「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが気持ちは旅人。旅中毒気味、特にヨーロッパ中毒気味です。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!シエスタ後は再びバル街をさ迷う!サン・セバスティアンの魅力にハマる」

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリからボルドースペインのサンセバスティアン

ビルバオ大西洋側を南下する。訪れたかった場所をめぐる旅。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

08 地球の歩き方 Plat スペイン [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 さあ、2週間のワインとバスクの旅へ!

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

 

目次

2日目で、もうすっかり「自分の街」気分!

サンセバスティアン2日目。

この日は朝から散歩して、

ariruariru.hatenablog.com

 バルで朝ごはんを食べて、

ariruariru.hatenablog.com

観光案内所で「バスクカード」を買って、

ariruariru.hatenablog.com

カテドラルに立ち寄って、

ariruariru.hatenablog.com

 コンチャ海岸で風に吹かれて、

ariruariru.hatenablog.com

 ミラマール宮殿からランチのバル飯と、

ariruariru.hatenablog.com

 なかなかもりだくさんな一日。

 

小さいサンセバスティアンの街だから、

ほとんど徒歩で歩けてしまう。

もうすっかり、「自分の街」になった感じ。

 

涼しくても、やっぱり欠かせないシエスタ

ランチ後はいったんホテルへ戻って「シエスタタイム」にしよう。

夏のヨーロッパでは日差しを避ける意味もあるシエスタ

この日は曇っていて肌寒いけど、やっぱり必要だ。

 

ヨーロッパの夏の夜は長い。

しっかりお昼寝しておきましょう。

というわけで、ホテルの立地が大事!

ふらっとシエスタに戻れる場所にお宿が欲しい。

 

今回のお宿、ホテル「パルマ」は、旧市街のすぐ近く。

ariruariru.hatenablog.com

 

とっても便利だ。

大満足なんだけど、ただ1つ問題が。。

それは、シーズン真っただ中につき、

2つ星のわりには、なかなかのお値段だということ。

 

次回サンセバスティアンを訪れる時は、

旧市街にも歩ける距離のペンションがいいかな。

などと、次回の旅の想像もしちゃうくらい、

すっかりお気に入りの街になった。

 

ホテルへの帰り道も楽しくて

ホテルへの帰り道。

スペインではよく見る、ぽっかり空いた空間の広場を通って。

f:id:ariruariru:20200115223705j:plain

アーチをくぐると想像以上に広い空間が広がっている。

f:id:ariruariru:20200115223725j:plain

建物が美しくて、360度ぐるっと眺めてみる。

スペインの各地で見る、こんな形の広場。美しい。

f:id:ariruariru:20200115223755j:plain

帰り道も楽しくなるサン・セバスティアン

コンパクトで、なんでもそろっている街だ。

 

再びバル街へ!今日は何を食べようかな?

たっぷりシエスタの後は、美味しいものを求めて

再びバル街をさ迷いに行く。

f:id:ariruariru:20200115223834j:plain

シエスタといっても、本気でグーグー寝ているわけでなく、

ベッドでごろごろしながら本を読んだり、

窓からの景色を楽しんだり、のんびり過ごす。

 

この本を熟読。

   ↓ 

   

 バル街をしばらくウロウロした後、入ったお店は

「ラ・セパ」というお店。

f:id:ariruariru:20200115223857j:plain中は明るくて、どちらかというと入りやすい感じ。

f:id:ariruariru:20200115223913j:plain

ピンチョスはカウンターに並んでいるお店が多く、

指で指すだけでもオーダーしやすいが、

このお店ではラションを注文してみた。

色鮮やかなパプリカの肉詰め。

f:id:ariruariru:20200115223945j:plain

ピンチョスとは、スライスしたバゲットの上に具をのせたものだ。

ラションとは、一皿サイズのお料理のこと。

サン・セバスティアンのバルの多くは、

ピンチョスだけでなく、レストラン並みのしっかりした

ラションを出す店がたくさんあるようだ。

 

あぁ、これはすべての店に入って食べてみたい!

お店の数がありすぎてそれは無理だけど、

サン・セバスティアンに滞在中は、

できるかぎりバル街を徘徊しよう!と心に決めた。

 

 

 


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ