「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!雨のサン・セバスティアンを歩く!街を発つ日はその街の魅力を一番感じる時だ」

悩みながら旅の思い出を書いています。

ariruariru.hatenablog.com

 

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリからボルドースペインのサンセバスティアン

ビルバオ大西洋側を南下する。訪れたかった場所をめぐる旅。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A20 地球の歩き方 スペイン 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

08 地球の歩き方 Plat スペイン [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 さあ、2週間のワインとバスクの旅へ!

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

 

目次

 

バスクの天候はコロコロ変わる

この日はサン・セバスティアン最終日。

この日の午後にサンセバスティアンを発って

旅の最終目的地であるビルバオへ向かう。

 

一日の中に四季があると言われるほど、

天候がコロコロかわるバスク地方

滞在した10日ほどの間にも、さまざまな天候を体験した。

そしてサンセバ最終日のこの日は……。

朝から嵐のような天候。。。

f:id:ariruariru:20200320115104j:plain

川を逆流する大波。

f:id:ariruariru:20200320115040j:plain

ホテルの前の海は、まるで冬の日本海のようだった。

 

この日の朝食はホテルでゆっくり

ということで、朝食ハンティングには行かず、

ホテルのお部屋で甘い朝食を。

前日に「オタエギ」という旧市街にある老舗お菓子屋さんで

買っておいたもの。この包みがかわいらしい。

f:id:ariruariru:20200320113319j:plain

「オタエギ」はこんなお店。

f:id:ariruariru:20200320113334j:plain

伝統的なバスクのお菓子がいっぱい並んでいる。

f:id:ariruariru:20200320113347j:plain

そんな中から、すっかり虜の「パステル・バスコ」と

「パンチネタ」を。「パンチネタ」とは、サクサクの

パイ生地にカスタードクリームを挟んだもの。

f:id:ariruariru:20200320113417j:plain

 オンダリビアで食べた「パステル・バスコ」はこちら

      ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

どちらも素朴な味わいで美味しい!

旅の友人が持ってきてくれた湯沸かしポットのおかげで、

お部屋のゴハンも充実。

コーヒー粉はフランスで旅の途中に購入したもの。

2週間の旅でちょうどコーヒー粉を使い切った。

 

 お部屋の朝ごはんもなかなか楽しい

     ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

大荒れのサン・セバスティアンを歩く

朝食が済んだら、最後のサン・セバスティアン街歩き。

 ホテルのある川沿いの道。

f:id:ariruariru:20200320115127j:plain

スリオラ橋を渡って、ビーチ方面へ歩いてみる。

雨と吹き上がってくるしぶきでびちゃびちゃの桟橋。

これはこれで風情があるかも。ある意味清々しい。

f:id:ariruariru:20200320115200j:plain

スリオラビーチもこんな感じだ。

前日のランチを楽しんだ「ミラドール・デ・ウリア」は

正面に見えるウリア山の中腹だ。

f:id:ariruariru:20200320115218j:plain

楽しんだ数日前のスリオラビーチはこちら

       ↓

ariruariru.hatenablog.com

 

白波がたつこの日。サーファーには良い波なのかな。

何人かはサーフィンしていた。スリオラビーチは

もともとサーフィンのスポットとして有名な場所。

f:id:ariruariru:20200320115252j:plain

f:id:ariruariru:20200320115310j:plain

このうねり!すごい。思わず見とれてしまった。

f:id:ariruariru:20200320115331j:plain

f:id:ariruariru:20200320115404j:plain

 

旅する理由のひとつは

雨のサン・セバスティアンも魅力的。

そう感じるのは、もうこの街の虜になっているからだ。

また来たい街。

f:id:ariruariru:20190809104154j:plain

(モンテ・イゲルドからのぞむコンチャ湾)

 

行きたいところが世界にはたくさんある。

まだ訪れたことのないところ、もう一度訪れたいところ、

私が再びサン・セバスティアンを訪れる機会は

いつやってくるだろうか。

f:id:ariruariru:20200113232814j:plain

(連日歩いた旧市街。バルのハシゴもサンセバスティアンの魅力。)

 

「ホントに、また来れるかなぁ……」とも思いながら、

行きたい場所がどんどん増えていくことは、

幸せなことじゃないか!と思うようにしている。

 

旅する理由のひとつ。

訪れたことがないのに、懐かしく感じる場所を

私はいつも探している。

サン・セバスティアンは、それに該当する街の1つになった。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ