行ったことがなかった。

 

マリア・クリスティーナ橋を渡って、駅方面へ歩く。

橋の装飾がすごい!

 

f:id:ariruariru:20200108213428j:plain

……しかし、曇ってるなぁ。

サン・セバスティアンは夏のリゾート地!と

思っていたのだけど、お天気のせいか今のところ、

ちょっとイメージしてたのとは違っているかな。

f:id:ariruariru:20200108213444j:plain

f:id:ariruariru:20200108213510j:plain

 

お得なカードはどれだ!?観光案内所へ行こう!

朝食の後、街歩きを始める前に、

サン・セバスティアンの観光案内所へ行った。

交通チケットなどをどうすれば一番お得かを相談するために。

 

実はサン・セバスティアン交通系カードについては、

あまり詳しく日本語で紹介されているサイトが見つからず、

英語のHPを読んではみたけどイマイチわからなかったのだ。

 

観光案内所はブールバードに面した便利なところにある。

案内所の中に置いてあったパンフレットの中から、

これかな?と思っていた案内を手にカウンターへ。

 

  詳細はこんな感じ

      ↓

www.sansebastianturismoa.eus

 

私たちがサン・セバスティアンに滞在するのは6日間。

旧市街の中だけなら、交通系カードは必要ない。

歩ける距離だし、そもそも車両が中に入れないからだ。

 

でも、計画では滞在中の1泊は、オンダリビアという

フランスとの国境の街のパラドールを予約している。

パラドールとは、スペイン国営の宿泊施設だ。

オンダリビアへはバスで移動する予定。

そしてサン・セバスティアンを発った後は

旅の最終目的地であるビルバオへ向かう。

 

観光案内所の人のよさそうなおば様が、

とっても熱心に相談に乗ってくれた。

流暢ではないが、ちゃんと英語で答えてくれる。


私たちの滞在期間ややりたい事などを全部話すと、

計算機片手に交通費がどれくらいかかるか計算してくれて、

それなら「バスクカード」を買うのがお得だと教えてくれた。

勧められた2人用の「バスクカード」を購入し、

意気揚々と街歩きへ出発したのだった。

 

結果的に、この「バスクカード」はとても便利だった!

観光案内所へ相談に行ってホントに良かったと思う。

大正解のカードだった!

 

f:id:ariruariru:20200108213418j:plain

サン・セバスティアンの美しい街並み。

バスクカード」のおかげで滞在中の計画が見えてきた。

ウキウキしながら活気ある美しい街を歩く。
 


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ