「暮らすように旅したい!」 旅のあれこれ ariruariru

勤め人ですが心は旅人。ヨーロッパ中毒気味。「言葉」が大好き。

フランス&スペイン旅「ワインとバスクの旅!旅の最終目的地ビルバオへ!ホテルと街歩き、そしてまたまたバルご飯」

書くべきかどうか、いろいろ悩みながら、

今日も旅の思い出を復習しています。

ariruariru.hatenablog.com

 

2019年8月

この夏は、友人との2人旅。

フランスのパリからボルドースペインのサンセバスティアン

ビルバオ大西洋側を南下する。訪れたかった場所をめぐる旅。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A20 地球の歩き方 スペイン 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

08 地球の歩き方 Plat スペイン [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)

 さあ、2週間のワインとバスクの旅へ!

航空券の予約は、だいたいエアトリ!

 

 

目次

最終目的地に着くと、ため息が出ちゃう

いよいよ到着したビルバオ

サンセバスティアンからのバスは、

予定通り1時間15分ほどで

ビルバオのバスターミナルに到着した。

ariruariru.hatenablog.com

 

とうとう旅の最終目的地に着いてしまった。

いつも旅の終わりが見えてくると、

テンションが下がっちゃう。

旅が終わってしまう寂しさに

ついついため息が出そうになるのだ。

 

でも気を取り直して、旅を楽しく終えよう!

最後までがんばろう!みたいな、

自分で自分を奮い立たせるようにして歩く。

 

ビルバオのバスターミナルは新しくなっていて、

古いものとただいま入れ替え中?

ちょと分かりにくくなっていた。

f:id:ariruariru:20200322212935j:plain

バスターミナルから歩けるところに宿をとっている。

街の中心部からは少し離れているが、

サンセバスティアンからバスで到着する予定だったので

バスターミナルから歩けるホテルにしたのだ。

 

ビルバオの街は私たちが想像していたよりも小さくて、

結構歩けてしまったのだが。

 (と言っても、サンセバスティアンよりはとても大きい。)

 

ビルバオでのお宿はシンプルでリーズナブル!

ビルバオでのお宿はこちら。

「イルニオン・ビルバオ」というホテル。

f:id:ariruariru:20200322212945j:plain

      ↑

 ホテルの予約はだいたいbooking.com

 

ホテルの外観はちょっとくたびれているけど(?)、

中は完全にリノベーションされている。

ロビーもこんな感じで清潔感があって

スタイリッシュな感じ。

f:id:ariruariru:20200322221651j:plain

お部屋も機能的で広め!

中心地から少し離れているせいか、

とてもリーズナブルなお値段で泊まることができた。

f:id:ariruariru:20200322212959j:plain

f:id:ariruariru:20200322213004j:plain

バスターミナルからはスーツケースを曳いても

徒歩10分程度だった。びっくりするほど静かな界隈。

サンセバスティアンと比べるせいかな?

 

さて、早速のビルバオ街歩きへ

この日、サンセバスティアンも雨模様だったが、

ビルバオも曇ったお天気。

そして、気温がサンセバスティアンよりも低かった。

長そでのパーカーを羽織っても寒いくらい。

バスクの天候はむずかしいな。

 

ホテルを出て、モユア広場へやってきた。

新市街の中心地にあたる大きなロータリーがある広場だ。

新しい建物と古い建物が融合している街並み。

f:id:ariruariru:20200322213105j:plain

ビルバオの地下鉄は、入り口がとてもわかりやすい。

だって、こんな形だから!絶対見逃さずにすむだろう。

革新的な建物も多く見られるビルバオらしい。

f:id:ariruariru:20200322213116j:plain

 

そろそろお腹が空いてきました!

そろそろお腹が空いてきました!

モユア広場から歩いていくつかのバルを覗いてみる。

 またまた、こちらの本を携えて。

  載ってるお店、全部ハズレなし!

       ↓

 いくつかの店を覗いてみたが、サン・セバスティアンよりも

バカンスで閉まっている店が多い。

それは、この日が8月10日だったせい?

サン・セバスティアンよりも観光客が少ないからかも?

しばらく歩いてみたあと、こちらのお店に入ってみた。

「エル・ウエボ・フリト」el huevo frito

f:id:ariruariru:20200322221801j:plain

店名の意味は「目玉焼き」。

その名の通り、目玉焼きが乗っかているピンチョがたくさん。

f:id:ariruariru:20200322221810j:plain

地元感あふれる雰囲気のお店で、お客さんも少なめ。

ゆっくり、のんびり食事を楽しむことができた。

f:id:ariruariru:20200322221820j:plain

串焼きも追加で注文。

 

同じバスク地方といっても、サン・セバスティアンとは

まったく違う雰囲気のビルバオ

ビルバオは短い滞在になるけど、

美味しいものを食べて、歩いて、

楽しみ尽くしましょう!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村  


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ